CoinPostで今最も読まれています

週刊ニュース|ブラックロックのイーサリアム現物ETF申請に注目集まる、仮想通貨市場にサンタラリーの可能性など

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週のニュース

一週間(11/4〜11/10)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。

今週は、米資産運用大手ブラックロックによるイーサリアム(ETH)の現物ETF(上場投資信託)申請に関するニュースが最も多く読まれた。

暗号資産(仮想通貨)相場については、ビットコイン(BTC)やXRPの価格などをまとめた6日のレポートが関心を集めている。

このほか、仮想通貨サービス企業Matrixportの担当者によるマーケットレポートも注目度が高かった。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュースランキング
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ETH大幅高、ブラックロックが現物型イーサリアムETF上場申請へ(11/10)

ブラックロックは9日にデラウェア州で「iShares Ethereum Trust」という信託の登録書類を提出。現物型イーサリアムETFの上場申請に向けた準備とみられる。(記事はこちら

2位:「仮想通貨市場にサンタクロース・ラリーの可能性」Matrixportレポート(11/7)

Matrixportでリサーチ&ストラテジー部門のトップを務めるMarkus Thielen氏は、6日付けのレポートの中で、年末にかけて仮想通貨の価格が上昇するとの見解を示した。(記事はこちら

3位:リップルネットの進化版「Ripple Payments(リップルペイメント)」発表(11/8)

米リップル社は7日、国境を超える決済の容易さを一段と向上させる新しいソリューション「Ripple Payments(リップルペイメント)」を発表。かつてリップルネットと称されていたこのシステムは、専門的な知識がない企業でもブロックチェーン技術を簡単に採用できるようにすることを目指す。(記事はこちら

相場ニュースランキング

1位:底堅く推移するビットコイン、SWELL控え大幅続伸のXRPは100円台を回復(11/6)

この日のビットコイン価格は前日比0.88%安の1BTC=34,877ドルと底堅く推移。個別銘柄ではXRPが前日比9.3%高(前週比17.3%高)となり、今年8月以来初めて円建てで100円台(約0.68ドル)を上回った。(記事はこちら

2位:ビットコイン直近高値迫る、アルト市場ではSOLとTONが上昇(11/8)

ビットコインの価格は米国時間に上昇し、直近高値の35,997ドルに迫る場面もあった。時価総額上位のアルトコインでは、7位のソラナ(SOL)が6.6%高、10位のTONが9.5%高となった。(記事はこちら

3位:ブラックロックETF申請でイーサリアム2100ドル台に高騰、MATICは7.4%高(11/10)

この日は時価総額2位のイーサリアムが前日比10.8%高と急騰。今年4月以来7ヶ月ぶりの高値となる1ETH=2100ドル水準を付けた。背景には、ブラックロックの現物ETF申請がある。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

三菱UFJ信託ら6社、業界横断ステーブルコイン「XJPY」「XUSD」の共同検討開始(11/4)

三菱UFJ信託銀行は、Web3企業のGincoらとともに、ステーブルコインを活用して仮想通貨企業向けに国際決済の仕組みを構築することがわかった。日経新聞が2日に報じ、その後にプレスリリースが発表されている。(記事はこちら

Courtyard、ポケカNFT無料配布ウィーク開催へ(11/10)

ポリゴン(MATIC)を基盤とするトレカのNFTマーケットプレイス「Courtyard」は10日に、ポケモンカードNFTの無料配布ウィークを開催すると発表。実施期間は、11月14ー17日である。(記事はこちら

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、2024年に持ち越しか(11/6)

イーサリアムのコア開発者らが2日に開催したミーティング内容にて、イーサリアムの次回大型アップグレード「Dencun」が2024年の第1四半期(1~3月)以降まで持ち越される可能性が生じている。(記事はこちら

米リップル社、アフリカ・湾岸諸国・英国・オーストラリア間の送金ネットワークを拡大(11/8)

リップル社と決済フィンテックのOnafriq(旧称:MFSアフリカ)は7日、新たな市場をターゲットとしたパートナーシップを発表。この提携は、アフリカ、中東の湾岸地域、英国、そしてオーストラリアにおいて、デジタル資産を駆使した国際決済の促進を目的としている。(記事はこちら

ナナメウエ社、bitFlyerで初IEO予定の暗号資産「YAY」ホワイトペーパー発表へ(11/8)

好きでつながるバーチャルワールド『Yay!』を運営する株式会社ナナメウエは8日、独自の暗号資産「YAY」を用いたYay!のトークノミクスを説明するホワイトペーパーを発表。Yay!は20年1月にサービスを開始し、23年11月時点で800万人が利用するSNSだ。(記事はこちら

香港規制当局、現物ビットコインETFを承認する可能性=報道(11/7)

香港証券先物委員会(SFC)のジュリア・リョン最高経営責任者(CEO)は、リテール投資家の、現物型仮想通貨ETFへのアクセスを可能にすることを検討していると話した。リョン氏は、SFCは「効率性や顧客体験を向上させるような、革新的なテクノロジーを使用した提案」を歓迎していると発言している。(記事はこちら

米SEC、ビットコインETFへの転換申請を巡りグレースケールとの協議を開始=報道(11/9)

米国証券取引委員会(SEC)が、グレースケールのビットコイン投資信託(GBTC)を現物ビットコインETFに転換する提案について協議を開始したことが内部情報に基づき報じられている。具体的にはSECの「市場取引部」および「企業財務部」が、仮想通貨の資産管理会社であるグレースケール・インベストメンツに対してヒアリングを行っていると、匿名の情報源が明らかにした。(記事はこちら

「SECの仮想通貨企業取り締まり資金の使用を禁止」米下院が業界保護法案を可決(11/10)

米国のトム・エマー下院議員(共和党)は8日、米SECのゲーリー・ゲンスラー委員長を強く批判し、SECの法的執行から仮想通貨業界を保護する法案を提出。この「金融サービス・一般政府歳出法」修正案は、議会がSECの管轄範囲を定めるまで、SECが仮想通貨企業に対する執行措置に資金を使用することを禁止するものだ。(記事はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/25 木曜日
19:23
ロシア下院、ビットコインマイニング合法化と国際貿易の仮想通貨決済を許可する法案可決か
ロシア下院は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインのマイニング(採掘)を合法化し、国際貿易における暗号資産(仮想通貨)利用を許可する法案を可決した。
18:22
SBIが米資産運用大手と新会社設立へ ビットコインETF参入準備か=日本経済新聞
SBIホールディングスが、米運用会社大手フランクリン・テンプルトンと年内を目処に合弁会社を設立する。国内の証券市場でビットコインETF(上場投資信託)が売買できるようになると、税制面で大きな優位性がある。
16:59
STEPN(ステップン)やSTEPN GOでかかる税金の仕組みと確定申告するときのポイント|Aerial Partners寄稿
STEPNとは?ゲームの仕組み ステップン(STEPN)とは、ファインドサトシラボ(Find Satoshi Lab Limited)によって開発されたブロックチェーンゲーム(…
16:16
社会貢献アプリ『ピクトレ』、東京で実証試験へ
仮想通貨ディープコイン(DEP)を発行するDEAは、社会貢献アプリ「ピクトレ」の実証試験を東京で実施。プレイヤーが電力インフラを保全し、新機能を導入して社会貢献を推進する。
15:23
「ハリスは仮想通貨にオープンマインド」スカラムーチ氏が対立煽りをけん制
スカイブリッジ創設者のスカラムーチ氏が、ハリス氏の仮想通貨に対する中立的な立場を示唆し、政治的な対立が仮想通貨エコシステムに悪影響を及ぼさないよう、超党派での支持を呼びかけている。ハリス氏がビットコイン会議の登壇を控える動きを受けて。
14:10
ソラナミームコイン空売りマーケット「dumpyfun」、7月30日よりベータ版開始
ミームコイン市場は今年において最もリターンの高い仮想通貨セクターとなってきた。しかし、ミームコインは他の銘柄に比べてボラティリティがより高いため、暴落時に備えたヘッジへの需要も高い。
14:00
SNPIT(スナップイット)の始め方
SNPIT(スナップイット)はスマホカメラを使って利益を得るGame-Fiエコシステム。ゲーム内容、始め方、ゲーム内ポイントの稼ぎ方、ステーキング方法、暗号資産(仮想通貨)SNPTの買い方まで詳しく解説
10:45
米ハッシュデックス、ビットコインとイーサリアム現物を保有するETFの登録書提出
仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムを保有するETFで、登録届出書を米証券取引委員会に提出した。
10:20
農産業専門のRWA電子市場「AgriDex」、ソラナチェーンで初の取引を実行
仮想通貨ソラナのブロックチェーン基盤のRWA電子市場AgriDexが初の取引を実行。AgriDexは独自トークンのエアドロップも計画している。
08:00
米大統領選で人気高まる予測市場「ポリマーケット」、アップルペイやクレジットカード利用可能に
バイデン氏が撤退を報告した22日には2,400万ドルの取引高を記録し、同プラットフォームの1日のアクティブユーザー数は過去最高の5,900人に急増した。
07:15
「BTCを米国の準備金に」議員が法案を発表か
仮想通貨ビットコインを米国の準備金にすることを定めた新しい法案を、共和党議員がビットコイン2024で発表する計画であることが報じられた。議員自身も大きな発表を行うことをXで示唆している。
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア