CoinPostで今最も読まれています

高値圏で揉み合うビットコイン、市場のETF早期承認期待は剥落か|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週11/11(土)〜11/17(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

11/11(土)〜11/17(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は今年の高値圏で揉み合いに終始している。

BTCは週明けから高値警戒感により560万円周辺で上値を重くすると、14日に下げ足を速め530万円割れを試した。この日発表された10月の米消費者物価指数は市場予想を下回り、米債利回りが急低下したが、BTCの反応は薄かった。

一方、14日の相場下落によりBTCの相対力指数(RSI)のダイバージェンスが解消されると、15日には押し目買いが入りジリ高に転じた。この日の米経済指標では、9月の小売売上高が上方修正された他、11月のNY連銀製造業指数が大幅に上振れた一方、10月の卸売物価指数(PPI)は大幅に下ぶれた。こうした結果を受けてBTCは540万円台中盤で足踏みとなったが、後に上昇に転じるとアルトの復調も相場の支援となり560万円を回復した。

しかし、15日米時間に米証券取引委員会(SEC)がハッシュデックスの現物ビットコイン上場投資信託(ETF)の審査判断を延期発表すると、BTCはドル建てで3.8万ドルをタッチした後に上値を重くし、利益確定売りが優勢となった。

17日正午時点では、540万円周辺をサポートに自律反発の様相を呈している。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

可能性としては低いものの、17日までにSECが現在申請されている現物ビットコインETFを承認するかもしれないとブルームバーグのアナリストが指摘していたが、結局、ハッシュデックスのETFは判断を延期された。本稿執筆時点でフランクリン・テンプルトンが申請しているETF(第1審査期限は17日)についてSECからは判断延期の発表はないが、このタイミングでの承認の可能性は低いと推測され、市場のETF早期承認期待も剥落した格好か。

来週21日にはグローバルXの現物ビットコインETFの第2審査期限を迎えるが、ハッシュデックスのETFに関するコメント期間が始まったことから、こちらも来週のタイミングで承認が下る可能性は低いか。

他方、今週は米CPIとPPIが下振れた他、新規失業保険申請件数も23.1万件と8月ぶりの高水準を記録しており、インフレ率の鈍化や労働市場逼迫の軽減傾向が確認された。また、10月の小売売上高は、+0.7%から+0.9%に上方修正された9月から-0.1%と減速はしており、米連邦準備理事会(FRB)による一層の金融引き締めは想定し難い状況と言える。

ETF早期承認への期待感の薄れや、高値警戒感によってBTCは伝統的金融市場とは独立した値動きとなっていると言えるが、来年1月までSECがビットコインETFの承認判断を下さないとの織り込みも進んだと見ており、市場のテーマはFRBの政策や半減期に移っていくと指摘される。

上述の通り、米国では物価上昇率の鈍化、消費の減速、労働市場環境の緩やかな改善が見受けられ、FF金利先物市場では利下げ開始予想が来年6月から5月に前倒しとなっており、米経済のファンダメンタルズ的な観点から鑑みれば、早期利下げ期待がBTC相場の支援となろう。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:アルト相場に支えられビットコイン高騰、地合いの強さが継続

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/25 火曜日
18:00
チェーンリンクの買い方、取引所選びの完全ガイド
暗号資産(仮想通貨)チェーンリンク(LINK)の特徴、最新価格、将来性、購入方法について詳しく解説。多様な用途と採用事例で注目されるLINKの成長の背景を探ります。
17:03
ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿
暗号資産(仮想通貨)の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners所属の税理士が、STEPNやブレヒロなどの人気ブロックチェーンゲームの煩雑な税金計算の基本について初心者向けに解説。国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostに寄稿しました。
15:44
仮想通貨市場、今週の材料まとめ|イーサリアム、アバランチ、JUP、PRIMEなど
ビットコイン、イーサリアム、ソラナなど時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)やその他の注目銘柄について、過去1週間の材料をまとめた。
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。
06:40
DEX Screener、ソラナ基盤ミームコイン市場をローンチ
主要な仮想通貨銘柄の情報を検索するプラットフォームDEX Screenerはソラナ基盤ミームコイン市場「ムーンショット(Moonshot)」をローンチした。
06:10
トランプ氏、7月のビットコインカンファレンスへの登壇で交渉中
トランプ元大統領は、仮想通貨ビットコインの年次カンファレンスである「ビットコイン 2024」に登壇しスピーチを行うために、交渉しているようだ。
05:45
東証上場メタプラネット、約10億円でビットコイン追加購入へ
国内上場のメタプラネットは24日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを10億円相当で追加購入するための社債発行予定を発表した。
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア