CoinPostで今最も読まれています

「法定通貨が不可能なことをビットコインで実現」Podcastアプリ「Fountain」のMalster氏が語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

第9回 Beyond The Price

CoinPost Globalが11月10日に公開した9回目の「GM Radio:Beyond The Price」には、Web3ポッドキャストアプリ「Fountain」開発企業の共同創設者Nick Malster氏が参加している。

▶️CP_GlobalのXをフォロー

今回の配信は、ツイッター(現X)のスペースで今年4月に配信したGM RadioをBeyond The Priceとして再構築したものである。

Fountainは報酬型のポッドキャストアプリ。リスナーやポッドキャスト配信者は他のユーザーに価値を提供することで、報酬としてビットコイン(BTC)を獲得することができる。

具体的には、リスナーはポッドキャストのコンテンツを聞いたり、ユーザーを紹介したりして報酬を得ることが可能。一方で配信者は、リスナーからチップのように送金を受け取ることなどが可能だ。

Fountainはライトニングネットワークを活用しており、ビットコインはsatoshi単位(1satoshi=0.00000001BTC)でやりとりされる。

関連初心者でもわかる「ライトニングネットワーク」とは|特徴と仕組みを解説

ポッドキャストの内容

今回の配信タイトルは「ポッドキャストを聴いて報酬をもらおう」。Malster氏のポッドキャスト(英語)は以下から聴くことができるが、ここから配信内容のポイントを紹介していく。

まず、なぜFountainにビットコインを採用したかについては、ビットコインの特徴と寿命を考慮したとMalster氏は話した。他の仮想通貨のブロックチェーン上にFountainを構築することもできたが、ビットコイン以外の仮想通貨だと長期的にプロジェクト自体がなくなってしまう可能性があるとチームで考えたと述べている。

関連「ビットコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCパートナーが語る——「Beyond The Price」第2回放送内容

また、長期的にFountainを稼働させることができることに加え、プロジェクトとして必要なことを全てビットコインは提供してくれるとも説明。構築するプロダクトやサービスに、ビットコインや他の銘柄が実際に価値を提供してくれるかを考えることも重要だとした。

Malster氏はビットコインを採用することでプロジェクトが成功する可能性が高まると考えていると主張。Voltageらのサービスプロバイダーのおかげで、この2年間ぐらいでビットコインを活用する開発は徐々に容易になってきているとも説明している。

関連「Web3の全ての価値はビットコインに集まる」インフラ企業VoltageのGraham Krizek CEOが語る

Fountainのメリット

Fountainを利用する際のメリットについてMalster氏は、法定通貨だけではできないことが、ライトニングネットワークを活用することで可能になることだと語った。具体的には、手数料や速度など様々な課題をFountainは解決していると主張している。

また、Fountainで使うビットコインは、プログラム可能なお金であることもメリットの1つだと指摘。例えば、ユーザーがポッドキャストを聴いている時に、配信者に少額のビットコインを1分ごとに送信することがFountainではできるとした。

他にも、リスナーは広告やプロモーションのコンテンツを聴くことで、秒単位でビットコインを得ることも可能であるとMalster氏は述べている。

手数料を下げたり、取引の処理を速めたり、少額決済を実現したりできることがFountainのメリットだと説明した。

Value for Valueとは

広告などのポッドキャストを聴くことでリスナーは報酬を得ることができるが、Fountainが重要視しているのは「Value for Value(価値のための価値)」というモデルである。

Value for Valueとは、例えばリスナーが配信を聴いて価値を得たと感じた場合、配信者にビットコインで価値を返すことができる仕組みを指す。Fountainのチームは、この仕組みと広告で収益を得られるモデルを区別している。

Fountainのチームは、収益化の支配的なモデルである広告が、すぐになくなるものであると考えているわけではないとMalster氏は説明。広告モデルを補完するものがValue for Valueだと話した。

そして、Value for Valueは、リスナーとクリエイターが自由を取り戻すことができるモデルだと主張している。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア