CoinPostで今最も読まれています

「Web3・AI技術をメタバースに活用するメリットと課題」MudAiのCEOが語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

もう1人の自分を構築

2023年7月開催のWebXカンファレンス(以下、WebX)で出展したプロジェクト「MudAi」のKatey Park CEOはCoinPostの取材に応じた。

MudAiはメタバースのプロジェクト。Web3や人工知能(AI)の技術を活用し、人類に新しい空間を提供しようとしている。

プラットフォームを使うためには、MudAiのプロフィールを作成する必要がある。その際にユーザーは自身がカスタマイズした独自のアバター(分身)を作成。このアバターはブロックチェーン上でNFT(非代替性トークン)として発行される。

MudAiは昨年のWebXでゴールドスポンサーに就任。Park氏はWebXで講演も行い、MudAiについて語った。

インタビュー内容

今回のインタビューでは改めてプロジェクトを紹介してもらった。Park氏は「わかりやすく言うと、電子上にもう1人の自分を作り出せるようにするプロジェクトだ」と説明している。

また、プロジェクトでは「新しいものを作ること」ではなく「現在の無駄を減らすこと」に特化していると紹介。つまり、睡眠など本能的な欲求を満たすこと以外をアバターにやってもらって効率化し、1日の時間をより有効に使用できるように取り組んでいると説明した。

例えば、情報を入手したり、誰かと対話したりすることを人間が操作せずにAIが自律的に行ってくれれば、その間に人間自身は他のことに時間を割けるようになる。

他にも、今回のようなインタビューで、事前にアバターが議題を話し合っておくなど、ビジネスでも活用できるとPark氏は述べた。

最終的には、おおまかな指示であってもアバターがメタバースで24時間生活したり、経済活動を行ったりできるようになるように開発を進めているとした。

Web3技術の活用

次に、MudAiのプロジェクトでどのようにブロックチェーンや暗号資産(仮想通貨)を活用するのかを聞いた。

Park氏はまず、Web3ウォレットを活用していると説明。本人確認(KYC)なしでMudAiのアプリにログインできるようにするために、Web3ウォレットを介する仕組みを導入したと述べている。

そして、これにはプロジェクトの思想が背景にあるとし、「人格はKYCに紐づくのではなく、意思に紐づかないといけないと考えている」と説明。この思想から、個人を定義しないWeb3ウォレットがプロジェクトに適していると判断したという。

他にはメタバース上での経済活動に仮想通貨を活用すると述べている。経済活動とは金銭の授受であり、メタバースで法定通貨を使用すると法的または倫理的な問題が起こりうると指摘した。

その活動を仮想通貨で行うことで、アバターに委ねられることが増えるとPark氏は主張。他にもデータの管理にブロックチェーンを活用する計画があると明かしている。

今後は実際にユーザーが使用することができるメタバースをローンチし、データ収集なども開始していくと説明。アプリでデータ収集に協力してくれるユーザーには報酬を付与することを計画しているとPark氏は述べた。

AI活用の難しさ

次に、AIの現在のレベルや活用する難しさについて話を聞いた。

Park氏は、基本的に人間の90%クローンといったAIや擬似人格を作ることは、今の技術では非常に困難であると明かした。MudAiのチームが開発しようとしているのは「汎用型のAI(AGI)」であり、現状ではChatGPTを開発するOpenAIもAGIを明確に提供できていないと語っている。

さらに、MudAiはAGIをメタバースで稼働させることを計画しており、そこにも技術的なハードルがあると指摘。現在は「AIを使って人格を作ることができるデータセットは何なのか」を探っている段階だと話した。

Park氏は、データセットのために質問をしたり、開発が一定のところまで終わっているメタバースをリリースしたりする時期にも、この難しさが影響する可能性があると述べている。

WebXへの参加について

MudAiのプロジェクトは今年のWebXにも出展することが決まっている。今回のインタビューでは、最初にWebXに参加すると決断した理由を質問した。

MudAiは、もともと海外で開発を進めていたプロジェクト。開発から2年超が経過し、プロジェクトチームが日本などで対外的にカンファレンスやサイドイベントをやりたいと考えていた時期にちょうどWebXが開催されたとPark氏は答えた。

他には、メタバースの開発が進み、デモを見せられる段階にあったことも参加の理由だと説明。また、他の企業やコミュニティ、投資家と交流することも目的だったと話している。昨年のWebXでは、MudAiのブースに約150人が訪れたと語った。

Park氏は、昨年のWebXに参加して最も良かったことは、横のつながりを構築できたことだと述べている。

また、今年のWebXでは、メタバースやDEXなど可能なものはデモ版を見せたいと意欲を見せた。そして、今年はサイドイベントをスポンサーするだけでなく、サイドイベントを主催するなどして、交流の幅を一層広げていきたいとも話している。

関連日本最大級のweb3国際カンファレンス「WebX」レポート

WebX 2024について

2回目のカンファレンスとなる「WebX 2024」は、2024年8月28日(水)と29日(木)の2日間、ザ・プリンスパークタワー東京で開催する。

前回のWebXは、来場者数1万6,500人、スピーカー数290人、協賛・協力企業372社(団体含む)と、想定を大きく上回る反響を集めることができた。また、政府・行政関係者では、岸田文雄総理をはじめ、西村康稔経済産業大臣(当時)や萩生田光一政務調査会長(当時)、小池百合子都知事、吉村洋文大阪府知事らが講演している。

今年のWebXのビジョンは「既存のWeb1・2業界と新たなWeb3業界における産業間の架け橋となれるよう目指すこと」。このビジョンを実現するため、Web3業界における世界各国のリーディングカンパニーや関係者はもちろんのこと、仮想通貨・ブロックチェーンと普段接点のない事業者や、日本国内のみならずアジアのレギュレーターや推進省庁らも積極的に誘致したいと考えている。

また、アジアを代表するWeb3推進ハブの一つとなれるよう、積極的に海外のカンファレンスなどとも連携していく予定だ。

■開催日:2024年8月28日(水)・29日(木)

■開催場所:ザ・プリンスパークタワー東京

■主催:WebX実行委員会

■企画 / 運営:CoinPost

■来場者数(見込):20,000人以上

■参加企業数(見込):2,000社以上

■出展企業数(見込):150社以上

■メディアパートナー数(見込):100社以上

関連アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2024」、ザ・プリンスパークタワー東京で開催へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア