CoinPostで今最も読まれています

米コインベース「ブロックチェーン技術で年間11兆円規模のクレカ手数料節約の可能性」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「金融システムを低コストに」

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは7日、ブロックチェーン技術を使用することで、米国の消費者はカード手数料を少なくとも約11兆円(740億ドル)節約できた可能性があると述べた。2022年を対象とした分析だ。

1世帯当たりでは、平均で年間約89,000円(600ドル)の節約に相当するとしている。また、店舗など販売事業者は、クレジットカードの取引手数料に約19兆円(1,260億ドル)以上を費やしていたが、ブロックチェーン技術を使用すれば、はるかに低いコストで済んだ可能性があるとも続けた。

この報告は、2023年の「State of Crypto Report」の一環として行われたものだ。コインベースは、次のように述べている。

今回の世論調査によると、米国人の少なくとも5人に3人が、金融システムをより安く、より速く、より簡単にアクセスできるようにアップデートすることを望んでいる。

また、彼らが仮想通貨に可能性を見出している主な理由は、使いやすさ、手頃な価格、合理化され、完全にデジタル化され、従来システムに制約されない性質であった。これは彼らが金融システム改善に望むこととも一致している。

関連「仮想通貨価格の下押し圧力は弱まり始めている」コインベース週刊レポート

アシックスとソラナペイのケース

また、報告書は加盟店が2022年にクレジットカード取引処理に1260億ドル以上を支払い、これが人件費に次ぐ2番目に大きな経費となったと指摘している。一方、仮想通貨決済は従来の方法に比べて著しく安価で、ブロックチェーン手数料は平均でわずか1セント、クレジットカードの平均手数料が1.5%~3.5%であるのに対し、例えばソラナペイを通じた加盟店手数料は平均0.2セントに過ぎない。

出典:Coinbase

アシックスとソラナ(SOL)ブロックチェーンの決済システム「Solana Pay」の提携は、特に注目に値する事例である。限定シューズの発売において、アシックス側の手数料は0.00025ドルまで削減された。1足200ドル×3000足の商業において、従来の金融手段(例:PayPal)だと合計手数料が22,000ドルに上がるところが、わずか6ドルで済んだ。

ブロックチェーン技術が提供する分散型の台帳システムでは、取引の確認と記録がネットワーク参加者全体によって行われるため、中央集権的な仲介者の必要性が減少し、手数料が大幅に減少する場合がある。

関連:VisaがソラナでUSDC決済対応へ

若い世代が仮想通貨に前向き

コインベースは「State of Crypto Report」で様々な意識調査を実施。若い世代の方が仮想通貨に前向きだという結果が示された。

調査方法としては、Bovitzと協力して2023年に18歳以上の米国人1,000人を対象とした調査および18歳から59歳の米国成人30人を対象にインタビューを行った。

また、Morning Consultと協力して大学生および大学院生2,065名を対象とした調査を行うなど、複数社と提携して意識調査を展開している。

「現在の金融システムは自分達のような人々にとって機能している」と回答したのはミレニアル世代の9%のみだった。また、政治家や政策担当者は仮想通貨やブロックチェーンを支援すべきと答えたのは調査対象者全体で33%だったものの、ミレニアル世代では44%と高かった。

また、仮想通貨やブロックチェーンは従来型金融が出来ない方法で、経済的な機会を増やすと答えたのは全体の31%で、ミレニアル世代は42%だった。

なお、ミレニアル世代とは、一般的にミレニアム(新千年紀)が到来した2000年前後以降に社会に進出する世代という意味で、1980年代序盤から1990年代中盤までに生まれた世代を指す。

米大統領選と仮想通貨の行方

米国の大統領選挙に向けた共和党候補者争いからは仮想通貨支持で知られるロン・デサンティス氏やビベック・ラマスワミが脱退し、ドナルド・トランプ氏が有力候補となっている。

関連仮想通貨支持のラマスワミ候補、米大統領選から撤退

トランプ氏は自身をモチーフにしたNFT(非代替性トークン)の販売で収益を上げてきたが、ビットコイン(BTC)など仮想通貨自体には懐疑的な見方を示している。

米大手ヘッジファンド、スカイブリッジ(SkyBridge)の創業者アンソニー・スカラムーチ氏は、仮想通貨コミュニティに、大統領選では現職のバイデン氏を支持するよう呼びかけた。長期的にはトランプ氏が「法制度に大混乱」をもたらすと主張している。

関連米SkyBridge創業者、仮想通貨コミュニティに米大統領選のバイデン支持を呼びかける

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア