CoinPostで今最も読まれています

米SkyBridge創業者、仮想通貨コミュニティに米大統領選のバイデン支持を呼びかける

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイデン政権支持を表明

米大手ヘッジファンド、スカイブリッジ(SkyBridge)の創業者アンソニー・スカラムーチ氏は、今年11月の米大統領選でバイデン大統領を支持するよう、暗号資産(仮想通貨)コミュニティに呼びかけた。ブルームバーグが2日に報じた。

アンソニー・スカラムーチは、暗号通貨業界に対する現政権の手厳しい姿勢にもかかわらず、2024年の大統領選挙ではドナルド・トランプ前大統領ではなく、ジョー・バイデン大統領を支持するよう、仮想通貨コミュニティに勧めた。

スカラムーチ氏は、1日に開催されたデジタル資産関連のカンフェレンスで、トランプ政権は短期的には仮想通貨規制にとって好都合だが、長期的にはトランプ氏が「法制度に大混乱と予測不能性をもたらす」と主張した。

同氏はトランプ政権下でホワイトハウスの広報部長に任命されるも、わずか在職10日で解任された経緯があり、その後トランプ氏を批判する姿勢をとっている。

直近では米CNNのインタビューで、「トランプ氏は民主主義への脅威である」と主張。バイデン大統領の再選キャンペーンを支援し、資金調達と支援活動を行うと語った。

法廷での勝利

スカラムーチ氏は、仮想通貨に友好的ではない現政権に対して、いくつかの法廷抗争が功を奏しているため、予想の困難なトランプ氏よりも無難だと考えているようだ。

仮想通貨に否定的な姿勢を貫いているエリザベス・ウォーレン上院議員や、明確なルールを示すことなく執行による規制を行っていると批判される米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長について、次のように述べた。

私はマクロ的な戦いよりも、エリザベス・ウォーレンやゲーリー・ゲンスラーのような人たちと規制に関する戦いを望む。

同氏は、ビットコインETF転換に関するグレースケールの対SEC訴訟での成功に言及。仮想通貨業界は法廷で十分な勝利を収めていると述べた。また、仮想通貨の有価証券性を巡る米大手取引所コインベース対SECの訴訟では、コインベースが最終的に勝訴すると予想。「仮想通貨に対する公正な規制プロセスが実現する」との考えを示した。

関連:ブルームバーグ上級訴訟アナリスト『対SEC訴訟はコインベース優勢、勝訴の可能性は70%』

選挙には不利な仮想通貨政策

スカラムーチ氏は1月半ばに、バイデン政権の仮想通貨政策が大統領選には不利な展開となる可能性があると指摘している。

同氏は、現在米国には5,200万人の仮想通貨保有者がおり、有権者人口の20%を占めると指摘。前回の選挙ではこのグループの61%が民主党とバイデン氏に投票したが、仮想通貨規制に対する現政権の姿勢を考慮すると、次回の投票行動が変化する可能性があると主張した。

大統領選の激戦州として知られる、ペンシルベニア州やネバダ州、ジョージア州、アリゾナ州などでは仮想通貨保有者が過半数を占めていることから、仮想通貨コミュニティの支持が得られるかどうかが重要になってくると、同氏は見ている。

エリザベス・ウォーレン議員は昨年5月、「デジタル資産マネーロンダリング防止法案」を再度議会に提出。この法案は、仮想通貨のウォレットプロバイダーやマイナー、バリデータなど対して、既存の金融機関と同等の顧客確認要件を義務付けることから、業界関係者及び仮想通貨支持派の議員からは、強く批判されている。

このようなウォーレン議員の仮想通貨に対する強硬な態度について、スカラムーチ氏は次のようにコメントした。

エリザベス・ウォーレンのせいで、選挙には負けるだろう

関連:米コインベースがウォーレン議員の主張に猛反発「法的遵守のための努力を曲解している」

トランプ氏と仮想通貨

トランプ前大統領は2021年、ビットコインについて「米ドルと競合する通貨のようで好きになれない」と発言した。

一方、プライバシーの侵害が危惧される中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して同氏は、今年1月半ばの大統領選に向けた集会で「CBDCの創設を決して許さない」と述べ、CBDCに反対する姿勢を明確に示している。

トランプ氏は大統領任期中に、仮想通貨支持派として知られるSECのへスター・ピアース委員の2期目の続投を承認し、同じく仮想通貨擁護派のミック・マルバニー議員を行政管理予算局長に任命した。マルバニー氏は一時、大統領主席補佐官代行も務めた。

ビジネス感覚に長けたトランプ氏は2022年、自身をモチーフにした公式NFT(非代替性トークン)デジタルトレーディングカード「Collect Trump Cards」をリリース。このコレクションは、わずか数時間で完売した。その後23年4月に第2弾をリリースすると、またしても数時間で完売。同年12月には自身が逮捕された際の顔写真をフィーチャーした新しいNFTトレーディングカード、「マグショット・エディション」を発売した。

ブロックチェーンデータ分析企業Arkham Intelligenceは昨年12月、同氏がこれらNFTのロイヤリティとして蓄積された、240万ドル(3.56億円)相当のイーサリアム(1,075 ETH)を売却したと報告した。

昨年8月には米政府倫理事務局(OGE)への提出書類から、トランプ氏は25万ドルから50万ドル(3,700万円から7,400万円)相当のイーサリアムが保管されているウォレットを保有していることが明らかになっていたが、その後もNFTの販売やロイヤリティから、イーサリアムの保有数が増えていったと見られる。

関連:トランプ前大統領関連の仮想通貨ポートフォリオ、240万ドル分のイーサリアム売却か=Arkhamデータ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア