CoinPostで今最も読まれています

分散型物理インフラ「DePIN」として再注目されるプロジェクト3選

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

発展するDePINプラットフォーム

2024年のトレンドの1つに、DePIN(ディーピン)が挙げられます。

DePINとはDecentralized Physical Infrastructure Networksの略称で、分散型物理インフラネットワークを指します。これはトークンエコノミーを活用した、インフラの構築と運営を効率的に調整するシステムです。

2024年のP2P(ピアツーピア)インフラストラクチャのトップ10トレンドの1つとして、Messariを含む多くの暗号資産(仮想通貨)分析企業が、DePINを挙げています。

本記事では、ソラナ以外にも目を向けて、現在注目されている主なDePINプロジェクト概要、それぞれの背景知識やトークンインセンティブなどについて解説していきます。

関連:ソラナで拡大する分散型インフラ「DePIN」、2024年注目のプロジェクトを深掘り

Pocket Network

現在、インターネットの約55%がアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とマイクロソフト・アジュールで稼働しています。

このような中央集権型サービス・プロバイダーへの過度の依存を避けるため、ポケットネットワーク(POKT)のような分散型クラウドの重要性が高まっています。

ポケットネットワークは、ブロックチェーン間のデータ通信とAPIリクエストを分散化します。

具体的には、アプリケーション開発者が複数のブロックチェーンネットワークからデータを取得する際の中央集権的なAPIプロバイダーに頼る必要性を排除し、代わりに分散型のノードネットワークを通じてデータをリレーすることを可能にします。

イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)、ソラナ、アバランチ(AVAX)など、幅広いブロックチェーンをサポートし、dAppsと基盤となるブロックチェーンインフラストラクチャ間のシームレスな統合と相互作用を促進します。

このシステムでは、ノード運営者はデータリレーの提供によってネイティブトークンであるPOKTを報酬として受け取ります。これにより、分散型アプリケーション(DApps)がブロックチェーンデータへのアクセスを効率的かつ経済的に実現し、ブロックチェーンエコシステム全体のスケーラビリティと相互運用性を向上させることを目指しています​。ゲートウェイ(ユーザーがブロックチェーンのデータを利用するためのアクセスポイント)は現在、NodiesとGroveを通じて運用されています。

加えて、ポケットネットワークは、DAO(分散型自律組織)によって運営されており、アプリケーション開発者やノードオペレーターなどのユーザーがプロトコルの改善、経済政策、エコシステム開発に関する意思決定を行います。このプロセスは、提案の提示と投票メカニズムを通じて実施されます。

ポケットネットワークは、フィデリティ系のAvon Ventures、Placeholder Capital、Druid Venturesから790万ドルの資金を確保しています。

Filecoin

ファイルコイン(FIL)は、分散型ストレージネットワークを提供します。

データの保存と取得を分散化し、データの保管をインセンティブ化することで、より安全で効率的なデータストレージソリューションを目指しています。 ユーザーはFilecoinネットワーク上で余剰なストレージ容量を提供することによって、ファイルコイントークン(FIL)を報酬として獲得できます。

ファイルコインの基盤となる技術には、IPFS(InterPlanetary File System)があります。 IPFSは、ファイルの分散型共有と保存を可能にするプロトコルです。Filecoinはこの技術を活用し、効率的なデータ保存と取得のメカニズムを構築しています。

また、ファイルコインはプルーフ・オブ・レプリケーション(PoRep)とプルーフ・オブ・スペースタイム(PoSt)という2つの革新的なアルゴリズムを用いて、データの保存と検証を行います。

ファイルコインの資金調達は、2017年のICO(Initial Coin Offering)で大きな注目を集め、当時としては史上最大規模の2億ドル以上を調達しました。 ファイルコインの主要な投資家には、Sequoia Capital、a16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)、Union Square Venturesなどの著名なベンチャーキャピタルが含まれます。

2月17日にファイルコインとソラナの統合が発表されました。ソラナはファイルコインを利用して、インフラストラクチャープロバイダー、エクスプローラー、インデクサー、そして履歴へのアクセスを必要とするすべての人にとって、よりアクセスしやすく使いやすいものにします。

そして、ファイルコインの分散型ストレージ機能と強化されたセキュリティにより、ソラナ上のデータのスケーラビリティが強化されます。

関連:ビットメイン、ファイルコイン(FIL)向けのマイニングマシン発売

ATOR Protocol

ATORネットワーク(ATOR)は、The Onion Routing(Tor)を使用してユーザーの匿名性を確保します。

このプロセスでは、グローバルに分散されたハードウェア製品「リレー」を介してトラフィックをルーティングし、全ての参加者のIPアドレスをマスクすることにより、層状の暗号化を行います。ネットワークのガバナンスは分散化されており、中央集権的なディレクトリ権限ではなく、ブロックチェーンに記録される可能性のある分散型ディレクトリ権限によって行われます。

出典:ATOR

この低消費電力ユニット「リレー」を使用する付加的な利点は、アクセスポイント・ルーターとしても機能することで、複数のユーザーにエンドツーエンドの暗号化されたプライベートなインターネット体験へのゲートウェイを提供し、同時に所有者はATORトークンを獲得することができます。

VPN市場の規模は、今後10年間で大幅に成長すると予測されており、独自の製品を提供するには有利な市場だと期待されています。

ATORのトークンインセンティブシステムは、オンチェーンの「Proof of Uptime」プロトコルを使用して、リレーオペレーターの貢献を認識し、ATORトークンを配布することで構成されています。

トークンの配布は、イーサリアムブロックチェーン上に保管されたトークンに裏打ちされ、Arweave(データの永久的かつ分散型の保存を目的としたLayer 1のデータストレージプロトコル)上で分散されます。ATORは、イーサリアムと Arweave ブロックチェーンの両方を利用する、独自のデュアル ブロックチェーン アーキテクチャを採用しています。

また、ATORのコアチームには、様々な専門分野から集まった専門家が含まれています。チームメンバーには、Anon Morpho氏(戦略家、活動家、創設者)、Christer Sørby氏(ATOR LabsのCEO、クリエイティブデザイナー)、Neuratic氏(COO、エンジニア、技術コミュニケーター)、Jim Toth氏(CTO、2017年からのETHマイナー、Arweaveビジョナリー)、Dr. Andrzej Tuchołka氏(リードアーキテクト、ソフトウェアエンジニアリング博士)らが名を連ねており、そのチームは「OG crypto connections」を持っているとされています。

※「OG crypto connections」は、暗号通貨やブロックチェーン業界における初期から活動している経験豊富な人物や団体、あるいはその業界における深いつながりや影響力ある関係を指します。”OG”は”Original Gangster”の略で、ここでは業界におけるパイオニアやベテランを意味しています。

技術パートナーとしてMove78、Forte Group、Hotspotty、Gold Hawksといった企業と協力しています。

関連:ソラナで拡大する分散型インフラ「DePIN」、2024年注目のプロジェクトを深掘り

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
12:00
ビットトレードのビットコイン・ピザ・デー記念キャンペーン シバイヌなどが当たるチャンス
暗号資産(仮想通貨)取引所ビットトレードの特別企画。ビットコイン・ピザ・デーを記念して、シバイヌ(SHIB)やドージコイン(DOGE)も含む豪華景品が当たるラッキールーレットキャンペーンが開催される。2024年5月20日から24日までの期間限定。
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア