CoinPostで今最も読まれています

【前編】有名トレーダーポイン氏が送る仮想通貨トレード初心者への指南書

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

有名トレーダーポインさん取材記事の前編
コインポストは有名トレーダーであるポインさんを取材しました。今回の記事では、仮想通貨取引の初心者に向けてのアドバイスを伺いました。初心者の方は必見です。後編ではポインさんの仮想通貨投資を始めたきっかけに迫ります。
―初心者向けの本を出版されています。初心者がトレードを始めるにあたって押さえておくべきことはありますか?

本書では攻めと守りの両方が大事で、儲けるためにするので攻めはもちろん大事なんですけど、それに加えて守りもちゃんと勉強しようよってことで執筆しました。

仮想通貨独特の落とし穴っていうのがあるので。

―攻めの部分で何かお話しできることはありますか

仮想通貨独特の話でいうと、特に初心者って仮想通貨の価格を見てるんですよね。

例えばビットコイン70万円かみたいな。

でももう一つ視点上げて、仮想通貨の価値を価格で判断するんじゃなくて、時価総額を見ることが大事です。

初心者は価格の単価が安いのでリップル、ネムを買いがちなんですよ。その理由はわかるんですよ。「リップル安いから値上がりするでしょ」みたいな。

でも時価総額でいうと3位(27日現在2位)だからみたいな(笑)

その結構時価総額でかいよってとこなんですけど、それってみんな知らないですし、それは発行上限がある仮想通貨ならではですよね。

時価総額で期待値を判断するのかなり大事かなと思います。

これを言うと結構みんな「あ、そうなんだ」みたいな反応が返ってきますね。

結構初心者が最初に知っておいた方がいいことだと思いますね。

あとはドミナンス(全体ボリュームに対する支配率)ですかね。

今までの流れから見ると、ビットコインのドミナンスが上がると、そのあとアルトに波及するということは言えると思います。

ただ状況が違うのが、全体の時価総額が下がり続けているというところと、コインが増えすぎているので、どんどんお金が分散しているってところですね。

―マイニングのハッシュレートを見たりとかしますか?

そうですね。ざっくり確認はします。あとはロングとショートの比率とかもみます。

―初心者の中にはロングとショートの比率の見方って分からない人も多いと思うんですけど

僕はそれだけで判断はしないですね。

いろんな指標を見ながら全体を把握して判断していますね。

あと大切なところでいうとトレンドのこととかですかね。

本でもトレンド活用術っていうのが第3章に書いてるんですけど、ここ最近までは本当にビットコインのトレンドだったと思うんですよ。

ETFとかもありますし。そういったトレンドをうまく使うといった意味で、ツイッターを使ったりして。

最近かなり落ち着いたんですけど、取引所トークンが今年の前半すごく流行っていて、去年からバイナンスのBNBがずっと上がってきた。

そこにフオビとか最近FコインがFT出してっていう一年半ぐらいの長いトレンドだったと思うんですけど、そういうトレンドを掴みながらやっていくみたいな。

僕も今年の前半はほぼ取引所トークンしかトレードしてなくて、今も結構持ってるんですけど、取引所トークンだけでポートフォリオつくるぐらいの量を持っていました。

そういう旬を追い続けるっていうのは大事ですね。攻めの手法として特に

やっぱりこの本でも触れてますけどICOって今は完全に旬をすぎているものが多いので、旬を過ぎたものには触れないとか。

この業界の流れはむちゃくちゃ早いので、旬を追うのは大事です。

―攻めに関してお話しいただきましたが、情報収拾のツールは何を利用していますか?

基本的にはツイッターですかね。仮想通貨系の人を多くフォローしています。

また本でも推してますけど、コインポストさんもそうですし、ニュース系のメディアをフォローしておけば情報が流れてきますし、そうすればサマリーでどういうことがあったのか把握できるので、日々チェックしています。

あとディスコードやテレグラムなんかも利用しますね。

―ディスコードでどのようなグループを見ていますか?

有料で仮想通貨の情報を配信しているグループ、いわゆるオンラインサロンは質も高いのでよく見ています。 よく見るのはcryptolabo、coinrun、d10Labですかね。

オンラインサロンはクローズドな場なので、Twitterでは流れない濃密な情報が詰まっている気がします。

―次は、仮想通貨独特の守りの点をお聞かせください。

今でこそそんなにないですけど、去年中国が仮想通貨取引所禁止になったときに、24時間で50%以上暴落したりとか、そういうことが起こりうる世界なので、そういうところは対策しないといけないということですよね。

―実際にそのように大暴落して、大半の人は狼狽したと思うんですけど、その時はどう思いました?

もう笑うしかないですね(笑)

でも実際のところそんなに下がったら反発するじゃないですか。

だから例えば、本にも書きましたが、暴落にどう対応するのかっていう話をすると、買い増しを用意しておいて、暴落すると絶対に反発するので、反発し始めたら買って、10%とか20%反発したところで、もう一回抜くとか。

だから暴落に対しては全力投球しないということが大事ですね。

暴落の時に日本円ももっておくみたいな。あとはちゃんと損切りするとか。

―暴落に関しては投資的な守りですね。

そうですね。もしポジション持つなら、フィアットも持っておいて、カバーできるようにしておくとか。

撮影:CoinPost

―セキュリティの面ってどうですか?

基本的な話になっちゃうんですけど、二段階認証を利用したり、パスワード管理アプリを導入したりして、異なる取引所で同じパスワードを使い回ししないとか、30文字以上でアルファベット、記号、数字を混合でパスワードを設定するとか。

あとスマホウォレット、ハードウォレットを利用して保管しておくとか。

取引所に置きっぱなしにしないということですね。

―おすすめのスマホウォレットってありますか?

僕は基本的に歴史の長いウォレットを使うようにしていて、ビットコインはBRDとBitcoin.comを使ってます。

日本発だと様々な通貨が入るコイン相場、Gincoがメインです。モナコインウォレットもにゃ、Dapps用ウォレットだとtokenPocketとかも使ってます。

初心者の方には使いやすいですからね。

―初心者の中には、取引所のウォレットに入れておこうという人も多いと思います。

初心者の方は基本的にはスマホウォレットをなぜ利用しなければいけないのか分かってなくて、取引所のウォレットでいいじゃんみたいな。

コインチェック事件があったのでわかると思うんですけど、取引所のウォレットにおいていたら無くなるリスクは高いよって。

―スキャム対策はどうですか

今スキャム対策はめっちゃ難しいですからね(笑)

そもそも仮想通貨で何がスキャムかって見分けるのは大変ですよね。

やっぱり信じた銘柄の運営者が逃げたっていうのもありますからね。

明らかにネットビジネスで売ろうとしている通貨とかって詐欺が多いと思うんですけど、ああいうのはわかりやすいじゃないですか。

いまだと例えば*****とか。

あれってどうなんでしょうね。

あれは法的にアウトだからっていうのはあると思うんですけど。

例えばツイッターでインフルエンサーが推していて暴落した******とか。

結局あれも100分の1になっていて、あれは詐欺かそうでないのかみたいな。

価格が暴落したから、結果的に詐欺と呼ばれている通貨も多いです。

影響力がある人が自分が買った後の特定の通貨を煽って価格を上げて先に売り抜く方法もあります。

今述べた暴落、セキュリティ、スキャムを押さえておけば守りという面では大丈夫だと思います。

後編では、ポインさんの仮想通貨投資を始めたきっかけに迫ります! 

■プロフィール

ポイン 仮想通貨投資家/ ブロガー。

投資初心者にも関わらず、たった1年で100万円から億り人に。長時間労働による過労で倒れたことをきっかけに会社を辞め、やりたいことしかやらない『ハイパーニート』というライフスタイルを送る。

『仮想通貨ブログ『ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!』 を運営。Twitterアカウントは @poipoikunpoi。

著書『億り人ハイパーニートポインの仮想通貨1年生の教科書』 はAmazon3部門でランキング1位を獲得し、即日重版のベストセラーに。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。
12:00
「スイス中銀はビットコインを準備資産に持つべき」2B4CHが提唱
スイスの仮想通貨擁護団体「2B4CH」は、スイス国立銀行がビットコインを準備金として持つことを提唱している。国民投票を目指す計画だ。
11:00
米大統領候補ケネディJr氏、ブロックチェーンによる国家予算監督を提唱
米大統領選候補のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は21日、米国の国家予算をブロックチェーンに記録して透明性を高めるという考えを披露した。
10:12
NY証券取引所、取引時間の延伸を検討か
仮想通貨と同様に株式等を24時間取引できるようにすることのメリットなどを、ニューヨーク証券取引所が市場参加者に調査していることがわかった。調査の概要が明らかになっている。
09:25
Xverseウォレット、ビットコインRunes機能対応
XverseはOKXのOrdinalsマーケットプレイスや、Magic EdenのビットコインNFT電子市場で利用可能だ。ライバルの仮想通貨ビットコイン専用ウォレット「UniSat」もRunesに対応済み。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧