CoinPostで今最も読まれています

12月開始予定の「Bakkt版ビットコイン先物取引」仮想通貨年末相場への影響と専門家の意見まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bakktがビットコイン先物取引を今年12月に取引開始予定
ニューヨーク証券取引所の親会社であり、仮想通貨取引所Bakktを運営するインターコンティネンタル取引所が12月12日から現物決済ビットコイン先物の取引を開始する事を発表した。
仮想通貨市場への影響
昨年のビットコイン先物取引開始前後で見られた価格への影響のほか、市場回復の大きなカギとされるビットコインETF、機関投資家の参入にも良い影響があると期待されている。
Bakktとは
インターコンチネンタル取引所(ICE)が運営する今年8月に発表された仮想通貨取引所プラットフォーム。ビットコイン先物を筆頭に、仮想通貨を支えるインフラを提供するような商品を今後も公開していく方針。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

現物決済ビットコイン先物が12月12日取り扱い開始決定

ニューヨーク証券取引所の親会社であり、仮想通貨取引所Bakktを運営するインターコンティネンタル取引所は本日未明、現物決済のビットコイン先物の取引を12月12月から開始する事を発表した。

ICEが本日発表した公式声明では以下のように述べられている。

ICE Futures US社は12月12日水曜日、新たにBakktビットコイン(米ドル建て)先物取引の取り扱いを開始します。

現物決済の1日先物取引はBakkt LLC、ICEの仮想通貨ウェアハウスで管理されるビットコインの先物取引で、ICE Clear US社によって清算されます。

先物取引はドルで取引され、ビットコイン先物契約を一つ購入された場合、ユーザーの口座に1BTC届くものとなっています。

今回の発表は世界最大級株式市場であるニューヨーク証券取引所の運営を行うインターコンティネンタル取引所(ICE)からされたもので、8月3日に発表された仮想通貨取引所Bakktはマイクロソフト、スターバックス、ボストンコンサルティングなどの有名企業と共にICEの仮想通貨市場参入を意味する重要なニュースとなっていた。

またビットコインの先物は現在CMEとCboeが取り扱っているものの、現物決済のビットコイン先物取引は米国の規制下では今回が初となる。

現物を基準とした先物取引という点は、非常に重要で、直接的な現物市場にも大きな影響が期待されている。

現在低迷が続く仮想通貨市場の中で、Bakkt開始の報道は大きなニュースとなっており、一部ではビットコインETFの承認よりBakktの方が重要だと示す声もある。

アメリカの仮想通貨調査企業、Ironwood Research Groupがその一部で、同社はBakktに関する公開討論で、

…「先物取引」を開始することで、機関投資家を十分に満足させることができた場合、仮想通貨市場に大きな衝撃をもたらすことになるだろう。 私の考えでは、Bakktは「ビットコインETF」以上に重要や役割を持つ可能性がある。

と述べ、機関投資家の参入障壁を下げる可能性があるとして期待感を示している。

またそれだけでなく、米SECのビットコインETFに対する見方も変える可能性を期待視する声も出ている。

Bakktのビットコイン先物|市場への影響とは

またビットコイン先物取引開始のニュースは昨年の仮想通貨市場ブームにつながった大きな要因の一つとされている。

実際2017年12月11日に開始したビットコイン先物の前後でビットコイン価格は驚異的な上昇を見せた。

特に12月6日から8日にかけては3日足らずで50%近い高騰を記録した。

出典:CoinMarketCap

現在ではCMEやCboeがすでに業界参入しているため、状況こそ違うものの、ICEという巨大金融企業の参入やBakktのオープンを考えると、今年もBakktのビットコイン先物の取引が開始される12月12日前後が重要な局面として意識される可能性も予想できる。

機関投資家の市場参入への影響

まず、「Bakkt」のCEOKelly Loeffler氏は8月21日、Bakktのビットコイン先物取引について、「一定の証拠金(マージン)を銀行に預けて為替取引をする「信用取引(マージントレーディング)」のようなサービスは提供しないと明言し、現物決済とレバレッジ無しにおける重要性を以下のように説明した。

  • 価格発見に最も重要な要素は、現物引き渡しだ。
  • ・既存の現金決済先物取引所やレバレッジがかけられる仮想通貨取引所と区別し、市場の統合を確保するために、ビットコイン(BTC)の売買はすべて担保される現物によるものであり、ビットコイン先物契約で「信用取引」サービスは提供しない。
  • ・安全かつ規制されたカストディ・サービスの下で、機関投資家や個人投資家も仮想通貨市場に参加しやすくなる

※特に注目すべきところは、「価格発見」という、信頼が求められる通貨の価格構成とされている。

Bakktのビットコイン先物取引開始は1月以来、停滞が続く仮想通貨市場の回復の為に必要とされる機関投資家の参入につながることが期待されている。

停滞が半年以上継続している2018年では、上述のビットコインETFや機関投資家の参入に対する期待感も下がりつつある感じが否めない。

実際、先週も大手金融企業であるFidelity(フィデリティ)Investmentsが仮想通貨サービスを提供する為、新規子会社を設置する方針を発表したが、相場への影響はさほど見られなかった。

アメリカ初のビットコイン投資ファンド会社であるPantera CapitalのCIOであるクルッグ氏はBloombergとのインタビュー内で以下のように述べた。

今市場に必要なのは回復につながるシステムの採用です。

処理能力を向上しなければ市場に人を呼び込めません。

…(市場回復には)相場を動かす大きな動きが必要です。

仮想通貨取引所Bakktは最大級の株式市場を運営するICEによって設立されている為、機関投資家が現在欠けていると感じる安心感を与える事が期待されている。

金融機関はICEに見出される信用、インフラと規制(遵守における)安定感を求めている。

またその他でも仮想通貨特化型の商業銀行「Galaxy Investment Partners」のCEOを務めており、CoinPostでも取り上げているMichael Novogratz氏はツイッター上で以下のように期待を示した。

Bakktが12月12日からビットコイン先物の取引を開始

以前、SECはビットコインETFを却下した際、ビットコイン先物市場の規模と流動性の不足を却下した理由の一つとして挙げていた。

Bakktの参入はSECの見方を変えるかもしれない。

変えるだろう。

そういった上で約2ヶ月足らずで取引が開始されるBakktのビットコイン先物はカギとなる可能性がある。

相場回復の為に重要視されるビットコインETF

仮想通貨市場でもうひとつ重要な材料としてアメリカ証券取引委員会(SEC)のビットコインETF承認が挙げられているが、Bakktのビットコイン先物はこちらの状況も変える可能性を持っている。

昨年から一貫してビットコインETFの申請を却下し続けるSECに対し、大手金融企業のVanEckやウィンクルボス兄弟は工夫を加え、諦めずに申請を続けている。

しかし8月下旬、再びアメリカ証券取引委員会(SEC)は9つのビットコインETFへの申請を却下した。

9つの申請の内、3件は昨年12月にCFTC(商品先物取引委員会)の承認の上で開始されたCboeとCMEのビットコイン先物に基づいたETF商品だった。

米SECがビットコインETFに対する懸念点の一つとして、規制に準じていない仮想通貨取引所のビットコインに頼る事を挙げていた為、既に米国の規制機関であるCFTCから許可されたビットコインETFはその懸念を払拭する事が期待されていた。

しかし最終的にSECは9つのビットコインETF申請を却下し、その要因の一つとしてビットコイン先物市場はビットコインETFの基盤とするには規模が足りない事を挙げた。

(SECがビットコインETF申請を却下したその他の理由はこちらで解説。)

米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的
米SECは日本時間23日、計3社が提供する9つのビットコインETFを一挙に非承認とすることを発表。仮想通貨相場の下落は限定的だが、この否決を受け残るETF申請がCboeのみとなった。

現在ビットコインの先物市場はCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とCboe(シカゴ・オプション取引所)が主体となっており、開始したのは昨年12月からだ。

その為、世界最大級の株式市場であるニューヨーク証券市場を運営しているICEが発足したBakktの市場はビットコイン先物市場に流動性をもたらすのではないかと期待されている

このように仮想通貨市場の回復に重要視されるビットコインETFと機関投資家の参入、2つのキートピックに影響がある為、今後もBakktの動向には注目していく必要があると言える。

CoinPostの関連記事

【速報】Bakktの現物決済ビットコイン先物は12月12日に取引開始予定と公式発表
米国仮想通貨取引所Bakkt(NYSEの姉妹会社)は公式通知にて、CFTC等の認可次第、12月12日に1日現物決済のビットコイン先物取引時を開始すると発表した。
ウォール街大手Fidelityが「仮想通貨関連会社の設立」を発表|機関投資家参入の窓口へ
Fidelityが機関投資家向けの仮想通貨サービス提供へ 世界最大級の金融サービスプロバイダ...
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:39
bitFlyerのLightning FX(SFD)廃止発表でBTC FXの価格急落、Crypto CFD提供へ
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerがLightning FXの廃止を発表し、ビットコインFXの価格が急落した。新たにファンディングレートや乖離拡大時サーキットブレーカーなどの導入したbitFlyer Crypto CFDの提供を開始する。
12:03
米上場マイニング企業Riot、2023年の1BTC平均生産コストは7500ドルと明かす
米上場仮想通貨マイニング企業RiotのCEOは、ビットコイン現物ETFや半減期がマイニング事業に与える影響を語った。BTCの平均採掘コストも明かした。
11:32
ビットコイン続伸で年初来高値更新、過去最高値「69000ドル」を射程圏に
日経平均株価が史上最高値の4万円台を記録する中、ビットコインは年初来高値更新し、前日比3.11%高の63,748ドルと続伸した。機関投資家のビットコインETF(上場投資信託)への資金流入が続いている。
11:11
モルガン・スタンレー、機関向けファンドでビットコインETFへのエクスポージャー申請
モルガンスタンレーは機関投資家向けファンドでビットコイン現物ETFへ投資する可能性がある。証券取引プラットフォームへの上場も検討中とされる。
11:00
アジア最大規模のB2BWeb3カンファレンス「Adoption」、7月に日韓両国で開幕
オンチェーンデータ基盤のWeb3ソリューション企業であるXangleが、7月にアジア最大のB2B Web3カンファレンス「Adoption(アドプション)」を日韓両国の首都で開催する。
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア