各大手仮想通貨取引所と提携先銀行が明らかに|The Block調査

先月にかけて、仮想通貨業界では銀行利用に関して論争が起きている。

Bitfinexは預金や引き出しにトラブルを抱えており、それが原因となり破産の申し立てをしていた。

またテザーと取引関係を結んでいたノーブルバンクは、現在売りに出されている。

最終的にテザーは、資金をデルテックバンクに移している。

またバイナンスとクーコインがテザーの取引を中止した際、ビットコイン価格は10%上昇している。

その他の取引所と提携先の銀行一覧は以下の通りとなっている。

取引所 銀行
Bitfinex Deltec Bank,Bank of Communications
bitFlyer Silvergate Bank
Bithumb Nonghyup Bank
Bitstamp Gorenjska banka,Unicredit
Bittrex Signature Bank
Coinbase Metropolitan Comercial Bank,Silvergate Bank,LHV Pank,Barclays
Coinone Nonghyup Bank
Gemini Silvergate Bank
Kraken Silvergate Bank,Fidor Bank,Evolve Bank
Robinhood Crypto Apex(BMO Harris Bank)
Upbit Shinhan Bank

銀行との提携に関して、初期の頃から仮想通貨業界では問題となっている。

例えば去年では、大変な人気を誇るコインベースが銀行との提携をうまく進めることができなかった。

これら問題は米国内だけでなく、世界中で見られる。

先週では、カナダの五代銀行の一つカナダ帝国商業銀行(CIBC)が、仮想通貨取引所Quadrigaの2,800万ドルを保有していた銀行口座を凍結している。

またインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)では、仮想通貨取引所との取引が発見された銀行口座全てに対して利用停止措置を行なっている。

ただインドの仮想通貨取引所ユニコーンは法律関係で、うまく立ち回っているように見受けられる

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンス、西日本豪雨被災地支援の寄付内容を公開
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが今夏行なった西日本豪雨被災地支援を目的とした募金活動について報告書を発表。ビックカメラ、広島県呉市やももたろう基金などが総額約5670万円分の寄付金支払いを仮想通貨で受けた。
リップル(XRP)を基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動
世界初、全ての取引ペアが仮想通貨XRPを基軸とした仮想通貨取引所のサービス開始が発表された。またカナダの取引所CoinFieldでもXRP基軸の取引ペア提供を検討されるなど、XRPへの関心が高まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら