CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨商品取引所BitMEXの調査部門、ビットコインキャッシュ等のフォークをモニタリング可能にするサイトを開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BitMEXがハードフォークソフトフォークを監視するサイトFork Monitorを開始
仮想通貨商品プラットフォームのBitMEXがビットコインとビットコインキャッシュのフォークをモニタリングするサイトを開始した。また今月15日にはハードフォークが迫るビットコインキャッシュでカギを握るグループの説明や現状を解説してみた。

BitMEXがハードフォークとソフトフォークを監視するサイトを開始

BitMEXとは

BitMEXはP2P式の仮想通貨商品取引プラットフォームであり、ビットコインでレバレッジ最大100倍、アルトコインでも高いレバレッジを提供している。

取引エンジンは、投資銀行やヘッジファンドと同じ技術を使って構築されており、また最新のマルチファクタセキュリティを全面的に採用している。そのため、利用者は安心して取引をすることができることが特徴だ。

Fork Monitor

このBitMEXが5日、Fork Monitor というサイトをローンチした。

このサイトは、BitcoinとBitcoin Cashがそれぞれソフトフォークやハードフォークをする際に、ネットワークの状態を監視することができる。

これがどのようなメリットを利用者にもたらすのかというと、ソフトフォークやハードフォークした際に、意図せずに発生するコンセンサスバグが実際にネットワークに障害を起こす前に検知できるのだ。

たとえば、ブロードキャスト。ブロックが形成された後、それをネットワークに全体に発信して、それぞれのノードが格納しているデータを同じものにすることだ。

このプロセスに欠かせないプロセスに不備があると、ネットワーク全体で同じデータを閲覧できていない、というブロックチェーン技術では非常に致命的な障害が発生する。

それを事前に察知できるなど、成長の余地がまだまだあるブロックチェーン技術にとっては、このサイトは非常に有用だ。

実際に2018年9月に発見された、インフレバグCVE-2018-17144。このバグはBitcoin Coreが報告したバグだが、こうしたバグを事前に発見することに、ForkMonitor.infoは貢献する。

本稿執筆時点(2018年11月6日現在)、このサイトではBitcoin Cashのノード8つ、Bitcoinのノード5つと接続されており、常にネットワークの状況を監視している。

出典:blog.bitmex.com

今月15日に注目されているBitcoin Cashのハードフォークが控えていることもあり、現在はBitcoin Cashの監視が厚くなっているが、BitMEXがBitcoinでの取引に力を入れていることから、Bitcoin Cashのハードフォークが無事に完了した後は、Bitcoinのノードを中心に監視する可能性が高い。

ビットコインキャッシュのハードフォークの説明

2018年11月15日、協定世界時間16:40(日本時間16日、01:40)に予定されているBitcoin Cashのハードフォーク。

3つのBitcoin Cash開発者グループがそれぞれのチェーンを開発しようとしていることもあり、その先行きが注目を浴びている。

Bitcoin ABCによって実装されたハードフォーク

(既存のBitcoin Cashのチェーンを引き続き使う)

Bitcoin SVによる、第2のハードフォーク

これはBitcoin Cashから新しい仮想通貨が誕生することを意味する(Bitcoin ABCのチェーンとは違うチェーンを伸ばす)

Bitcoin Unlimitedは、今の所はBitcoin ABCに追随する様子を見せている

主要クライアントのリストとハードフォーク上のそれぞれのポジションの一覧を以下にまとめてみた。

出典:blog.bitmex.com

Bitcoin ABC

Bitcoin ABCが最も普及した実装であり、Bitcoin Cashユーザーの大多数がハードフォークをサポートし、新しいチェーンに従う可能性が高いとの声がネット上から聞かれている。

Bitcoin ABCの古いバージョンではどうなるかは不明だが、元のチェーンに追加のブロックが生成されない可能性もある。

Bitcoin SV

Bitcoin SV(またはBitcoin Satoshi’s Vision)は、Craig Steven Wright氏によって推進されているクライアント。

Bitcoin SVもBitcoin ABCと同時にハードフォークを起動すると予想されているが、どうやらBitcoin ABCと互換性がないため、新しい仮想通貨として存続するのではないか、と考えられる。

Bitcoin SVのハードフォークには、Bitcoin Cashコミュニティから十分なサポートが得られているとは言い難い。

しかし、彼らの背後にはビットコインのマイニングプールの十数%を確保しているグループや、数十億ドルもの資産を持っているマイニング会社がついている、との情報もある。

ただし、たとえBitcoin SVが多数のハッシュレートを持っていても、Bitcoin Cashのコミュニティが彼らに追随しなければ、既存のチェーンはほとんど影響を受けないだろう。

Bitcoin Unlimited

Bitcoin Unlimitedは、Bitcoin Cashコミュニティで存在感のあるグループのひとつ。

彼らはBitcoin ABCのハードフォークに賛成し、彼らのチェーンをサポートするようだ。

結論

ネット上の議論を読むと、大多数がBitcoin ABCのハードフォークをサポートしているように見える。

しかし、各クライアントがどのように行動し、どのチェーンが従うかについては不確実な点が多い。

だからこそ、BitMEXがリリースしたForkMonitor.infoが、多くの利害関係者を救うホワイトナイトになる可能性が高いのだ。

(なお、本記事の内容に関しては、寄稿者個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではございません)

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコインキャッシュが6万円まで急騰|高騰要因のハードフォークはどうなる?
ビットコインキャッシュは11月15日に技術的なアップデートによるハードフォークを迎える。その際、ビットコインキャッシュのチェーンはアップデートの内容について対立している二つのチェーン(BitcoinABCとBitcoinSV)に分裂する可能性があるが、投資家の中には付与通貨を目的とした買いが殺到している。
仮想通貨調査報告書や専門家の見解から見る「現ビットコイン市場停滞の行く末」
香港の大手取引所BitMEXのアーサー・ヘイズCEO(JPモルガンの元アソシエイト)がBTCの弱気相場は当面続くとの見解を示した。また、時期を同じくしてJPモルガンの経営幹部がブロックチェーンへの期待を表明、但し同社CEOは「ブロックチェーンは信頼する。BTCはそもそも眼中にない」と強調した。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧