CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨プロジェクトTRON、ブロックチェーンゲームファンド「TRON Arcade」に110億円規模の投資へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

TRONが110億円規模の「ブロックチェーンゲームファンド」設立
トロンは、米サンフランシスコにブロックチェーンゲーム基金「TRON Arcade」を設立、今後3年間で最大1億ドルを投資し、強固なブロックチェーンゲーム経済圏(生態系)を構築すると発表した。

TRONが110億円規模の「ブロックチェーンゲームファンド」設立

トロンは、米国サンフランシスコにブロックチェーンゲーム基金「TRON Arcade」を設立、今後3年間で最大1億ドル(約100億円)を投資し、強固なブロックチェーンゲーム・エコシステムを構築すると発表した。

主な目的は、開発者自らのアイデアを新しいゲームコンテンツの自律的なエコシステムに導入し、エンターテイメントコミュニティを構築することだ。

最近話題の拡張現実感(AR)やバーチャルリアリティ(VR)技術は、ここ数年でゲーム市場でも大幅な進化を遂げているが、ブロックチェーン技術の利点は、不変性やセキュリティ、分散化を可能にすることで、ゲーム開発における”イマジネーション”の余地をさらに拡大する点が挙げられる。

これに伴い、TRONの創設者ジャスティン・サン氏は、以下のように述べた。

TRONは、ブロックチェーン技術のオープンかつ透過的な不変性を利用して、ゲーム業界が直面する既存の問題に取り組んでいる。

TRON Arcadeは、私たちと共にゲームプロジェクト開発者が、世界中のユーザーに最高のブロックチェーンゲーム体験を提供するために、重要な役割を果たすだろう。

TRONプロジェクトとその意義

TRONは時価総額11位(2018年12月4日時点)に位置するメジャーアルトコインの一つで、ブロックチェーン技術と分散型アプリケーションを通じて、インターネットの分散化促進に専念している。

2018年7月には、世界最大の分散型ネットワークである「BitTorrent」を買収するなど、世界をリードするパブリックチェーンの1つだ。

2017年9月にJustin Sunによって設立された同社は、2018年5月にメインネットをローンチ、2018年6月にネットワーク独立、2018年8月には、仮想マシン「TRON Virtual Machine(TVM)」をリリースなどを立て続けに発表するなど、順調にその規模を拡大している。

dAppsの最大勢力はイーサリアムネットワークだが、トランザクションを通すための手数料となるGAS消費が多すぎる点など”スケーラビティ問題”を抱えており、そのような問題点を解消した「TRONネットワークを活用したdApps」は、増加の一途を辿っているという。

そのような状況にある中、TRONのエコシステムを通じてブロックチェーンの普及を目的に創設された「TRON Accelerator」は、100万ドル(1.1億円)の奨励プログラムを組んでおり、テコ入れを図っているようだ。

出典:TRON ACCELERATOR公式

急速に発展するdAppsゲーム市場

今年3月にCoinPostでも報じた通り、仮想通貨TRON(トロン)及び、BitGuild(ブロックチェーン基盤ゲームプラットフォーム)は、ゲーム内アイテムの所有権をブロックチェーン(分散型台帳)に記録しようと試みている。

TRONは、グローバルレベルでの「仮想コンテンツ・エンターテイメントシステム」を考案しており、ブロックチェーン技術を使用することにより、デジタル資産の所有権を証明を行えるようになるほか、ゲーム内アイテムの取引に対して新しいプラットフォームを提供することができるようになる。

dAppsゲームに関しては、日本のメーカーが開発した国産ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」が、クラウドセール開始1時間で360ETH(500万円相当)を売り上げ、イーサリアムチェーンのGas代にも影響を及ぼすなど、その認知度は急速に広まりつつある。

出典:My Crypto Heroes公式

さらに海外では、大手仮想通貨取引所関連の「米Coinbase Ventures」などが出資するdAppsゲーム「Gods Unchained」のオークションで、最高レアリティ「ミシック(mythic)」のカードに、140ETH(当時の時価700万円相当)が入札されるなど、早くも人気が過熱しつつある。

出典:Gods Unchained 公式サイト

Gods Unchainedのプレセールでは380種類のカードを販売しており、売り上げの一部をプールすることで、賞金総額最大160万ドル(約1億7000万円)の大規模大会「チャンピオンシップ」を2019年に開催予定としている。

そのような状況にある中、TRONによるゲーム内に存在する「全てのデジタル資産をトークン化」する試みは、極めて興味深いチャレンジだと言えるだろう。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名を突破しました。

CoinPostの関連記事

初心者でもわかる仮想通貨トロン(TRX)とは|特徴や仕組みを解説
数ヶ月で数百%もの価格上昇を記録し話題になった、仮想通貨トロン(TRON/TRX)の解説記事です。トロンの今後の将来性や特徴、提携先企業、おすすめの取引所まで全網羅しています。
国産ブロックチェーンゲームがクラウドセールで売上962ETH(約1000万円)を記録
最注目ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」のクラウドセールが終了、962ETH(約1000万円)を記録するなど人気が過熱している。イーサリアムのスケーラビティ問題対応のため、LoomNetworkを採用するなど、国産dAppsゲームの進化と飛躍が期待される。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア