海外の大手取引所2社、STルールでハイリスクと判断した数十種類の仮想通貨を「上場廃止」へ

KucoinとHuobiが流動性の低い仮想通貨を上場廃止
海外の大手仮想通貨取引所KuCoinとHuobiが、プロジェクトの破綻リスクなどが存在する、流動性の低いアルトコイン数十種類について、上場廃止対象として公表した。対象コインは、「STルール」に則って精査する。

KucoinとHuobiが流動性の低い仮想通貨を上場廃止

香港に拠点を置く仮想通貨取引所のKuCoinとHuobiが多数のアルトコインについて、上場廃止の可能性があると公表した。Kucoinは10種類、Huobiは32種類のトークンの取り扱い中止を検討している。

出典:Huobi公式サイト

主な理由は、流動性と取引ボリュームの低さだが、仮想通貨市場の低迷がアルトコインに影響していることを物語っている。

取引所各社は、自社の「STルール」に則って上場廃止トークンを選定している。

STルール(特別対応基準)とは
STルール(special treatment rule)とは、各取引所が上場基準に満たないトークンを特定の期間監視し、改善が見られない場合は上場廃止するなど、各社が独自に設定している基準である。代表的な項目として下記が挙げられる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

  • 一定の期間において、流動性が低い
  • プロジェクトが停止される可能性がある
  • 技術の安全性や信頼性の面で問題がある

投資家保護の観点から上場廃止トークンを選定

300種類以上のトークンを取引する「Kucoin」は、より優れた投資環境を提供する観点から、bitclave(CAT)、wepower(WPR)、ETHlend(LEND)などの10銘柄の上場廃止を決定したと発表した。

世界有数の取引高を誇る同取引所は、自社のSTルールに照らし合わせ、32種類のデジタルトークンの上場廃止について、以下のように述べた。

ブロックチェーン業界の健全な発展と、投資家の正当な権利および利益を守るため、上場トークンを定期的に見直す必要がある

Huobiは、これらのトークンを12月26日に再び精査し、基準に満たないものは監視下で取引を行う。ハイリスクと見なされたものは上場廃止する予定だ。Huobiが挙げる対象トークンはenigma(ENG)、datum(DAT)、my token(MT)、wepower(WPR)など他多数とされる。

今年に入って多くのアルトコインが最高値から90%以上下落し、流動性を保つのが非常に困難になっている。

今回の2社の動きは、取引所が機能していないトークンを淘汰し、より健全な取引環境を提供しようとしていると同時に、低迷する仮想通貨市場において、多くのプロジェクトが苦戦している事を示している。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所「Huobi」が金融庁認可の下、日本上陸|リップル(XRP)配布キャンペーンを実施
世界取引高No.2の大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は日本時間本日、日本金融庁(関東財務局長 第00007号)認可の下、新しいBittrade「事前口座開設」の開始を発表した。なお、登録キャンペーンとして、最大1千円相当の仮想通貨XRPがプレゼント。
バイナンスCZ氏が正式に「リップル基軸」追加を発表|仮想通貨XRPの上場最新状況と経緯を解説‬
期待感が高まっていたXRP(リップル)基軸の通貨ペアが、大手仮想通貨取引所バイナンスに上場することが正式に発表された。本記事では、これまでCZ氏のXRPに関する言及・XRPの分散型取引所上場などの情報もまとめている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら