CoinPostで今最も読まれています

【追記訂正あり】ブロックチェーン業界の著名な企業、VC投資家が日本の仮想通貨カンファレンスに集結

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

追記と訂正 ※1/26現在

ジョン・マカフィー氏とティム・ドレイパー氏の来日講演が予定されておりましたが、公式からの発表で急遽ビデオ出演となる可能性があるとのことですので、タイトルの表記に変更を行いました。最新情報は公式サイトよりご確認ください。

追記と訂正 ※1/28現在

ジョン・マカフィー氏のビデオ登壇が予定されておりましたが、氏のビデオ出演は中止となる可能性があるとのことでしたので、タイトルの表記に変更を行いました。最新情報は公式サイトよりご確認ください。

JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE YOKOHAMA Round 2019 著名なゲストスピーカー
Japan Blockchain Conference YOKOHAMA Round 2019 では、30名以上の著名ゲストスピーカーの登壇が予定されている。その中でも特に著名なスピーカーの紹介をしていく。
ジョン・マカフィーとは
マカフィー社の創業者でMGT Capital Investmentsの代表も務めている人物。「金融界のドン」とも言われ、仮想通貨を支持しており、そのツイートによる仮想通貨価格への影響も小さくないと言われている。

▶️ CoinPost:仮想通貨用語集

JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE YOKOHAMA Round 2019 著名なゲストスピーカーを一部紹介

動員人数25,000名を予定している本カンファレンスでは、ブロックチェーン技術の未来を担う有力企業・団体が一堂に会するだけではなく、国内外から著名なゲストスピーカーを数多く招待している。以下の様な面々が登壇が予定されている。

ジョン・マカフィー(MGTキャピタルインベストメント / CEO マカフィー / 創設者)

出典:JBC

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、アメリカのコンピュータプログラマでありマカフィー・アンチウイルスの創業者。仮想通貨業界に最も大きな影響力を持つ人物の一人として世界的に有名だ。

「ブロックチェーンと仮想通貨の伝道者」と言われるマカフィー氏はTwitter上で多くの仮想通貨についてコメントし、そのツイートを元に多くのアルトコインの価格が高騰したことによって「マカフィー砲」という言葉も生まれている程である。

2018年6月4日には、仮想通貨コミュニティーに貢献するために2020年のアメリカ大統領選に出馬することをTwitter上で発表。さらに2020年までにビットコインの価格が100万ドル(約1億1,000万円)を超えると主張しており、独自の決済通貨であるマカフィーコイン(McAfee Coin)の発行も予定している。

追記と訂正 ※1/28現在

ジョン・マカフィー氏のビデオ登壇が予定されておりましたが、氏のビデオ出演は中止となる可能性があるとのことでした。最新情報は公式サイトよりご確認ください。

マカフィー氏の強気な予想に関する詳細はこちらから。

マカフィー『ビットコインは決済処理No.1通貨、2020年には1億円相当の価値を持つ』
マカフィー氏は、2020年に予定されている半減期の影響も含め、2020年にはビットコインの価値は1億円相当になっていると予想。ビットコインこそエコシステムで”No.1仮想通貨”であると主張している。

ティム・ドレーパー(DFJ ベンチャー・キャピタル / 創設者)

出典:JBC

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、Twitter、Skype、中国検索サイト百度(バイドゥ)、その他にもテスラ社やロケット開発のSpaceXなど名だたる企業に投資してきたアメリカのベンチャーキャピタリストである。

VC企業であるDraper Fisher Jurvetson(DFJ)の創設者であり、Draper AssociatesとDraper Universityの創設者でもある同氏の純資産は10億ドル(約1,100億円)とも言われている。投資家としての傍ら、同氏のビットコインに対する強気な予想としても名を馳せており、昨年9月には2022年までにビットコインの価格が25万ドル(約2800万円)まで上ると予想を述べたこともある。ビットコインなどの仮想通貨や、ブロックチェーン技術も非常に高く評価しており、近い将来には『それらの技術が現代社会のあらゆる産業を変化させる』と語っている。

ドレーパー氏の強気な価格予想はこちらから。

米著名投資家Tim Draper氏の曲げない価格予想|ビットコインは2020年までに2,800万円に
9月5日から7日にかけて開催されたCrypto Finance Conference 2018にて、SkypeやTeslaなどへの投資を成功させ、Draper Universityなどの創業者であるDraper氏は、2020年までにビットコイン価格が2,800万円に到達するという予想を持ち続けていることを明らかにした。
CoinPost読者限定の割引コード
割引コード:ad_0020
使い方
チケット購入時、割引コード欄に上記コードを入力で15%OFFになります。
チケット購入はこちら

その他のゲストスピーカーの一覧

その他の登壇予定のゲストスピーカー一覧は以下の通りである。(JBCサイト参照 1月26日現在)

日本の経済産業省、LINE株式会社、株式会社DMM Bitcoin、BITPoint Japan、楽天株式会社など、国内からのゲストスピーカーも多士済々の面々が登壇する予定だ。

ブロック・ピアース ビットコイン財団 / 会長 起業家 ベンチャー起業投資家 フィランソロピスト
スコット・ウォーカー DNA / CEO
ミルナル・マノハール ADAPtive Holdings Ltd. / CEO
チャールズ・ホスキンソン IOHK / 創設者・CEO
ロジャー・バー bitcoin.com / CEO
松田 洋平 経済産業省 / 商務情報政策局 情報経済課 課長
室山 真一郎 LINE株式会社 / 執行役員 兼 事業戦略室室長
クライグ・S・ライト nChain / 主任科学者 博士
ジミー・ウィン nChain Group / CEO bComm Association / 創立者・社長
田口 仁 株式会社DMM Bitcoin / 代表取締役社長
小田 玄紀 BITPoint Japan / 代表取締役社長
ルーク・ワーグマン CoinMarketCap / Chief Evangelist
ダニエル・ペレド Orbs / CEO
アレックス・ライトマン TokenCommunites Plc. / CEO
ルー・カーナ Crypto Oracle / 創業者・経営者
テオドラ・アトノアゾバ NEXO / 事業開発部長
トニー・パーキンズ Red Herring / 創設者 エディター Cryptonite / 創設者 エディタ
ジャレット・ポライティス PATRON / CSO BlockTeam ベンチャー / ベンチャー・パートナー
アンドリュー・ローマンズ 7BC.VC / CEO & 無期限責任者
カチャ・フィシャー Fisher Cataliotti P.C. / 弁護士・経営者
アレックス・メダナ FinFabrik / CEO・共同創設者
ジョナサン・ダンスモア Dunsmoor Law / 設立者・代表取締役
ティモシー・ルイス Ikigai Asset Management / 創設者
オースティン・ヒル Brudder Ventures / 創設者
トラビス・クリング Ikigai Asset Management / 創設者・最高投資責任者
アレクサンダー・シュルギン Gruppa Kompaniy Familia / 創設者・ディレクター
石原 紀彦 株式会社バルクホールディングス / 代表取締役
児玉 健 EMURGO / CEO
手塚 満 CTIA / CEO
久田 直次郎 楽天株式会社 / 執行役員
角谷 茂樹 QURAS / CEO 兼 創始者
トム・トローブリッジ Hedera Hashgraph / 社長
ディマ・ザイツェブ VentureBeat.com / ライター
ライアン・キング EMURGO HK / CEO
中川 賢史朗 PicUApp / 共同創設者 兼 COO
高田 徹 CoinDesk Japan株式会社 / 代表取締役社長 Zコーポレーション / 取締役 兼 パートナー
クインシー・ダジレット Boostchain / CEO
ヨアヴ・ドロール PumaPay / CEO
工学博士 高橋 宏尚 SKYHASH / Technical Advisor Preston大学 / 教授
アーロン・マクドナルド Centrality / 共同創設者
モシュ・ホゲグ Sirin Labs / 創設者 共同経営者
ニコラス・アルケロス EMURGO / CTO
マンミート・シン EMURGO / CIO
J トッド・モーリー Y2X / 共同創業者
石黒 不二代 ネットイヤーグループ / CEO Y2X / アドバイザー
デイヴ・シュラ― Y2X / 共同創業者
アンバー・ウルクハルト Forbes Cryptomarkets / MC InfiniumOne / 国際パートナーシップディレクター
カーティス・プロット・マック MIEX / 執行役員 InfiniumOne / 業務担当社員
シオドア・ツィ FIO / 執行役員 InfiniumOne / 業務担当社員
高田 充康 日本IBM / ブロックチェーン・ソリューションズ事業部長
へスリン・キム Polymath / 事業展開本部長

今回のカンファレンス・メインパートナーは、Forbes CryptoMarkets と IBM に決定している。

出典:JBC

またカンファレンスの後援は、経済産業省、外務省、横浜市経済局が入ることが決定した。

出典:JBC

詳しい内容や、チケット購入については、以下の通り。

アジア最大級のイベントに、都合を付けて参加してみてはいかがだろうか。

■実施概要

名称:「Japan Blockchain Conference(JBC)」- YOKOHAMA Round 2019 –

会期:2019年 1月30日(水) – 31日(木) 9時~18時

会場:パシフィコ横浜 ホールB

主催:一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会

■参加費用

・VIPパス 100,000円

※2日間のラウンジの利用、及び30日「After Party」31日「Celebration Party」への参加が可能。

・エキスポパス

事前登録 1日券:3,000円 2日券:5,000円

当日券  1日券:4,000円

■参加方法:下記サイトでの事前申し込み。もしくは、当日券での入場も可。

イベントページ:「Japan Blockchain Conference(JBC)」- YOKOHAMA Round 2019 –

■内容

① 展示ゾーン 国内外参入企業150社

② 講演会/セミナー ブロックチェーン著名ゲスト

③ その他コーナー

CoinPost読者限定の割引コード
割引コード:ad_0020
使い方
チケット購入時、割引コード欄に上記コードを入力で15%OFFになります。
チケット購入はこちら
イベント主宰者
代表理事 増山 壽一(旭川大学客員教授、元経済産業省)
理事 城島 光力(元衆議院議員、元財務大臣)
理事 池田 健三郎(経済評論家、元日本銀行)
理事 柏木 孝夫(東京工業大特命教授・名誉教授)
理事 中林 美恵子(早稲田大学教授)
理事 佐々木 信夫(中央大学教授)
理事 夏野 剛(慶應義塾大学大学院特別招聘教授)
所在地 〒102-0092 東京都千代田区隼町3−19 清水ビル6階
代表者 増山 壽一
設立 2018年5月
URL https://globalblockchain.or.jp/
事業内容 ブロックチェーン技術(関連、派生技術を含む)及び、当該技術を活用したビジネス(仮想通貨を含む)が急速に進展する中、当該技術の開発・活用及び関連ビジネスの展開に関係するプレイヤーの国際的連携を推進することによって、有機的な連関のもと、健全なビジネス環境の整備・発展及び適正な利用者保護を図ることに資する。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア