xRapid採用を示唆した海外仮想通貨取引所、計30種類のXRP基軸ペアを月末までに取引可能へ

BitrueのXRP基軸通貨ペア数が30組へ
XRP(リップル)を基軸通貨として採用したシンガポール本拠地の仮想通貨取引所Bitrueは、今月末までには計30ペアが取引可能となる事を発表した。なお、継続して新規XRPペアの公募も実施している。

BitrueのXRP基軸通貨ペア数が30組へ

シンガポール本拠地の仮想通貨取引所Bitrueは、1月11日と14日に、新たに8つのXRP取引ペアを公式で発表した。

Bitrueは、XRP(リップル)を基軸通貨とした取引ペアを積極的に提供することで話題となっている。

発表があった4取引ペア

  • HOT/XRP
  • NPXS/XRP
  • DNT/XRP
  • PRO/XRP

1月末に取引が開始となる新たな4取引ペア

            
  • EOS/XRP
  •       
  • POLY/XRP
  • XEM/XRP
  • VET/XRP

上記新規取引ペアの取り合いを開始する事で、同取引所のXRP取引ペアは計30種類となる。

なお、同取引所は、12月27日より、「コミュニティ・ユーザーから望まれる取引ペアを書き留めてください」と、追加のXRP基軸ペアを公募しており、これからも多くのペアが増えることが予想される。

xRapidの導入も視野に

Bitrueが積極的に取り込んでいるのは、XRP通貨のペアだけでない。

先日同社のCEOであるCuris Wang氏は自身のツイッターで、リップル社の国際決済ソリューションであるxRapidを将来的に導入する可能性を示唆した。

xRapidとは、クロスボーダーにおける送金決済の流動性を向上させながら、仲介手数料などの費用を最小限いしたい送金業者等を対象とした対策で、法定通貨をXRPに換金してから送金してから、送金先のユーザーが利用する法定通貨に両替する金融サービスプロダクトで、最近ではSBIVCなどを含む仮想通貨取引所を運営する企業からの利用発表も相次いでいる。

リップル社の最新報告によると、xRapidを含むサービスパッケージ【リップルネット】に新規参入した企業が13社となっており、特にxRapidの利用を決定した金融機関には、初めて銀行=Euro Exim Bankが加わっている。

XRPを含む仮想通貨市場の地合いは悪化しているが、金融機関によるxRapid採用が本格化することで、XRPの実利用化も今後加速しそうだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

世界初、仮想通貨XRPを海外送金に利用する銀行の重要性とは
Euro Exim Bankが銀行で初のxRapidとXRP利用を米第一四半期に開始する発表。リップル社送金技術の利点として送金スピードと透明性の2点を挙げ、競合他社との違いを評価した。
仮想通貨取引所Bitrueが「xRapidの導入予定」と発表|6種類のXRP基軸ペアを新規上場も
仮想通貨取引所BitrueのCEOはxRapidを将来的に導入する予定と明言。さらに、新たに6つのXRP基軸取引ペアを新規上場させたと発表した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら