仮想通貨取引所バイナンス、新通貨のエアドロップ対応決定 TRX(トロン)も一時12%の逆行高記録

BinanceがBTTトークンのエアドロップ対応へ
仮想通貨取引所バイナンスは、同取引所のみでトークンセールが行われるBitTorrentトークン(BTT)のエアドロップに対応すると、公式ブログにてその詳細を明らかにした。昨日からTRXはBTTに関連する好材料で逆行高を見せている。
エアドロップとは
条件を満たすことで、対象の仮想通貨を無料で入手できるキャンペーン。マーケティングの一環として、コインの認知度上昇を目的としているケースが多い。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

バイナンスがBTTトークンのエアドロップ対応へ

世界最大級の仮想通貨取引所Binanceは本日、同取引所のみでトークンセールが行われる予定のBitTorrent(BTT)のエアドロップに対応すると、公式ブログにて発表を行った。

Binanceで配布されるエアドロップに当たる注意点はこちら。

  • スナップショット:トロンTRXのブロックナンバー6,600,000、予定日2月11日
  • エアドロップの割合:1 TRX=0.11 BTT
  • 毎月のエアドロップにも対応、毎月の11日 9:00 AMに、TRXの残高をスナップショット
  •       
  • Binanceのユーザに分配されるBTTの計算の仕方:ユーザーのスナップショット時のTRXの所有数 / Binance側のスナップショット時のTRXの所有数 X Binance側にその月に分配されるBTT数
  • 100 TRX以下の残高には対応しない

他にも、OKExなどの主要取引所も続々と対応を発表している。

BTT、2019年〜2025年のエアドロップ・スケジュール詳細

昨日にも報道したように、2019年〜2025年のエアドロップスケジュール詳細は以下のように発表された。また、2月11日に決行される最初のエアドロップで、総流通量の1.1%に相当する108億9000万BTTが配布される。

エアドロップの長期的スケジュールは以下の通りで、最終的に2025年には総流通量の1.7%が配布される様、毎年配布する割合が0.1%ずつ上昇していく仕組みだ。(配布は毎月11日)

  • 2月11日、108億9000万BTT
  • 3月11日2019年〜2月11日2020年、毎月9億9000万BTT
  • 3月11日2020年〜2月11日2021年、毎月10億7250万BTT
  • 3月11日2021年〜2月11日2022年、毎月11億5500万BTT
  • 3月11日2022年〜2月11日2023年、毎月12億3750万BTT
  • 3月11日2023年〜2月11日2024年、毎月13億2000万BTT
  • 3月11日2024年〜2月11日2025年、毎月14億250万BTT
  • BitTorrentからのエアドロップの詳細はこちら

    バイナンスの査定クリアした新仮想通貨BTT、総流通量約20%をトロン(TRX)保有者にエアドロップ(無料配布)へ
    BitTorrent社が発行する新通貨BTTのエアドロップに関する情報が公開され、TRX保有者を対象に第1回は108億9000万トークンが無料配布される予定で、スナップショットは2月11日に記録される。

    トロン、再び逆行高

    BTTのトークンセールは審査などが厳しいBinanceの「ローンチ・パッド」で行われるため、このトークンセールの発表があって以来、トロンのメインネット上で発行されるTRC-10トークンとして、トロン(TRX)とBTT側に対する注目度が高まってきており、昨日発表されたエアドロップによって、低迷を続けている仮想通貨の全体相場に逆行し、一時12%の上昇を記録、現在も6%以上で推移。

    出典:Coinmarketcap

    ▶️本日の速報をチェック
    CoinPostのLINE@

    スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

    CoinPostの関連記事

    BitTorrentの元戦略責任者 仮想通貨トロン(TRX)に厳しい見解を示す
    仮想通貨取引所バイナンスのローンチパッドからのサポートが決定したBitTorrentのICO。それを機に、BitTorrentの元最高戦略責任者だったSimon Morris氏がトロンについて厳しい発言をした。


    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら