仮想通貨XRPとxRapid利用の送金企業、マスターカードやリップル社などの著名企業から資金調達成功

xRapid利用予定の企業が著名企業から資金調達
xRapidの利用を予定するSendFriendは新たに、リップル社、英バークレイズ銀やマスターカード財団から約1億8790万円を調達したことを発表した。

xRapid利用予定の企業が著名企業から資金調達

xRapidの利用を予定するSendFriendの11日の公式発表によると、リップル社、英バークレイズ銀やマスターカード財団から170万ドル(約1億8790万円)を調達した。

SendFriendは、米名門大学MITによって立ち上げられた企業で、海外の労働者によるフィリピンにいる家族への送金を最適化にすることを目指すという。

同社のCEOを務めるDavid Lighton氏は、今回の資金調達について、このように言及した。

今回の資金は、我々のチーム人員の確保やマーケティングの取り組みに活用することを可能にしてくれる。

先月、リップル社は1月の企業広報にて、SendFriendが仮想通貨XRPを利用する国際送金ソリューションxRapidを導入することを確認し、『米ドル→XRP→フィリピンペソ』の送金方式を数秒内で完結させることをSendFriend側も期待している模様だ。

なお、先日、初の利用銀行Euro Exim Bankを含む金融機関や送金業者5社が新たにxRapidの利用企業としてリップルネットに加入していることが明らかになった。

  • SendFriend
  • Euro Exim Bank
  • JNFX
  • FTCS
  • Transpaygo

12月に発表された世界銀行の2018報告書によると、フィリピンはアジアにおいて、340億ドル(2018年統計)に及ぶ、最も国内への送金金額の大きい国の一つで、年内サービス開始予定のSendFriendがどのようにxRapidとXRPを利用し、フィリピンへの送金コストの削減や速度の向上に注目したい。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

英Mercury FX、仮想通貨XRP(リップル)を利用する「xRapid」で数百万ドルの送金実験を予定
英Mercury FXは、百万ドル以上の資金をRipple社の送金ソリューションであるxRapidを使用して他国に送金する予定であることをHPにて明かした。xRapidの採用で仮想通貨XRPの実需が注目される中で、具体的な金額を明示した発表が行われた。
銀行を含む新規5社が仮想通貨XRPを利用する「xRapid」採用を表明|リップルネットは参加企業が200社超に
リップル社が米時間8日、同社が世界40カ国で展開するRippleNetに新たに13社が加入した事を発表した。その内5社は仮想通貨XRPを一部送金で利用する方針を示しており、特筆すべきは内1社がxRapidにとって初の銀行である点だ。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら