リップル社の投資部門、仮想通貨XRPのユースケースに特化する「XRPL」へ出資|最新版XRPレッジャーのリリースも

リップル社がXRPLラボへ出資、ユースケースの拡大へ
リップル社のVC部門「Xpring(スプリング)」は14日、中小企業を対象に、XRPの実用に特化した『XRPL』へ出資を行なったことを発表した。

リップル社がXRPLラボへ出資、ユースケースの拡大へ

リップル社のXRPユースケースVCインキュベーター「Xpring(スプリング)」の責任者を務めるVanessa Pestritto氏は14日、仮想通貨XRPの分散型台帳関連技術に特化した『XRPL』へ出資を行なったことを公式ブログで公表した。

XRPLの創設者兼主導開発者Wietse Wind氏は資金調達に成功したことについて、このように述べている。

Xpringから出資を受けたのは、夢が叶ったことだ。

開発資金が充実することにより、これから2年間、我々はXRPのレジャー、XRPLの開発コミュニティー、中小企業に向けたXRPのユースケースに関連するツールの開発に注力することができるようになる。

XpringのPestritto氏はXRPLの出資に際し、Xpringの事業目標などについて、このように言及した。

Xpringは、Interledgerプロトコル(金融機関向けの台帳システム)とXRPレジャーにおけるエコシステムの成長にフォーカスするため、我々が互換性のあるブロックチェーンとXRPの新たなユースケースに対するビジョンを持つ様々な開発者と連携することは非常に大切だ。

なお、XRPLへの出資の金額は現在明かされていない格好だ。

XRPL以外にも、以前はDharmaSecuritizeというXRP関連スタートアップが出資対象となり、XpringはXRPユースケースやXRPのエコシステムの普及、拡大に向けて、今後どのような企業へ出資を行うか注目されるだろう。

XRPレッジャーの最新バージョン

米時間13日、リップル社はXRPレジャーの最新版「1.2.0 」をリリースし、紹介を行なった。

出典:Rippl e

今回の更新は、「マルチシグニチャー・リサーブ」の修正案を導入し、署名者リストの予備条件を削減し、さらには送金検閲を探知し、不完全な送金に警告する機能や、分散型取引所に向けたシステム提供コードの改善策を含めている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨XRPとxRapid利用の送金企業、マスターカードやリップル社などの著名企業から資金調達成功
xRapidの利用を予定するSendFriendは新たに、リップル社、英バークレイズ銀やマスターカード財団から約1億8790万円を調達したことを発表した。
リップル社のマーケティング戦略責任者が辞任か|「仮想通貨XRPとリップル社」の区別認知に注力した人物
リップル社のマーケティング戦略責任者であるCory氏が辞任をしていると複数のメディアが報じている。同氏は、機関や投資家に対しリップルとXRPの関係性について説明をしてきた。同社の広報担当であるTom Channick氏は、Coindeskの取材に対して辞任を認めるような発言をしているものの、まだ公式の発表は出ていない。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加