仮想通貨イーサリアムのコミュニティ投票、新システム実装は80%が賛成に

仮想通貨イーサリアムのコミュニティ投票、新システム実装は80%が賛成に
現在、イーサリアム「ProgPoW」の実装の是非を問うコミュニティ投票で、80%以上の票が賛成に集まっている。投票結果に拘束力はないもののコミュニティの大多数がそれを望んでいることが改めて明確になるだろう。その結果からは、コミュニティはイーサリアムにさらなる非中央集権性を求められていることが推察できるだろう。

イーサリアム、コミュニティの大多数が「ProgPoW」実装に賛成

イーサリアムのブロックチェーン投票サイトCarbonVoteでの「『ProgPoW』の実装の是非を問う投票で、執筆時約83%の票が賛成に集まっている。なおも投票中。

1月には実装が仮決定(数ヶ月後)したものの、第三者機関によるコード監査の実施により、延期がなされる可能性がある中、改めてコミュニティの実装への賛成の意思が大方明確になった形だ。

投票方法は、「YES」と「NO」のそれぞれに用意されたコントラクトアドレスのいずれかに、ユーザーのウォレットから投票をする形式になっている。(0ETHを、最低30,000GASで転送)

なお以下は、2月16日現時点での投票の経過である。

出典:CarbonVote

大多数が賛成票を投じているが、CarbonVoteには、投票結果はコミュニティの意思を反映したものとして扱われるべきとする一方で、それは拘束力を有さないものであることが明記されている。つまり、今回の投票結果によって実装が完全な決定に至ることは約束されないということである。

ただ、ASICマイナーの寡占を防ぐアルゴリズムである「ProgPoW」をコミュニティ参加者の多くが望むということは、そこではさらなる非中央集権性が求められていることが伺えるだろう。

イーサリアムの開発者チームが今回の投票結果をどのように扱うか、今後に注目である。

「ProgPoW」の詳細記事はこちら

仮想通貨イーサリアム、コード監査のため『ProgPoW』実装延期の可能性が浮上
イーサリアムの開発者コミュニティは、第三者機関によるコード監査の実施を予定しており、以前に仮決定していたProgPoWの実装が延期される可能性が出てきた。
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

今月末に「大型アップグレード」を控える仮想通貨イーサリアム、脆弱性を取り除くPetersbergとは
大型アップデートにおける脆弱性が原因で2月27日前後に延期されたイーサリアム、解決案として二段階のアップグレード実装が予定されている。本文では「コンスタンチノープル」に向けた最新状況をまとめる。
仮想通貨イーサリアム、「ディフカルティボム」の影響で送金速度に遅延が生じる可能性とは
海外メディアとブロックチェーン開発者の見解では、現在のペースでディフィカルティボムがマイニングの難易度を上昇させれば、イーサリアムのブロック生成時間に更なる遅延が発生してしまい、送金速度の遅れなどDappsエコシステムに悪影響を及ばし得ると懸念される。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら