CoinPostで今最も読まれています

SBI北尾社長「仮想通貨を入れた金融商品をSBI証券で販売・XRP(リップル)をSBIレミットで利用」規制制定で事業を展開へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SBIグループの全体戦略

●フィンテック2.0に完全なブロックチェーン金融生態系

●デジタルアセット事業をなぜ始めたのか

●ブロックチェーン関連ファンドの設立

●デジタルアセットを基盤とする新たな金融生態系を構築

●SBIVCの取引所形式:開始予定時期を当初の2019年3月から7月に延期

●一部仮想通貨をいれた新たな金融商品を作り、SBI証券で販売へ

XRPを利用した送金をSBIレミットで利用へ

SBIグループの全体戦略

SBIホールディングス株式会社は3月6日、SBIグループの持続的成長に向けた全体戦略などを掲載するプレゼンテーション資料をHP上で公開、大和インベストメントコンファレンス東京 2019で発表された内容が明らかになった。ブロックチェーンに関連するSBIの最新動向が語られたほか、仮想通貨事業に関する内容も公開された。

フィンテック2.0へ

まず、SBIグループの持続的成長に向けた当面の全体戦略の冒頭部で、 SBIが考えるフィンテックの進化が語られた。

この中で、フィンテックの進化過程を「フィンテック1.0、1.5、2.0」と分類、SBIが考えるフィンテックの最終段階に、完全なブロックチェーン金融生態系が入ることを公式に発表した。

北尾社長は、完全なブロックチェーン金融生態系としてのフィンテック2.0では、「全ての金融サービスの中に、ブロックチェーンが導入されていく世界を作っていく」とSBI主導で、ブロックチェーン利用拡大を促進していく点を強調した。

フィンテック 1.0

1999年の創業後16年で金融サービス事業の生態系を形成

フィンテック 1.5

AI、ビッグデータ、IoT、ロボティクス等々の要素技術を既存の金融サービスへ導入、完成したオンライン金融生態系で活用

従来のWebベースのオンライン金融生態系上でブロックチェーンを活用

フィンテック 2.0

ブロックチェーンを中核技術とし、革新的な金融サービスを提供:完全なブロックチェーン金融生態系

フィンテック2.0は、ブロックチェーンが中核技術とした中で、大きく異なる点として強調されたのが「インターネット上で価値の交換を可能に」という点で、これまで不可欠であったWEB(World Wide Web)は必ずしも必要なものではなくなると見ているという。

SBIにおけるブロックチェーンの発展過程は、Web上でのブロックチェーン活用や分散台帳技術(DLT)も進展が見られるなかで、ブロックチェーンとWebとの融合アプリケーションが、フィンテック1.5の過程であり、WEB依存なしに、金融サービスへのブロックチェーン導入が行われる「完全なブロックチェーン金融生態系」が、フィンテック 2.0となるようだ。

デジタルアセット事業の開始背景

仮想通貨に関連するデジタルアセット事業をなぜ始めたのかについても語った。

北尾社長は、創業時から「投資、導入、それを拡散する」といった事業拡大の基本戦略を持っていることを強調。

有力な技術の多くはベンチャー企業から派生していることを背景に、ベンチャー企業へ投資するベンチャー投資を中心に投資を行ない(投資課程)、金融生態系に組み込んでいく流れを説明(導入課程)。また、拡散課程して、社会変革を起こすような可能性のあるものであると判断できれば、持続的な事業拡大や社会変革につなげるため、拡散を行なっていくとした。

ブロックチェーン関連ファンドの設立

これらの課程の中で、投資導入課程における「ベンチャー投資」として、2015年12月に設立したFintechファンドが、すでに資金回収フェーズへ移行していることを報告、新たなファンド立ち上げに動いていることを明かした。

新たなファンドとして設立されたのが、ブロックチェーンにも関連する「SBI AI&Blockchainファンド(通称:SBI A&Bファンド)」だ。

同ファンドは、AIおよびブロックチェーン分野を中心とした有望なベンチャー企業を対象として、2019年1月に新設されたファンドで、既に計55社、約250億円の投資を決定済みであると発表した。SBIホールディングス等からの投資も合せると約350億円にも上るという。

出資者としては、56の地域金融機関の他、機関投資家、 大手金融機関、企業年金基金等、計約130社が参画している。

導入課程

2022年までにブロックチェーン市場の予想支出額については、IDC Japanのデータを引用し、120億ドル規模まで拡大することに触れ、クロスボーダー決済や貿易金融、カストディ(有価証券の管理など)などの金融セクターや、サプライチェーン、資産/商品管理といった流通/サービスセクターが、その拡大分野として掲載された。

導入課程として、SBI証券の債券における業務プロセス等を対象に金融市場インフラへのブロックチェーンの適用可能性について日本IBM社と検証していることを明かしたほか、住信SBIネット銀行では国内初の勘定系業務でのブロックチェーンの実証実験に成功したことを報告した。

勘定系業務でのブロックチェーン活用事例としては、サーバーダウンが起こらず、250万口座想定の大量トランザクションにも対応が可能になったほか、9~15%程度のコスト削減効果がある試算ができたとしている。

デジタルアセットを基盤とする新たな金融生態系を構築

注目の仮想通貨関連動向に関してだが、CoinPostのインタビュー内でも語られた、仮想通貨の投機な流れから、実需・実用性を追求するステージへ移行する点が強調された。

北尾社長も、実需実用性を加味することが、仮想通貨にとって重要であるとみており、SBIとして実需をどのように導入するかで悪戦苦闘していると発言した。これらの動きをSBIが新設したファンドで後押ししていくという。

また、SBIグループでは取引所やセキュリティ等、広領域にわたるデジタルアセットを基盤とする新たな金融生態系が、ほぼ構築完了したことを発表した。

バーチャル・カレンシーズについて

期待されるSBIの仮想通貨取引所に関しても、新たに2点の新情報が公開された。

  • レバレッジ取引:通常国会での証拠金倍率の規制審議を経て実装予定
  • 取引所形式:開始予定時期を当初の2019年3月から7月に変更

これまで、SBIVCでは、現物取引のみで、レバレッジ取引の開始は未定とされてきたが、証拠金倍率に係る規制審議を経て、実装していくことを発表した。

また、上記レバレッジ取引等規制環境の変化に即した安全性強化のためのプライベートクラウドの導入に伴って、取引所形式のサービス提供時期を7月に延期すると発表した。よって、7月までは現在の販売所形式でのサービス提供、7月にSBIVCが本格稼働することになる。

SBI証券で使用しているAWSがDDOS攻撃を受け、その影響が証券システムに及んだ事例を受け、SBIVCではAWSではなく、自社開発の「プレイベート・クラウド」を持ちたいと言及。SBIVCの延期には、これらのシステム強化を行い、仮想通貨取引所としても万全のセキュリティ体制と強固なシステムを完備してから、スタートしたいとの理由があるという。

また注目内容として、仮想通貨業界において注目されている、国会の仮想通貨規制審議に関して、SBIの発表内容から、7月までに行われる可能性が浮上した。

仮想通貨をいれた商品を作っていく意向を示す

SBIは、SBIグループ出資先企業である米運用会社CoVenture Holding Companyとの仮想通貨ファンド事業が準備完了段階にあることを明かした。

北尾社長は、同ファンドで、一部仮想通貨をいれた新たな金融商品を作り、SBI証券で販売していく計画があることを発表したが、法制度ができるまで待ってほしいと、金融庁から話されているという。

よって、法案が制定され次第、事業を迅速に開始を開始していくとした。

XRPを利用した送金をSBIレミットで

また、仮想通貨関連商品が、法案制定前を理由に、一時中断していることを明かした北尾社長は、XRPを使った送金をSBIレミットで行なっていきたいとする意向を表明した。

これらのことを含め、規制の制定が優先され、制定されることで、仮想通貨に関連する複数の事業を開始できることを明かした。

SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』

SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』
SBIグループは、仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」など、仮想通貨事業にも注力している。同グループの北尾吉孝CEOに、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。ビットコイン市場やリップル(XRP)の展望などを伺った。
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア