CoinPostで今最も読まれています

ビットコインゴールドハードフォークを終え、アルトコインのターンか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインゴールドハードフォークを機に、仮想通貨市場の状況が変わりつつある
BTG付与を目的とした多くの投資家の心境や、SegWit2xの状況からもアルトコインに資金が徐々に戻っている。
SegWit2xのハードフォークの状況は、BTGより注意が必要となる。
SegWit2xのハードフォークは、ビットコインコミュニティ自体の分裂を招く可能性があるため、BTGとは状況が異なります。

ビットコインゴールドのハードフォークが25日の予定からブロックチェーンのブロック承認速度の関係で日時が繰り上がり、24日日本時間昼辺りに491,407 ブロックに到達。ハードフォークが行われました。

ビットコインゴールドに関して詳しい内容はこちらをご覧ください。

ビットコインゴールドとは/未だ知られていないBTGの本質
ビットコインゴールドとは、ビットコインのマイニングに注目して、その問題点の改善を目指した仮想通貨です。ビットコインのハードフォークにより誕生したこの通貨はリプレイ攻撃保護がされていない等の問題点があり、取引所が取扱に慎重な姿勢をみせています。

これに伴い、ビットコインゴールドはハードフォーク時の残高を基準として、付与または取引所が対応します。 現状、日本ではbitFlyerが唯一取引も行うことを発表した取引所になりますが、BTGがお客様に付与されるタイミングや取引開始日時などは追って詳細が公開されると思いますが、現状ではどちらも11月以降になるというスケジュールを公開しています。

bitFlyer対応スケジュール
日時(日本時間) 対応(予定)
ビットコインのブロックチェーンにおけるブロック高 491,406 ブロックが生成された時刻(10 月 24 日 9:00~13:00 頃の予定)(10 月 24 日更新)

【数量決定】

この時点でお客様が bitFlyer アカウントで保有しているビットコイン現物の数量*3に応じて付与される BTG の数量が決まります。

未定(11 月 1 日以降)

【BTG の付与、売買サービスの提供開始】

11 月 1 日(予定)の BTG ブロックチェーン稼動後、BTG分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合に限り、お客様に BTG の付与、及び BTG の売買サービスの提供を開始します。

未定(分岐後のBTGチェーンの動向をみて判断します。)

【BTG のお預入・ご送付サービスの提供開始】

BTG 分岐後の BTG ブロックチェーンの動向をみてBTG のお預入・ご送付サービスの提供を開始します。

ビットコインゴールド、ハードフォークを終え一時ビットコイン急落

チャートで見ると、ハードフォーク発生後BTC価格が大きく下落しました。(10月24日、コインチェックチャート参照)

10時付近に大きな下落が見受けられます。 この後BTC価格はある程度回復しましたが、前日比で下落しています。16時の時点では、BTC価格の下落は3%ほどとなっています。

仮想通貨市場の流れ

BTCの相場は、投資家の考えを上回る勢いで上昇しました。 このことからもアルトコインをBTG付与に向けて一時的にアルトコインから取引した人や、価格上昇に伴う新規参入などで、一時アルトコインバブルが約37%まで落ち込みました。そして、仮想通貨市場全体の時価総額の中で、ビットコインのシェアが約58%にまで到達しました。

この図(時価総額通貨割合図)で二番目に大きく紫色のグラフがイーサリアム、三番目に大きい青色がリップルとなります。 リップルやイーサリアムが大きく上昇し始めた4月前からイーサリアムが上昇している8月前辺りをアルトコインバブルと考えた場合、この時期は現在の状況とは違い今までビットコインのみが仮想通貨の代表であった状況を、ビットコインの資金を吸収しながら上昇しました。

これに大きく貢献、また注目されたのが世界中の多くの国からアクセスが可能なPoloniexやBittrexという仮想通貨のみの取引所の存在です。

そこから仮想通貨市場全体の拡大はあり、アルトコインの上昇は落ち着きながらBTCが再度台頭してきている状況がBTGハードフォークまでの状況です。

特に8月辺りの各国の仮想通貨規制の発表や投資銀行などの影響が落ち着いたあとから、BTGハードフォークまでの仮想通貨相場は、一部のアルトコインを覗き多くの資金がビットコインに流れ、アルトコイン投資者にとっては辛い時期であったことは間違い無いでしょう。

アルトコインのターン開始か?

次回BTCの価格に影響を及ぼすと考えることができるSegWit2Xのハードフォークは11月中旬の予定となっています。

しかし、これはBTG付与を目的としたハードフォークとは違い、BTCのメインブロックチェーンに関わる問題であること、ハードフォークの危険性や2xサポートを表明するコミュニティが不安定な状況を加味した場合、10月の大幅なBTC相場の上昇とそれに伴うアルトコイン全体の下落の状況には、一度終止符が打たれ、この日を境に状況が変わるのでは無いかと予想されます。

すでにBTCが約3%の下落率であったBTCに対し、アルトコインがBTC建てで大幅に上昇しました。

このように取引量順で、写真の一覧で見れる通貨は軒並上昇しています。

法定通貨建てだと、基軸通貨であるBTCの価格下落の影響も加味されるため、BTC建てほどの上昇はしていませんが、基本的に世界で取引できる仮想通貨の中のアルトコインはBTCが基軸通貨となるため、BTCの下落にはアルトコインにも大きな影響が及びます。

しかし今日の相場はビットコインが下落したなかアルトコインが大幅に上昇していることがわかります。 このことからもBTG付与を境に、BTCから大きくアルトコインに資金が戻ってきたと捉えることができます。

この相場はいつまで続くのか?

最近になり、ビットコインゴールド付与だけが投資理由ではなく、個人の新規参入者や大きな投資銀行がビットコインの投資に乗り出すというニュースも続いていることから、ビットコインの下落が大幅に続く状況は、この観点から見ると考えにくいでしょう。

しかし、このビットコインゴールド付与の目的であった仮想通貨投資者の多くは、次回のSegWit2xのハードフォークをどう捉えるか次第ですが、アルトコインの市場に戻ってくることが考えられます。

このSegWit2xのハードフォークが行われた場合、新たな通貨(ここでは2Xとします)が生まれる可能性が高いです。

しかし、ビットコインゴールドはあくまでもアルトコインがビットコイン保有者に対して配られるという形で行われるのに対し、2Xは今まで同じビットコインをマイニングしていたマイナーのコミュニティが分裂、違う性質をもったそれぞれのビットコインを支持しマイニングをすることで、2つのことなるビットコインブロックチェーンが生まれます。

直接ビットコイン自体の問題となり、コミュニティが分裂することにより、ビットコイン自体の資金ももう一方に移ることにより価値の分裂が起こる可能性もあります。

よって気軽にビットコインゴールドをもらおう!と考えている分裂とは本質的に状況が異なります。このことからもSegWit2xの前の状況次第では相場が大きく荒れる可能性があります。

この観点から考えると、まだハードフォークを控えていますがビットコインゴールドのハードフォーク終了を機に、アルトコインに流れてくる状況、またビットコインの相場上昇が足踏みする状況がある程度続くのでは無いかと考えます。

(これはCoinPostとしての考えのため、投資の状況判断は独自で考察した上で行なってください。)

CoinPostの考察

このようにビットコインゴールド、ハードフォークが行われたこの日が、長期的に見た場合にターニングポイントとなる可能性があるでしょう。

多くのハードフォークが発表され、個人で判断しにくい状況となっていることは間違いないですが、政府の介入など解決したわけでは無いことからも、仮想通貨は大きく伸びる可能性もあるが、未だ危険な相場でもあるという認識を持った上で、一概に一つの情報に捉われない情報収集と、投資判断をすることが大事になるでしょう。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア