CoinPostで今最も読まれています

【SBI発表まとめ】リップルの技術を利用した外国為替を2017年度実行予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SBIとSBI Ripple Asiaが主導する内外為替一元化コンソーシアムにおいて外国為替商用利用が2017年度内に行われる
外為替一元化コンソーシアムのRCクラウドで構築されているのは、「xCurrent」と呼ばれるシステムです。三菱東京UFJ銀行みずほ銀行りそな銀行を含む日本国内の多くの銀行が「xCurrent」を通じて「RippleNet」に統合されています。
内外為替一元化コンソーシアムにはメガバンクも参加している
次世代送金インフラ整備を目的としたこのプロジェクトには、三井住友銀行やゆうちょ銀行等61行が参加しています。

2018年3月期第2四半期決算説明会でのSBI発表内容まとめ

SBIホールディングス(以下、SBI)は2017年10月26日、2018年3月期第2四半期決算説明会において、様々な仮想通貨関連事業についての発表を行いました。

この記事では説明会資料で新たに発表された情報についてをまとめていきます。

モーニングスターのICO格付け事業の日付が決定

モーニングスターのICO格付け事業の開始予定日が2017年12月に決定しました。

ICO格付けは国内初の取り組みであり、既存の資金調達方法との差があるICOに対してどのように格付けするのか、その基準についても注目が集まっています。

SBI MAXX(仮)の名称変更

香港で開設予定とされていたグローバルな仮想通貨取引所「SBI MAXX(仮)」の名称が「Digital Asset Exchange(仮)」に変更されました。

はっきりとした開設日時は決まっていません。

Rippleのシステムを活用した外国為替が2017年度内開始予定

これが今回の最重要発表とみられています。今後のスケジュール欄に書かれていた

「内外為替一元化コンソーシアム」の国内金融機関とRipple社のグローバル送金ネットワークに参加する海外金融機関との間で、外国為替(送金)の商用利用を開始予定

という文章です。

この外国為替(送金)商用利用が2017年度内(2018年3月まで)に行われると発表されたのです。

つまりはメガバンク等多くの国内銀行が参加するプロジェクト内で、Rippleのシステムによる送金(外国為替商用利用)がもうすぐそこまで迫っているということです。

この情報を発表した際に、SBI北尾社長は

「もう全銀ネットなんか必要ないです。SWIFTなんか必要ないです。あんなものに大変なお金をかけてる時代は終わったのです。旧石器時代の遺物を後生大事に持っていたら、それと共に自滅するのです」

と強気な発言を残しました。

内外為替一元化コンソーシアムとは?

内外為替一元化コンソーシアムとは、SBIと事務局を務めるSBI Ripple Asia株式会社による、次世代送金インフラ整備を目的としたプロジェクトです。

2017年7月には参加銀行が61行に及び、三井住友銀行やゆうちょ銀行等メガバンクも参加し始めています。

ブロックチェーンや分散台帳技術などの技術を活用することで内国為替と外国為替を一元化、更には24時間リアルタイムでの送金インフラの構築を目標に掲げています。

内外為替一元化コンソーシアムのRCクラウドで構築されているのは、「xCurrent」と呼ばれるシステムです。三菱東京UFJ銀行みずほ銀行りそな銀行を含む日本国内銀行が「xCurrent」を通じて「RippleNet」に統合されています。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。

内外為替一元化コンソーシアム参加銀行一覧

  • 青森銀行
  • 秋田銀行
  • 足利銀行
  • 阿波銀行
  • イオン銀行
  • 池田泉州銀行
  • 伊予銀行
  • 岩手銀行
  • 愛媛銀行
  • 大分銀行
  • 沖縄銀行
  • オリックス銀行
  • 群馬銀行
  • 京葉銀行
  • 山陰合同銀行
  • 滋賀銀行
  • 四国銀行
  • 七十七銀行
  • 清水銀行
  • 十六銀行
  • 商工組合中央金庫
  • 信金中央金庫
  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • スルガ銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 第四銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中国銀行
  • 筑波銀行
  • 東京スター銀行
  • 東邦銀行
  • 東和銀行
  • 栃木銀行
  • 名古屋銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 農林中央金庫
  • 野村信託銀行
  • 八十二銀行
  • 百五銀行
  • 広島銀行
  • 福井銀行
  • 北洋銀行
  • 北陸銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • みちのく銀行
  • 三井住友信託銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 武蔵野銀行
  • 八千代銀行
  • 山形銀行
  • 山口銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 横浜銀行
  • りそな銀行
  • 琉球銀行

「内外為替一元化コンソーシアム」参加金融機関 追加のお知らせ~三井住友銀行、ゆうちょ銀行が新たに参加し、参加金融機関は61行に~

2017年7月11日 SBIホールディングス

参考記事はこちらから

2018年3月期 第2四半期 SBIホールディングス株式会社決算説明会

2017年10月26日 SBIホールディングス

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧