CoinPostで今最も読まれています

2019年以降、ビットコインよりも高い時価総額上昇率を見せた仮想通貨銘柄37選

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

時価総額が最も上昇した仮想通貨37選
2019年以降も低迷を続けるビットコイン市場だが、時価総額を上昇させているアルトコインも散見された。今回は、時価総額が1億ドルを超えている仮想通貨銘柄37選と、主な銘柄の上昇理由を掲載する。

時価総額が最も上昇した仮想通貨37選

2019年の3ヶ月間、ビットコインの時価総額と比較してさらに高い上昇率を見せた時価総額を誇るアルトコインを 海外仮想通貨メディアchepicapChepicapが発表した

2019年以降の仮想通貨市場は、昨年末の大幅下落からは落ち着きを取り戻し、底値圏からはやや反発した価格帯で推移している。

仮想通貨市場は、ビットコイン価格が2万ドルを超えた2017年末をピークに断続的な大幅下落を続け、2018年末には市場全体の時価総額は1020億ドル(11.2兆円)まで萎んでいた。

しかし、その後の仮想通貨市場は、ドミナンス50%を超えるビットコインを筆頭に、1400億ドル(約15.4兆円)までの回復を見せている。

実際、ビットコインの通貨自体の時価総額において、2019年以降の3ヶ月間では約8.4%の上昇が見られた。

1月1日時点で654億ドル(約7.1兆円)だった時価総額は、3月末時点で709億ドル(約7.79兆円)となっている。

今回は、時価総額1億ドル以上(約110億円)の時価総額を誇る通貨に限定し、2019年以降の3ヶ月間で時価総額が上昇したアルトコイン紹介する。

上昇率6〜10%

通貨銘柄で2019年に入ってから時価総額がおよそ6から10%上昇した銘柄は以下の5通貨だ。

  • Nano(NANO)
  • Bytecoin(BCN)
  • Omisego(OMG)
  • Decred(DCR)
  • Lisk(LSK)

リスク(LSK)

長らく下落傾向が続いていた仮想通貨リスクだったが、3月11日にはリスク財団が欧州連盟委員会の後援を受ける国際信用ブロックチェーンアプリケーション協会(INATBA)に初期メンバーとしての参画が発表されている。

EUからの後押しのほかにも、同協会にはSWIFT、Accenture、Fujitsu、Consensysなどが参画している。また最近ではリップル社やカルダノ財団も参入が決定しており、信頼性の高い団体への加盟が上昇のタイミングと重なっていた。

CoinPost関連記事

リスク(LSK)の高騰要因は?海外主要取引所に重要な動きが相次ぐ|仮想通貨市況
仮想通貨リスクの高騰要因を考察。海外取引所Bittrexの初IEOセールが迫る中、ICOバブル再来を彷彿させる市況にある。また、海外主要取引所の動きに、トークン価格が好反応した。

上昇率10〜20%

時価総額が直近3ヶ月で上昇した仮想通貨は、以下の6銘柄である。

  • Aeternity(AE)
  • Neo(NEO)
  • Tron(TRX)
  • Monero(XMR)
  • Dash(DSH)
  • Qtum(QTUM)

トロン(TRX)

上記の銘柄の中で最も話題となったのは、仮想通貨トロン(TRX)だろう。

仮想通貨トロンは、発行元のトロン社が昨年買収していたBitTorrent社の独自トークンBTTがバイナンスのICOプラットフォームで完売し、BTTのエアドロップがTRX保有者を対象に向けて行われることが材料視され、価格を上昇させている。

CoinPost関連記事

仮想通貨ビットトレント、異例の長期エアドロップを本日より開始|トロンやバイナンスへの影響とは
2025年まで続行予定という異例の長期エアドロップ、BitTorrent社が発行する「BTT」は11日第一回目より始動。価格への影響やトロンのエコシステムへの影響が注目される。

上昇率20~60%

時価総額が2019年20%から60%上昇した仮想通貨は、以下の通りだ。

  • Chainlink(LINK)
  • Maker(MKR)
  • Basic Attention Token(BAT)
  • Pundi X(NPXS)
  • EOS(EOS)
  • ICON(ICX)
  • VeChain(VET)
  • Bytom(BTM)
  • Komodo(KMD)
  • Tezos(XTZ)
  • BitShares(BTS)
  • Cardano(ADA)
  • DigiByte(DGB)

全体的な時価総額ランキングにおいても、上位のイオスは中国の北京情報センター(CCID)のブロックチェーン研究所が発行する国際パブリックチェーン技術評価指標において、数ヶ月間連続して1位を維持している。

CoinPost関連記事

第11回『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨リップル(XRP)順位が2つ上昇、ビットコインは15位と現状維持
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所は、仮想通貨に関連する第11回「パブリックチェーン技術評価」を公表。リップルは前月比で2つ順位を上げ、ビットコインのランクは変動せず15位を維持した。

上昇率60%以上

そして時価総額が2019年に60%以上も上昇した銘柄は以下の通りである。

  • ABBC(ABBC)
  • Enjin(ENJ)
  • Crypto.com Chain(CRO)
  • Ravencoin(RVN)
  • THETA(THETA)
  • Binance Coin(BNB)
  • Holo(HOT)
  • Huobi Token(HT)
  • Ontology(ONT)
  • Litecoin(LTC)
  • Augur(REP)
  • Steem(STEEM)

Crypto.com Chain(CRO)

Crypto.comが発行するCrypto.com Chainは3月にはいってから10倍以上の上昇を記録している。

CoinPost関連記事

3月以降に10倍まで高騰した「仮想通貨CRO」とは、相次ぐ上場で時価総額20位まで急上昇
仮想通貨Crypto.com-chainは3月に入ってから一時10倍の高騰を記録している。仮想通貨取引所への相次ぐ上場発表が刺激材料となり、時価総額20位にランクインする要因となった。

バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコインは、今年に入って最も注目を集めている通貨と言えるだろう。

通貨自体のアップデートは行われていないものの、発行元のバイナンスが独自のトークンセールプラットフォーム「バイナンス・ローンチパッド」を1月に開始して以来、毎月行われるトークンセールに投資家の買いが集まることで、BNBの上昇要因となっている。

CoinPost関連記事

なぜ仮想通貨BNBの最高値更新続く? 背景にビットコイン相場の低迷か
仮想通貨取引所バイナンスが提供するBNBの高騰が続いている。今回高騰した最新事例だけでなく、過去の流れからビットコイン建最高値更新までを解説。今後の展開を見る上での事例を紹介。

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)は8月7日に控える半減期が上昇要因の一つとして挙げられる。またそのほかにも匿名機能やミンブルウィンブル搭載の可能性がライトコインの人気上昇につながっていると言えるだろう。

現在25LTCであるライトコインのマイニング報酬は、8月初旬()に半分の12.5LTCに減少する予定だ。

CoinPost関連記事

仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目
昨日から高騰を高騰を見せているライトコイン、新たな匿名機能の導入発表に続き、高速決済システムの利用が4000店舗以上に拡大されることも明らかに。

Enjin(ENJ)

仮想通貨Enjinの上昇要因としては、2月後半に発表されたサムスンの新型スマホ「Galaxy S10」に搭載されているウォレットに対応通貨の一つであることが判明したことが挙げられる。

CoinPost関連記事

韓国サムスンの新型スマホ「Galaxy S10」ビットコイン、イーサリアムの他、仮想通貨2銘柄に対応へ|対象通貨が高騰
世界最大手のスマホメーカー「サムスン」が新型Galaxy S10のウォレットに、ビットコインやイーサリアムに加えて仮想通貨2種の追加対応を発表した。対象通貨の一つCOSMEEは、サムスン初となるdAppsプロジェクトだ。
▶️本日の速報をチェック
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア