分散型金融(DeFi)の預託資金が400億円を突破 仮想通貨で得る金利などに注目集まる

分散型金融(DeFi)の預託資金が400億円を突破
分散型金融(DeFi)への流入する仮想通貨など預託資金が大きく増加している。DeFiのプロジェクトが提供するインセンティブに伴う金利などを狙った運用方法にも注目が集まっていることを示すデータだ。

分散型金融(DeFi)の預託資金が400億円を突破

分散型金融(DeFi)関連トラッキングツール「DeFi Pulse」は、預託金額の総額が大きいサービスを順位付けしたランキングが発表さした。同報告書からトップ10のプロジェクトでロック(預託)されている仮想通貨の総額は4月に入り4.07億ドル(約454億 6608万円)を突破したことが判明しており、DeFiに高いレベルで利用されるようになってきていることが明らかになった。

分散型金融(DeFi)とは

Decentralized Financeの略。ブロックチェーンを金融分野に応用することで、中央管理者がいない透明性の高い金融プラットフォームの実現を目指す新たな分野。明確な定義は確率されておらず、複数のプロジェクトが発足している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

「DeFi Pulse」のデータでは、こうした分散型オープンファイナンス(DeFi)の成長を受け、預託されているETHは合計250万ETH(4億ドル強相当=約404億 3870万円)に達している。

ランキングを見ていくと預託資金に伴う金利などインセンティブ設計がより魅力的なプロジェクトが上位にある傾向にあったほか、大きなファンドや財団がバックアップするなど資金を預託するために重要な信頼性も重要視されている傾向が見受けられた。

本稿では、報告書で挙げられたランキングの上位プロジェクトの概要と預託金額を見ていく。

1位 MakerDAO ロック総額3億6200万ドル(約404億 3870万円)

MakerDAOは、ユーザーが安全に資産を預託できるスマートコントラクト・アドレスを提供し、ETHを担保資産として預け入れるとステーブルコインDAIを発行できるというシステムを構築している。ステーブルコインには法定通貨担保型や仮想通貨担保型、複数通貨を担保試算とするバスケット型などが存在するが、MakerDAOは仮想通貨を担保にしたモデルに該当する。

イーサリアムを担保資金とするが、価格はイーサリアムの価格に準拠するわけではなくUSD価格を基準として追随するため、価格を維持するメカニズムは非常に複雑なものになっている。通貨価格の下落を防ぐためのインセンティブ設計に注目が集まり、預託資金も増加傾向にあると考えられている。

圧倒的な預託金額の割合を誇るMakerDAO(メイカーダオ)のDAIスマートコントラクトには、220万ETHがロックされており、2万人がステーブルコインDAIを保有している試算される。

2位 Compound 2750万ドル(約30億 7200万円)

プラットフォーム上でETHやBrave(BAT)など5種類の仮想通貨を貸しだすことで、利子を得られる仕組みを提供している。イーサリアム上で稼働する分散型の金利市場となる。仮想通貨の貸し出し金利の高さには、他の金融マーケットからも注目が集まる新たな市場として発展してきた。

Compoundではこれまでの分散型金利市場に見られた個人間としてではなく、貸し出を行なったトークンを集約し高い流動性を実現、Contract対Walletの間で貸し借りを行えるプラットフォームとして注目を集めた。

利点としては、スマートコントラクトによってロックされた満期日などを待たずに、トークンの引き出しができる点も挙げられる。

現在の預託仮想通貨は4万ETH弱に達している。

3位 Uniswap 970万ドル(約10億 8364万円)

Uniswapは、既存のDEXとは異なる分散型取引所を提供するプロジェクトだ。トークンを流動性ツールとして提供し価格を自動算出するシステムを採用している。例えばDEXで偏る状況が散見される板取引による取引ではなく、固定レートでの即時交換をDEX上で提供し利便性を高めている。またその仕組みを支える流動性プールに、預託金を提供する事で手数料を得るインセンティブ設計も設けられており、新たなDEXの仕組みとして注目が集まっている。

同プロジェクトは、Ethereum Faundationからの10万ドルの資金提供を受けて発足しており、固有の株主などが存在しないことも評価点の一つにみられている。

これによりユーザーがさらに利用しやすいDEX環境を実現し、2月には100万ドル相当だったUniswap への預託総額は、わずか2カ月でおよそ10倍に増加した。

4位 Dharma 100万ドル(約1億 1171万円)

Compound同様、「仮想通貨レンディング」という位置づけにあるプロトコルで、イーサリアム上での債券発行を可能にするプロジェクト。

6位 Augur 98万ドル(約1億 947万円)

ETHをベースとする分散型予想市場プラットフォーム。仮想通貨の上場から選挙結、天候まで、様々なイベント結果を予想する市場で、ギャンブルの要素を備えている。これまで日本の取引所CoinCheckでも取り扱いが行われていた通貨Augur(REP)を有するプロジェクトでもある。

7位 Kyber 89万ドル(約994万円)

DEXおよび決済APIサービスを提供しているプロジェクトで、特徴は異なるブロックチェーン同士で決済が可能とするクロスチェーンの技術を利用している点だ。例えば、Kyberが提供するクロスチェーン決済APIを利用すると、利用可能通貨を送信することで、全てイーサリアムに決済した状況で受け取る事を実現することも可能だ。なお、新たに提携を結んだDAPP「NUO」によって、BTC、ETHまたはMKRで行うマージン取引や、仮想通貨を担保とする貸付も可能となった。

「本当の2位はENS」Twitterユーザーが指摘

某Twitterユーザーなど、ランクインこそしていないものの「MakerDAOに次いでETHの預託総額が高いのは、15万9691 ETH(2790万ドル相当)をロックしているEthereum Name Service(イーサリアムネームサービス/ENS)だ」と指摘する声もある。

しかし2017年6月には約5億ドル相当のETHをロックしていた事実を考慮すると、2年弱で相当量を急減した水準を示している。

市場は2018年初頭にDAIがローンチされて以来、海のものとも山のものとも分からないDeFiという分野を警戒し、その行方を観察していた感が強い。「一部のエキスパートがDeFiへの警戒心をゆるめ、ETHの応用が拡大したのは実質的にはここ4〜5ヶ月だ」と米メディアTRUSTNODESは分析する。ETHの普及がDeFiの急成長を加速させているのは間違いない。

こうした背景から、DeFiのさらなる成長と発展が期待したい。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら