カナダ大手金融会社、4年周期を根拠にビットコイン価格の20,000ドル到達を予想

ビットコインが2021年までに20,000ドルに達すると予想
カナダ・トロントを拠点にする国際的な金融会社Canaccord Genuityがビットコインの価格を予想。その根拠についてレポートを発表した。

ビットコイン価格の20,000ドル到達を予想

カナダの主要都市トロントを拠点にする国際金融会社Canaccord Genuityグループが、ビットコインの価格は2021年までに20,000ドルまで上昇すると予想した。

同社のレポートによれば、ビットコインの価格は、2011〜2015年、2015〜2019年と4年周期で変動を見せているという。

以下、いくつかポイントを挙げて予想を掘り下げていく。

  • マイニング報酬のスケジュールの影響
  • 同レポートによると、ビットコインの価格はマイニング報酬のスケジュールの影響を受けるという。210,000ブロックごとに報酬が半減するビットコインはその半減期が上昇相場の引き金になっている。

    半減期がビットコインの値動きと連動しているようには見えるが、同社はこれはあくまで過去のパターンであり、信頼できる分析というわけではないと注意も促している。仮に同じトレンドを繰り返すのであれば、2021年3月に過去最高額の20,000ドルに達するとの見解だ。

    なお、ビットコインの次の半減期は、ブロック数から逆算した場合、2020年5月23日に次回半減期が予定されており、12.5BTCから6.25BTCに減額が行われる。過去のケースでは、50BTCから25BTCに減少した2012年の11月末に価格が上昇に転じ、キプロス危機でのビットコイン需要拡大などを受け、4ヶ月で10倍以上と大きく高騰したこともある。

  • 規制強化の影響
  • Canaccord Genuity社のマイケル・グラハム氏は2018年に、規制強化はデジタル資産の価格にマイナスの影響を与えると発言した。それによって仮想通貨の値段を決めるのがより難しくなるというのがその理由だ。たしかに、規制の影響は日本だけではなく、世界的に考えていく必要がある。ハッキングなどセキュリティの問題も含め、こういった課題をクリアしていくことは非常に重要である。

  • 新規マネーの流入
  • ハイパーインフレによる自国通貨不安を抱えるベネズエラや、先進国最大のインフレ率となったアルゼンチンでのビットコイン需要の高まりを例にあげて、国際的に仮想通貨の普及が広がっていることも価格上昇の根拠としてあげている。また、ずっと言われているように機関投資家の興味を引けるかにも注目している。

上記レポートには取引量など、他にも価格上昇を予想する根拠となる情報が記されている。最近明るい兆しも見えてきた仮想通貨業界だが、バイナンスのハッキングなどマイナスな影響を与えるような大きな問題も起きている。マイニングの半減期など、Canaccord Genuityグループ社の予想通り上昇を続けていくのか、何か問題が起きるなどして下落に転じるのか注意していきたい。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら