CoinPostで今最も読まれています

藤巻議員、麻生大臣や国税当局と「仮想通貨税制」について議論|参議院財政金委員会

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

藤巻議員、麻生大臣や国税当局と仮想通貨税制議論
藤巻健史議員は、参議院財政金委員会で麻生大臣や国税当局に対し、現行の仮想通貨税制は「矛盾があり非合理的だ」として問題提起。租税法や国益の観点から、雑所得ではなく譲渡所得や分離課税が妥当だと主張した。

藤巻議員、麻生大臣や国税当局と仮想通貨税制議論

日本維新の会の藤巻健史議員は14日、参議院財政金委員会で麻生大臣や国税当局に対して、暗号資産の税制に関する質問を行った。

質疑応答の内容

藤巻議員

暗号資産の税制に関してどう思うか尋ねたところ、黒田日銀総裁は、暗号資産に対して「値動きが激しいことで、支払い決済手段としてはあまり使用されておらず、大半が投機目的だ。」と回答した。

(ビットコインなどの)暗号資産は、支払い手段としてではなく、値上がり目的で所有している人が大部分である、つまり、資産という認識なのであれば、税制区分としては「譲渡所得」になるのではないか? 先日の答弁で、日銀総裁が暗号資産は、資産だと断定したと認識している。

値上がり益を目的とした商品であり、金商法の規制下に入る暗号資産であるということは、金融所得課税の一環として、外貨預金の為替益と含めて、「損益通算のできる20%の源泉分離課税」とするのが合理的ではないかと考えるがいかがか?

主税局長

資金決済法などの一部改正案で、仮想通貨から暗号資産に変更するが、定義自体が変更されるものではない。

対価の弁済のため、不特定の物に使用できる財産的価値として規定される。消費税法でも、支払い手段に類するものとして位置付けられる。

外国通貨同様に、その売却益等は資産の値上がりによる譲渡所得とは性格が異なるため、現行の「雑所得」の取り扱いを変更する必要はないと考えている。

暗号資産の源泉分離課税の対象とするのは、総合課税における高所得者が負担を大きくする「所得再分配」の考え方を損なってまで、暗号資産取引を政策的に支援するというのは適当かどうかの課題がある。

藤巻議員

暗号資産の定義は支払い手段だとしても、事実として黒田日銀総裁も指摘したように、支払い手段としては使用されていない現状がある。

仮想通貨の資産性を認めるのではあれば、譲渡所得に該当しないというロジックは、租税法の大家である金子宏先生が、「解釈論では、譲渡所得にも一理ある」と述べていることに矛盾する。全部で10の区分がある所得分類で、その他すべてに当てはまらないものが雑所得として分類される。国税がこれを否定するのであれば、立証責任があるはずだ。

国税当局

租税法に関しては、大学教授など有識者による研究の末、様々な学説があることは承知しているが、国税当局としては個々の学説についての見解は差し控える。

その上で、暗号資産の所得譲渡益にかかる所得について国税当局の見解は、資産の譲渡に関する所得と定義されている。資産の値上がりにより資産の所有者に帰属する増加益を課税するものが趣旨である。

国税当局としては、「暗号資産は資産ではあるものの、譲渡所得の起因となる資産には該当しない。」という認識は変わらない。

藤巻議員

定義が資産ではあるが、事実として支払い手段としては使用されていない。現実(実態)に促して、税制や定義を変更するのが、国が行うべきことではないか?

租税法の学説よりも、国税の見解の方が優先されるのか。資金決済法の定義を実態に促したものに変えるべきだけの話ではないか?

3月10日の新聞に、経済界の重鎮が、「平成時代に米中(の経済成長率)に敗北した日本、インターネットの時代になぜ波に乗れなかったのか?」という社説を寄稿しており、その中で人工知能(AI)、仮想通貨、ブロックチェーンが新たに台頭する中、平成時代のように遅れをとってはならないと指摘している。

日本の将来を現行の「暗号資産税制」で殺して、日本の飯の種を奪うことになってしまっても良いのか?そうではなく、生かすために使うべきだ。

消費者物価指数が現在よりも低い中、1985〜90年のバブルで経済が狂乱した理由は、土地や株価などの資産価格が上昇したからだ。個人投資家の保有資産価値の上昇は、今苦しんでいる日本経済のデフレ脱却にもつながる。

若者の間で人気の仮想通貨の値上がりは、日本の税収源としても貢献することになるはずだ。日本が税制改正して、海外の技術を導入するようになれば、将来性のあるノウハウも国内に蓄積できる。

麻生大臣

暗号資産に活用されているブロックチェーン技術は、フィンテック分野で大きな可能性がある。 技術の安全性を確保しつつ、利用者の利便性向上につながるよう、様々な主体が活用にチャレンジしていくのは大事なことだ。

他方で、税務上の取り扱いに関しては、雑所得ではなく譲渡所得というのは、所得区分については性質によって分けられる。特定の政策判断で決められるものではない。

株式投資の分離課税は、所得税の「再分配機能」を一定程度損なってたとしても尚、家計の投資を後押しする「貯蓄から投資」という政策的要請を踏まえたものであり、これを暗号資産と同列に扱うことは現時点では難しい。

藤巻議員

大臣はブロックチェーンを未来があり重要だとしたが、ブロックチェーンと暗号資産はコインの裏表のような密接な関係性にある。

性質が異なるとしても、租税法の最高権威者が「暗号資産は譲渡所得になり得る」との学説も提唱している。日本が他国と比較して不利な税制に留めておくのは、将来のためにも合理的ではない。

CoinPostの関連記事

「仮想通貨税制に関して国の政策はどうするか?」仮想通貨税制を変える会・第3回公演レポート
藤巻健史議員が会長を務める「仮想通貨税制を変える会」の第3回講演会が議院会館で開催され、コインポスト編集部も参加した。今回は、ゲスト登壇したTAOTAOの創業者、尹煕元氏の講演を含めたレポートをお届けする。
『なぜ、仮想通貨の税制を改正すべきなのか』藤巻健史議員インタビュー(前編)
仮想通貨の税制改正問題など、国会の場で問題提起されている参議院議員の藤巻健史先生に、CoinPostで独占インタビューを実施。ビットコインなど現在の仮想通貨業界に関する見解を伺った。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア