インドの中央銀行がビットコイン及び仮想通貨の禁止を示唆

インドがビットコイン及び仮想通貨の送金と決済の禁止を発表
資金洗浄や詐欺等の誤った用途を危惧したようです。しかし、ブロックチェーン技術の今後の可能性については肯定的な姿勢をみせています。

経済をデジタルファースト社会(紙幣のデジタル化など)へと変える大胆な計画を発表したインド政府は、2016年11月18日に最も価値が高い二つの紙幣を廃止し、220億枚もの紙幣を貨幣制度から取り除き、紙幣デジタル化に取り組んでいました。

またIT大国であることも含め、2022年にはインドのデジタル経済が1兆ドルに及ぶと予想され、フィンテックのみならず、仮想通貨業界からも注目されている国です。

このような状況の中、現在金融分野で、多くの注目を集める仮想通貨は最終的に、インド政府やインド中央銀行を魅了することはできなかったようです。

公平性を保つため、事実のみを述べるとすると、インド中央銀行の局長が、ビットコインのようなデジタル通貨をインドで禁止するという合意に署名しました。

インド中央銀行の常任理事であるS Ganesh Kumar(以下、クマー氏)は

「私たちは、仮想通貨に使われている技術(ブロックチェーン技術)については今後も存続していくとは考えているものの、ビットコインを支払いや決済には使用しないことについては合意しています」

と、11月6日にムンバイでの会議にて語りました。

クマー氏は、インドにおいての仮想通貨に対する投機のほとんどは、衰退していく考えを示していますが、仮想通貨に使われているブロックチェーン技術については、大きな可能性を秘めているとしています。

インドの複数の銀行では、国際送金、国際決済やその他のプロセスをより良くするため、ブロックチェーン技術に注目しています。

数ヶ月間にわたって、政府は、公式に仮想通貨の規制には踏み切っていなかったものの、仮想通貨の規制に対して議論の勢いは増してきていました。

インドは、インド中央銀行によって支援を受け、独自の仮想通貨を発行する可能性を示唆していましたが、非公開の部分がある仮想通貨に対しての自信はさほどありませんでした。

インド政府が法定仮想通貨を発行する可能性
ブラックマネーと脱税への対応策として、インド政府が法定仮想通貨の発行を計画 政府が全面にビットコインに信頼を置...

インド中央銀行は、以前高額紙幣の廃止を決定し、自国通貨のデジタル化を目指した段階で、ルピーの代わりとなるブロックチェーンに基づく自国仮想通貨の発行を検討していました。

8月に、財務省が登壇した際も、仮想通貨の資金洗浄や詐欺等の間違った用途を危惧し、禁止するべき趣旨を語りました。

また11月6日にビットコインは、3ヶ月前と比べて倍以上となる価格に達したように、価格高騰やボラティリティの高さも政府が仮想通貨禁止を実施する一つの要因であったようです。

インドにおいての、仮想通貨エコシステムは非常に小さく、ビットコインは少数のレストランでしか使えず、同じく少数の仮想通貨取引所にて本や映画のチケットを購入できるものの、まだまだ発展しているとは言えない状況であり、インドでは投資目的による購入が大半を占めているのです。

そして、インドの仮想通貨取引所は今回の規制に対し、憤慨しています。

「私たちは、政府に仮想通貨を理解してもらえるように全力を尽くすつもりです。インドがフィンテックの拠点となることで、貧困層の金融への参加を始め、様々なメリットを得ることができるのです」

と、ビットコイン取引所Zebpayの共同創業者である Sandeeo Goenka氏は語りました。

India’s central bank is shutting the door on bitcoin and other crypto-currencies

Nov 6, 2017

参考記事はこちらから

CoinPostの解説

世界屈指のIT大国であるインドは、自国高額通貨の廃止とともに自国通貨のデジタル化や仮想通貨容認の姿勢が期待されていました。

銀行送金ソリューションで期待されるリップル社も、インドを次世代のフィンテック拠点と期待し、インドにオフィスを設立したばかりです。

リップル社がインドのデジタル経済を活性化!ムンバイに新しい事務所を開設
リップルがムンバイに新事務所開設。リップル社の新しい送金手段は今後インド経済にとって不可欠な役割を果たすでしょう。

経済をデジタルファースト社会(紙幣のデジタル化など)へと変える、大胆な計画を発表したインド政府からの仮想通貨禁止の意向発表は、世界に大きな衝撃を与えました。

しかし、ブロックチェーン技術には寛容で大きな興味を示していて、既に銀行で技術を取り入れ始めています。

よって今回の発表は、仮想通貨投資の不安定さ、または詐欺から自国民を守るという意味が一番大きいのではないか、と考えています。

インドで仮想通貨自体の禁止は起こり得る事実かもしれませんが、優秀な技術者が多く存在するインドは今後もITやフィンテック業界にとって重要な国であることは間違い無いでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加