CoinPostで今最も読まれています

「ビットコインだけではない」強気な仮想通貨市場で好調に推移するアルトコイン5選

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

上昇を続ける上位アルトコイン5銘柄
先日90万円に到達したビットコインを筆頭に、上昇ムードの仮想通貨市場。全面的に好調なアルトコイン相場の中でも特に上昇した上位通貨をピックアップして上昇材料を解説。

ビットコイン上昇に伴い好調なアルトコイン5選

27日のビットコイン急騰に伴い、アルトコイン相場も全面高を記録。仮想通貨市場全体の時価総額を見ると、昨日の時点で2500億ドル(約27兆円)を突破して現在は2700億ドル(約29兆円)を推移しており、これは昨年8月以来実に9ヶ月ぶりの高水準となった。

出典:CoinMarketCap

この上昇に伴い、ビットコインに付随して現在特に上昇を見せている上位アルト銘柄をピックアップした。

  • EOS
  • LTC
  • TRON
  • BSV
  • BNB

EOS

時価総額上位の仮想通貨EOSは直近1週間でおよそ20%以上の上昇を記録した。

出典:CoinMarketCap

上昇要因

今回のEOS上昇の背景には仮想通貨EOSの発行企業であるBlock.Oneは先週、自社株の買い戻しを行うことを発表したことが挙げられる。大手仮想通貨企業Galaxy Digital社CEOのMichael Novogratz氏やPayPalのPeter Thiel氏などが同社株を売却したことを公表した。

さらにBlock One社の公式サイトでも6月1日前後に大きな発表が示唆されたことで期待が高まった。

出典:block.one

なおBlock.one社は330万EOS(約27億円)相当のRAMを購入しているとの報道が飛び交っており、6月1日の発表は新たなdAppsであるとの見方が強まっている。

ライトコイン

仮想通貨ライトコインも心理的な節目として重要視されていた100ドルのラインを突破、現在は112ドル(約1.2万円)で価格推移を続けている。

出典:CoinMarketCap

上昇要因

半減期もおよそ70日以内に迫っていることが高騰要因とされており、ライトコインネットワークのハッシュレートが過去最高に到達したことが期待の高まりを示している。

出典:BitInfoCharts

現在ライトコインネットワークのハッシュレートは368テラハッシュとなっており、出来高も高水準を維持。通貨の半減期は発生期間の前後で価格の騰落が見られる傾向がこれまで記録されているため、8月に半減期が予定されているライトコインは今後も注視したい通貨となる。

CoinPost関連記事

仮想通貨ライトコインが前日比17%高騰 近づく半減期が要因か
ライトコイン価格(LTC)が、一時、前日比で約20%の高騰を見せている。半減期の予定が近づいていることが要因の一つか。

バイナンスコイン

最高価格を更新し続けている大手仮想通貨取引所バイナンスの発行するバイナンスコイン(BNB)は市場が上昇ムードに転換する前から上昇を始めていたが、直近1週間のレンジで見てもいまだに+20%の上昇水準を維持している。

出典:CoinMarketCap

上昇要因

バイナンスコインの継続した上昇の背景には取引所側の証拠金取引に関する「チラ見せ」や分散型取引所の開設など、開発が進んでいることが挙げられるだろう。

バイナンス公式側は週末にかけて以前から期待されてきた「証拠金取引」をほのめかすツイートを発信。これをBNB価格も前日比+10%の上昇を見せた。

実際に証拠金取引が開始した際には再び価格が変動する可能性が見られるため、今後も注目したい通貨だと言える。

CoinPost関連記事

バイナンスの証拠金取引開始は間も無くか|仮想通貨BNBはチラ見せで高騰
Binanceは待望の「証拠金取引」機能の画面をチラ見せしている。CZ氏もSNS上でサービスの開始準備を認めた。現在一部のユーザーにベータ版を提供しているという。

トロン

仮想通貨トロンは1週間比で+30%、前日比でも+10%弱の上昇を見せた。

出典:CoinMarketCap

上昇要因

仮想通貨トロン(TRX)もトロン財団のCEOであるJustin Sun氏が6月以降に重大発表を行うことを示唆して期待が高まっていた。

TronとBitTorrentで素晴らしくて大きなことが起きるところだ。6月1日以降に発表する。

仮想通貨トロンに並び、トロン財団が開発などに携わるBitTorrentトークン(BTT)も+250%以上の高騰を見せており、Justin Sun氏の影響力の大きさが伺える事例となった。Sun氏の今後の発表は注視していきたい。

ビットコインSV

また仮想通貨ビットコインSVは直近1週間で+90%の暴騰を記録して、昨年12月以来となる1万2000円台まで回復。

出典:CoinMarketCap

上昇要因

BSVは先週、開発に携わるクレイグ・ライト氏が米著作権局にビットコインのホワイトペーパーの著作権を申し出ていたことで急騰を見せていた。なお界隈からは著作権局に申請を行うこと自体は誰でも可能であることが指摘されていたが、その後も再びライト氏が姿勢を変えず自身がビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」であるという主張を続けたことで上昇が続いていると見られている。

CoinPost関連記事

ビットコインSVが前日比+50%の高騰、クレイグ・ライト氏が要因か
「サトシ・ナカモト」を自称するクレイグ・ライト氏が米著作権にビットコインのホワイトペーパーの著作権を申し出ていたことが判明。発表を受け、ビットコインSVは一時的に120%の急騰を記録した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧