『ビットコインの上昇トレンドに浮かれてはいけない』米投資アナリストが仮想通貨市場の注意点を解説

米投資アナリスト、ビットコインの上昇は
ビットコインが11,000ドルを突破する中で、投資家が今後も注意しないといけない点を米投資運用企業CEOが考察した。リスクオフの感度が高まっているが、未だ値動きの高さや時価総額の低さは変わらず、リスキーな部分は忘れずに考えておいたほうがいいと話した。

ビットコインはリスキーな資産

米投資運用企業BKCM社CEOのブライアン・ケリー氏が、仮想通貨ビットコインが週末にかけて2018年3月以来の11000ドル突破についてCNBC番組内で言及。ビットコインの上昇相場を評価しながらも、仮想通貨の投資にはリスク意識が必要である点を強調した。

ケリー氏は今回の上昇要因は、来年5月に控えるビットコインの半減期がすでに意識され始めたと説明する。半減期は、他の通貨の傾向からみても一定期間の上昇基調が伴う再現性がある貴重なファンダメンタルズ要因であるが、一般的には半年前より市場に材料視される傾向が強い(ケリー氏は一年前と話す)。

ただ、直近でライトコインが半減期に伴う急上昇を記録しており、年初来300%以上の高騰を記録していたことで、上昇トレンドにある中で、市場の意識が高まった可能性は否めない。ケリー氏の発言は以下に記載する。

ビットコインは年初来騰落率はおよそ+200%と驚異的な数値(実際は約+170%)を記録しているが、実際には新たな買いの目線が市場で強まったことが挙げられる。一番影響を及ぼしているのは、以前から話題に挙げているビットコインの供給量減少(半減期)がある。

これまでの傾向から、半減期の前後およそ1年間は価格が上昇がみられている。

半減期の相場への影響を詳しく知りたい方は、こちらで解説しています

仮想通貨価格に大きく影響する「半減期」とは、ビットコインやライトコインなど過去の事例から独自考察
仮想通貨価格に大きく影響するビットコインなどの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。今夏に控えるライトコインなどの半減期を踏まえ、過去の値動きから可能性とリスクを徹底解説。

ケリー氏は以前にも同様な見解を示し、半減期が価格上昇の大きな要因となることを強調してきた人物だが、価格高騰も投資家はビットコインのリスキーな面には注意しないといけないと注意喚起を促した。

5月の相場急騰時には米中貿易摩擦など、国際情勢の先行き不透明な状況がビットコインに対して逃避資産(リスク・オフ)とみる見方を強めた。これは地政学的リスクに対する警戒感が強まっていく中で、ニューマネーが流入し、金のような逃避資産と類似した値動きが確認されたことに理由があるが、未だ値動きの高さや時価総額の低さは変わらず、リスキーな部分は忘れずに考えておいたほうがいいとみる意見だ。

『ビットコインは100%ボラティリティだ。最も価格変動率の高い資産クラスだと言える。』と話すケリー氏だが、資産としての成長(本格的に大口から逃避資産として見られるタイミング)や、上昇相場が本格化するタイミングに、デジタル・ゴールドとして金越えが重要だと考えている。

そういった意味で、2018年に温度感が高まったETFの動向は重要な側面を持っているといえるだろう。

また、過去の再現性で注目される2014年の値動きでも、今回のような急騰後に大きく反落する動きが確認されている。中長期の目線が変わらない場合も、一定の下落が伴う可能性は、ビットコインの歴史から見ても注意点としてみておきたいポイントとなりそうだ。

関連記事

4年ぶりの最重要ファンダ「ビットコイン半減期」まで残り1年、仮想通貨市場への影響を探る
2020年5月頃に見込まれるビットコイン半減期。2016年以来、4年ぶりの”最重要ファンダ”が仮想通貨市場に与える影響と、海外専門家の見解など今後の展望を解説。
仮想通貨ビットコイン今後の展望|ウィンクルボス兄弟も重視する10,000ドルの心理的節目
米仮想通貨取引所ジェミナイを運営するウィンクルボス兄弟らが10,000ドル(108万円)の心理的節目について見解を述べている。ビットコイン(BTC)の上昇要因に触れながら、今後のムーブメントを予想した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら