CoinPostで今最も読まれています

ライトニングビットコイン(Lightning Bitcoin)とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインハードフォーク銘柄続出
ビットコインハードフォークが相次ぎ、ビットコイン所有者は少しうんざりしているかもしれませんが、その中でも価値を持つ可能性のある通貨の内容は知っておく必要があります。
ライトニングビットコインの特性
目的は取引処理の迅速化です。具体的な目標はブロックサイズ2MBを維持し処理時間3秒に短縮、毎秒千から一万の取引処理ですが、これが可能になるのは数年先の話だと著者は指摘します。

【ビットコインから派生するハードフォーク通貨】

ハードフォークブロック数:#499999

ハードフォーク予定日時:2017/12/23予定(ブロック数に依存する)

ビットコインのハードフォークにはうんざりな方が多いと思います。

過去数週間に金銭的利益のためにビットコインを乱用する事例をたくさん見てきました。

しかしこれらの要素がライトニングビットコインチームを止めることはないようです。

ライトニングビットコインは新しい形のビットコインですが、特別ビットコインやビットコインキャッシュを脅かす存在となる訳でもないようです。

もうじき導入されるライトニングビットコイン

今後数年どのくらいの数のビットコインフォークが市場に登場するか関心をひきます。

驚くことに、フォーク通貨のための市場は実際に存在しますが、ほとんどの方がビットコインの代わりを見つけることは容易ではないと言います

多くのフォークが五年前のように仮想通貨界のイメージを悪くする可能性があります。

ライトニングビットコインは一見魅力的に思えますが、手に負えなくなる現実が目に見えます。

ライトニングビットコインの主なセールスポイントはビットコイン迅速化です。

ブロックサイズ2MBを維持し、処理時間3秒を達成します。

数か月前の8MBブロックのフォークと比較するとペースの変化は興味深いです。

目的は毎秒千から一万の取引を処理することで、もちろんこれを達成すればビットコイン系コインとしては記録的進化となります。

結局のところ、毎秒取引できる数は限られるため、これはビットコインの一番大きな欠点です。

ライトニングビットコインはDPoS認証メカニズム(投票と簿記権を分散するシステム)を利用してこれを解決する予定です。

ウェブサイトによると、『利用者はトークンを所有する限り真の自立性を獲得できる』そうですが、同時に、この認証システムはそもそも完璧なですセンサスモデルが存在しないためライトニングビットコインの裏目に出る可能性もあります。

このトークンはビットコイン保持者に1:1の比率で配当されます。

その上に、ライトニングビットコインはスマートコントラクト対応が備わり、利用者独自の仮想通貨発行を可能にします。

これによりイーサリアムとの競争はさらに激しくなりますが、そもそも現在も今後もなぜ利用者がLBTCエコシステムでトークン発行するかは謎のままです。

さらにこのコインはプライバシー強化のためにzero-knowledge proofとクロスチェーンアトミックスワップを融合し、エコシステム内でdApp開発にも対応しています。

これらは面白い機能のコンボですが、ビットコインコミュニティの人気を得ることはできないでしょう。

コインの目的はビットコインネットワークのブロック数が499,999に達成したとき、新しい通貨を発行することです。

これは次週始動予定のメインネットを踏まえ、今後数週間で実装するでしょう。

スマートコントラクト実装は来年第3四半期まで行われませんが、目標の10,000TPS(毎秒処理取引数)は2019年までは達成できないでしょう。

これは正式なロードマップに見えますが、LBTCの価値は主に憶測によって決まるだけでしょう。

ビットコインやコンセンサスアルゴリズムや他のハードフォーク以外に、この新しいネットワークを設定する物はありません。

この新しいコインは初日からいくつかの取引所で交換されるでしょう。

主にCEX、Gate.io、BTCCや他のアルトコイン対応交換所です。

当たり前ですが、現時点でライトニングビットコインなどのフォークに向けてビットコインを保持する必要があります。

ライトニングビットコインが最後のフォークではないでしょう。それだけは確かです。

What Is Lightning Bitcoin?

JP Buntinx November 30, 2017

参考記事はこちらから

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧