顧客情報漏洩指摘でバイナンスに300BTCの身代金要求 CZ氏は『FUD』として対応表明

バイナンスが顧客情報漏洩『FUD』に対応
テレグラムのチャネルでバイナンスのユーザーと称されるユーザーの個人情報が拡散。バイナンスの代表者はいくつかの「不一致」を指摘、現在情報の真偽を検証していると伝えた。

バイナンスが顧客情報漏洩『FUD』に対応

匿名機能が特徴なテレグラムの1つのチャネル上で、取引所バイナンスのユーザーとされる人物の個人情報(KYC情報:写真、パスポートのコピー、ID)が拡散されている。いわゆる個人情報が流出したとされる指摘が行われている。

本日で数千人がそのチャネルに参加した。

仮想通貨メデァイTheBlockはバイナンスに連絡を取り、このKYC情報漏洩が内部漏洩なのか、KYCのフィッシング被害なのか、あるいはKYCの情報を売るサービスの仕業なのか聞いてみた。

バイナンスのグローバルPRマネージャーを務めるLeah Li氏はTheBlockにこのように答えた。

テレグラムに流れているKYC情報は、我々のシステムにあるKYCとは不一致が見られる。

現在、写真など明かされた写真にはバイナンス特有のウォーターマークが付いていないため、バイナンスから取得された情報を証明するものはない。

なお、Li氏は「それらの情報の流出源が不確かであるため、我々のセキュリティチームは情報のソースを検証している。」と述べ、TheBlockに対して、「バイナンスのホームページでじき最新の発表を行う。」と伝えた。

バイナンスのCEOであるCZ氏はツイッター上で、「KYCリークというFUDには要注意だ。我々は現在捜査している。わかり次第また最新の状況を届ける。」と言及した。

最新情報:バイナンスの公式発表によると、正体不明な個人がバイナンスに対して、300 BTCを要求し、バイナンスKYCに似た10,000もの写真との交換を求めている。

なお、犯人は写真における確実な証拠を見せていない。

バイナンス側は法的機関に通報しており、犯人の特定および告訴に貢献したユーザーには25 BTCの懸賞を提供すると発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら