CoinPostで今最も読まれています

スターバックスWifi経由でPC乗っ取り後、マイニングに使用される事件が発生

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブエノス・アイレスでのスターバックスで起きた事態
先日ブエノス・アイレスのスターバックスにて、店舗のWifi経由で顧客のノートパソコンを一時的に乗っ取り、勝手にその処理能力を仮想通貨マイニングに使用されていた事件が露わになりました。
スターバックスの主張
スターバックスは、この問題に対し、会社自体がそのWifiを所有、管理しているわけではなく、あくまでもインターネットサービス・プロバイダーの問題であると主張し、今後このようなことが起こらないよう努めていく次第であると語りました。

StensulのCEOであるNoah Dinkin氏(以下、Dinkin氏)が先日ブエノス・アイレスのスターバックスに行った際、彼は裏で動く仮想通貨マイニングコードがコーヒーと一緒に提供されているとは思っていませんでした。

しかし、店舗のインターネット・プロバイダーによって図らずも彼は、そのマイニングコードを実行することとなったのです。

「スターバックスの皆さんこんにちは。皆さんは、ブエノス・アイレスの店舗の Wifi プロバイダーによって、最初にWifiに接続する際10秒ほどの遅延が生じ、その間に顧客のノートパソコンを使ってビットコインマイニングが行われていることをご存知でしょうか。」

とDinkin氏は12月2日にツイートし、

「ブランド精神に少々反しているように感じます。」

と補足しました。

Dinkin氏は、ビットコインがマイニングされたデジタル通貨であると語りましたが、マイナーにコードを提供したのはCoinHiveという競合の仮想通貨モネロと関係のある企業でした。

内密に行われる仮想通貨マイニングは、最新のちょっとした流行となっています。

仮想通貨の価値は急激に上昇しており、それに伴って企業やウェブサイトは、ユーザーのブラウザからコードを埋め込み、コンピュータの処理能力を乗っ取ってデジタルトークンをマイニングするゴールドラッシュのような状態になっています。

そして、”マイニング”として知られるこのプロセスは、コンピュータのリソースを使用し、そのパフォーマンスにも影響を与えるのです。

12月11日に、スターバックスはDinkin氏のツイートへの返信でその問題を認め、既に解決されたと言及しました。

Dinkin氏がマイニングコードに気づいたブエノス・アイレス店舗周辺ではもう秘密裏に乗っ取られることはないようです。

スターバックス公式アカウントはDinkin氏に対して

「先週、特定の店舗でのご指摘がありましたが、インターネット・プロバイダーがその問題を解決できるよう迅速に対応し、適切な変更を行い、顧客の皆様に安全に店舗でWifiを利用できるように努める次第です。」

と言及しました。

スターバックス広報担当者のReggie Borges氏(以下、Borges氏)は、Motherboardに対し、これはブエノス・アイレスでのみ発生した事態であり、サービス・プロバイダーに問題があっただけに過ぎず、スターバックス自体に問題があったわけではないことを主張しました。

「先週、この問題に対してご指摘があり、インターネットサービス・プロバイダーに問い合わせました。スターバックスのWifiは、弊社で所有しているわけでも管理しているわけでもないのです。」

とBorges氏は電話越しに語り、

「私たちはお客様にインターネットを安全なWifiを通じて利用してもらいたいと考えており、今後このような事態が起きたらサービス・プロバイダーと密に連携を取るよう努めていきます。」

と補足しました。

そして、

「このようなことが私たちの店舗で広がる心配はしていません。」

と主張しました。

実際、混雑したコーヒーショップでWi-Fiにログインしている不特定多数のノートパソコンを使用して仮想通貨をマイニングするというのは利益を得るのに非常に優秀な方法と言えるでしょう。

しかし、これは明らかに侵略的で不適切な方法なのです。

もしあなたが今後お気に入りの場所でエスプレッソを飲みながらEメールをチェックする機会があれば、あなたのコンピュータがせわしなく動いていないか注意を払うのも一つの手でしょう。

Starbucks Wi-Fi Hijacked People’s Laptops to Mine Cryptocurrency

Dec 13, 2017 by Jordan Pearson

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

今回の話題は、公衆Wi-Fi経由での不正利用の危険性の記事となりますが、仮想通貨に関連するもので、Wi-Fi経由で携帯のウォレットなどから仮想通貨が盗まれた事件も発生したとの報告もあります。

このように仮想通貨は、オンライン管理であるため、ブロックチェーンのセキュリティは高くても、それぞれ仮想通貨を保存や取引をする媒体を狙われる可能性は大いにあります。

自己管理が一番重要となる仮想通貨に関するサービスを外で利用する場合は、公衆で利用できるネットワークへのアクセスは極力避けることが必要となるでしょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧