次は2021年 BTC採掘難易度から次回の市場成長期=仮想通貨研究者

仮想通貨研究者がビットコインの価格を予想
ビットコイン(BTC)の採掘コストが市場を左右する一大要因とみる仮想通貨研究者は、次回の市場成長期は2021年に見据えている。過去の価格の動きと採掘難易度を組み合わせた予測を行なった。

採掘難易度からビットコインの価格を予測

仮想通貨研究者の「PlanB」が、ビットコイン(BTC)の採掘コストが市場を左右する一大要因とみており、過去の採掘難易度パターンから、次回の市場成長期は2021年で、価格のターゲットは3万ドルから30万ドル(約320万から3200万円)であるとする予想を行なった。

同氏は以前より、仮想通貨業界特有のマイニング(採掘)において、マイナーの採掘コストに影響する採掘難易度がビットコイン(BTC)価格を予測するための指標になる可能性があるとみて注目している

ビットコインの歴史上で3回あった主な強気相場は、全てマイニングの難易度が底に達した後に開始しており、その点から予測すると、今年の市場は堅実な成長を遂げることができると説明している。

ビットコイン価格と採掘難易度を組み合わせた上記ツイートのグラフから、ビットコインの採掘難易度が最も低くなったポイントは、2012年始め、2015年の第2四半期、そして2018年末であったことを指摘。また、難易度の下落が3年から4年の周期、または採掘難易度の底が観測されてから概算で2万ブロック後に訪れることを試算したという。

そのタイミングが次回訪れるのが2021年頃と予想。グラフを元にした計算から、価格に幅を持たせて、上述した価格を予測した。

CoinPostの関連記事

アムステルダム証券取引所トレーダー「ビットコインは天井ではなく、買い集め期間」
アムステルダム証券取引所のトレーダーであり、仮想通貨アナリストでもあるCrypto Michael氏(以下Michael氏)は2020年5月に迎えるビットコインの半減期に向け、ビットコインが買い集められている相場であると見解を示した。
米ミレニアル世代、リセッション局面に備えて「仮想通貨」に注目
eToroによる調査の結果、ミレニアル世代の40%が景気後退時には暗号資産(仮想通貨)に投資したいと考えていることが分かった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら