CoinPostで今最も読まれています

ビットコインキャッシュとKomodoのアトミックスワップが成功

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)とKomodoの初アトミック・スワップが成功
BarterDEXを利用したビットコインキャッシュとKomodoの初めてのアトミック・スワップが成功しました。
ビットコインではなくビットコインキャッシュでアトミック・スワップを行う理由
ビットコインは高手数料と遅い確認処理によりアトミック・スワップ自体が難しいと言われています。
アトミック・スワップを利用する利点
中央集権型取引所による観察者がいないため、仮想通貨を両替する際に確認作業が必要ありません。

アトミックスワップに関して意味を知ってから記事を読みたい方はこちらの記事を参照ください。

【仮想通貨取引革命】アトミックスワップとは
アトミックスワップとは、取引所の仲介なしで仮想通貨取引を行う事が可能になる仕組みです。第三者の仲介を省く事で取引速度が向上し、不正な取引のリスクも減ります。アトミックスワップを成功させた通貨にはビットコインとライトコインがあります。

アトミック・スワップは仮想通貨界ではすっかり人気になりました。これはアトミック・スワップによって多くの問題が懸念される現在主流の中央集権型取引所(企業が運営する取引所)が必要となくなるからです。

最も大きな課題の一つは元々互換性のないブロックチェーン間の取引を可能にすることです。

このアトミックスワップはすぐに全通貨が行うことが可能というものではありません。

ビットコインキャッシュとKomodoの初めてのアトミック・スワップはBarterDEXプラットフォーム上で成功しました。

ついにビットコインキャッシュが関わるアトミックスワップが発表されました。

ビットコインキャッシュアトミック・スワップ成功

ほとんどのアトミック・スワップはビットコインを用いた取引です。中央集権型取引所が人気である主な理由はビットコインを様々なアルトコインと両替することができるからです。

またLitecoin創設者Charlie Lee(リー氏)が自らDecred開発チームとアトミックスワップを行ったことでLitecoin及びDecredもメディアによって大きく取り上げられていました。

この方法が用いられなくなり、資産が直接取引されるようになったとき、仮想通貨界はさらに繁栄するでしょう。

しかし、プロトコルレベルでのアトミック・スワップを目の当たりにするにはまだ早いです。

BarterDEXなどのソリューションはビットコインのアトミック・スワップに対してあまり積極的ではありません。

高手数料と遅い確認処理によりアトミック・スワップ自体がほぼ不可能なため、アトミック・スワップにおいて全てのビットコインサポートを廃止する予定です。

BarterDEXはビットコインよりもビットコインキャッシュに興味があります(そしてビットコインキャッシュとKomodoの最初のアトミック・スワップは成功しました)。

今回の成功はバリューの直接取引が可能であることを示し、BarterDEXと関係する仮想通貨にとって大きな前進となりました。

今回のアトミック・スワップでは買い手はBarterDEXを利用し、Komodo(KMD)でビットコインキャッシュを購入し、手っ取り早い取引が行われました。

これにより、多くの新たな可能性が生まれ、BarterDEXとKomodoはアトミック・スワップの未来にとって大きな役割を担うかもしれません。

つい最近、ライトコイン(Litecoin)もチェーン上にてアトミック・スワップに関わったことも記憶に新しいかもしれません(BarterDEXとは無関係)。

アトミック・スワップが引き起こす有益な変化とは

アトミック・スワップはユーザーにとって多くの有益な変化をもたらしました。まず最初に、中央集権型取引所による観察者がいないため、仮想通貨を両替する際に確認作業が必要ありません。

これはもちろんサイバー犯罪者の注意を引きますが、同時に熱狂者にとって仮想通貨をあるべき姿のままに利用できるようにします。

このエコシステム全体は分散化に焦点を置いているため、中央集権型取引プラットフォームに頼る必要が全くありません。

今回成功した取引がビットコインキャッシュエコシステムにどのような影響を及ぼすかが楽しみです。

ビットコインと比べるとまだアルトコインではありますが、ビットコインキャッシュエコシステムがかなり成長し、多くの有益な発達を経験したことは間違いありません。

特にBarterDEXがビットコインサポートの廃止を予定している今、ビットコインキャッシュが仮想通貨アトミック・スワップにとって不可欠な存在になる可能性が十分にあります。

ビットコインキャッシュにとっては以前より断然明るい未来が予想されるでしょう。

仮想通貨界が成熟し、世界的なバリュー移動および取引方法を独自に生み出し続けていることは明らかです。

KYC(Know your client/customer)およびAML(anti-money laundering)規制を強要する取引所が増える中、分散化取引所ソリューションやアトミック・スワップが代役として最適であることは明らかです。

この技術が広まるまでは数年かかるかもしれませんが、その進歩はかなり頼もしいです。

First Atomic Swap Between Bitcoin Cash and Komodo Is a Success

Dec. 17, 2017 by JP Buntinx

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

アトミック・スワップによる取引がより多くの通貨で成功を収めた場合、第三者の仲介を省く事で取引速度が向上し、不正な取引のリスクも減るでしょう。

本文にも述べられていますが、ビットコインでは高手数料と遅い確認処理によりアトミック・スワップを行うことは非常に困難です。

そうした中でビットコインキャッシュはビットコインにない特徴を持ち、今回の成功やCoinbaseをはじめとした数々の取引所との上場を見てもさらに価値を高めていくことが予想されるでしょう。

【仮想通貨取引革命】アトミックスワップとは
アトミックスワップとは、取引所の仲介なしで仮想通貨取引を行う事が可能になる仕組みです。第三者の仲介を省く事で取引速度が向上し、不正な取引のリスクも減ります。アトミックスワップを成功させた通貨にはビットコインとライトコインがあります。
仮想通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)ニュースまとめ
ビットコインキャッシュ(BCH)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア