米リップル社支援のCoil、モジラなどと共同で1億ドルの支援金プログラム創設

Coil モジラなどと共同で1億ドルの支援事業に
Coilは、非営利団体のモジラ、クリエイティブ・コモンズと共同で、1億ドルの支援金プログラムを立ち上げた。マネタイズ・プラットフォームにおけるウェブ収益化の向上推進を目的とする。
           

Coil、モジラなどと共同で1億ドルの支援事業に

コンテンツクリエイター向けのマイクロペイメント用プラットフォーム「Coil」は、オープンソースコミュニティ「モジラ」と著作物などの適正な再利用を促進する団体「クリエイティブ・コモンズ」と共同で、1億ドル(約110億円)の支援金プログラムを立ち上げた。ウェブ収益化の向上推進を目的としている。

リップル社の元CTO Stefan Thomas氏が立ち上げたCoilは、従来の広告に頼ったビジネスモデルに頼ることなく、コンテンツクリエイターが収益を図れることを目的としたプラットフォームであり、Webサービスや動画配信などの範疇で、投げ銭機能などを介して「XRP」や法定通貨を受け取ることができる。

この新たな支援プログラムは、ウェブ収益をサポートするプログラムのコーダーやプログラマーに向けた事業である。発表によれば、支援金の金額は1回につき1,000ドル〜10万ドルの範囲になるという。

Coilは8月、リップル社の投資部門「Xpring」から10億XRPにのぼる出資金(助成金)を受けた。中・長期的にXRP普及を促進し、少額決済の利活用を促進させるとしている。

関連リップル社投資部門が10億XRPをCoilに投資

参考:Coilの発表

CoinPostの注目記事

「XRPの成長を最も望んでいる」Ripple社CEO、仮想通貨XRP価格への影響を否定
米有力メディアCNNの取材で、CEOのGarlinghouse氏はXRPの価格や、機関投資家に対する販売、XRPのエコシステムの成長などの話題について明確な見解を語った。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら