脱退相次ぐリブラ協会に希望 ウーバー・リフトら22社は離脱を否定

3社がリブラプロジェクトからの脱退を否定
すでに6社が脱退を表明したリブラプロジェクトだが、ウーバー、リフト、アンカレッジの3社は今後もプロジェクトに参画し続ける方針を示した。リブラプロジェクトへの参画を表明した22社は、10月14日に正式に加盟する見込み。

ウーバー・リフトら22社は離脱を否定

ライドシェア大手のウーバーとリフト、仮想通貨カストディアンのアンカレッジはリブラ協会に参画し続ける方針を示した。BBCとCNBCが報じた。

BBCのDave Lee氏はツイッターに、「リフトはBBCに対し、リブラ協会にとどまると回答した。フェイスブックにとっては一筋の希望だ」と投稿。さらにCNBCのSally Shin氏も「ウーバーはリブラ協会に参画する方針を変更していないと回答した」とツイートした。

なお今週初めには、アンカレッジの共同創業者であるDiogo Monica氏もThe Blockに対し、リブラ協会のミッション達成のために尽力すると語った。

リブラ協会はフェイスブック社が主導する仮想通貨リブラを運営するための組織で、10月12日には複数の企業の脱退が明らかになった。すでにイーベイ、ビザ、マスターカード、ペイパル、メルカドパゴ、ストライプの6社がプロジェクトからの離脱を表明している。

一方、残りのメンバー企業22社は、10月14日のリブラ運営会議で「リブラ協会」に正式に加盟することになる。リブラ事業は、これからも続くようだ。

関連「リブラ協会」に重大な圧力 Visa、MastercardやeBayら5社が脱退


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら