英国領バミューダ諸島、納税など政府への支払いでステーブルコイン「USDC」を受付開始

政府への支払いにステーブルコイン利用へ
北大西洋に位置する英国領バミューダ諸島の政府が、税金を初めとする政府への支払いで、ステーブルコイン「USDC」の受付を始める。非中央集権的なサービスを支持する同政府は、今後も新しいサービスを考案するという。

政府への支払いにステーブルコイン利用へ

北大西洋に位置する英国領バミューダ諸島の政府が、税金や手数料を初めとする政府への支払いで、ステーブルコイン「USDC」の受付を始めることが分かった。政府としては初の試みであるという。

現地で仮想通貨取引所のライセンスを取得し、USDCの発行企業でもある米仮想通貨企業Circle社が発表した。

バミューダ諸島の政府は、ステーブルコインをペッグする米ドルの利用や、非中央集権的なプロトコルと金融サービスを支持している。Circle社は今回の発表について、同政府の新サービスの一部にすぎないと述べた。

USDCは、米最大手仮想通貨取引所コインベースとCircle社が共同で設立した「CENTRE」によって2018年に発行された。それ以来、ステーブルコインのプロジェクトでは世界で2番目の発行量を誇る。米仮想通貨分析企業Coin Metricsのデータによると、USDCの供給量は2019年初めから80%増加しており、先週最高値(ATH)を記録した。

出典 : The Block

Circle社は今年7月、同社が運営する仮想通貨取引所「Poloniex」の米国以外のユーザーへの対応を、バミューダ諸島で行う計画を発表している。

関連国の不透明な仮想通貨法整備 Poloniexが拠点を海外へ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

STEVEN ZHENG

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら