CoinPostで今最も読まれています

SegWit (Segregated Witness):注目すべきビットコイントレンドVo.1

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン最大のプロトコルアップデートSegWit
SegWitが幅広く活用されれば手数料および認証時間が改善します。そして長期的なスケーラビリティがビットコインブロックチェーン上で達成されるでしょう。

様々な意味で2017年はビットコインにとって最高の年だったと言えるでしょう。

明らかにビットコインの導入事例は増え、先駆的な仮想通貨取引所の価値は1000ドル(11.2万円)からその16倍以上に膨れ上がりました。

テクノロジーの観点からすると、ビットコイントレンドは始まったばかりで、2018年は数々の新事業が始動する有望な年になると期待されています。

以下の事業は今後注目すべき有望な技術開発です。

SegWit (Segregated Witness)による低取引手数料および新アドレスフォーマット

Segregated Witness (SegWit) は現状、ビットコイン最大のプロトコルアップデートです。

昨年8月に始動し、長年のマレアビリティーバグを直し、セカンドレイヤープロトコルを可能にしました。

更に、SegWitはビットコインのブロックサイズ問題を改善し、ネットワークの取引処理数を増やし、結果として取引手数料の低価を可能にしました。

しかし、SegWitアップグレードの導入は予定より遅いものでした。一部のウォレットやサービスはSegWitによるブロックサイズ拡張を利用していますが、他多数は未だ活用していません。

なぜならビットコインは技術的には10分の間に2~4メガバイト分取引を処理することができるが、現状1.1メガバイトを超えることができていないからです。

しかし2018年、これは変わります。

まず、ビットコインコアウォレットインターフェースはユーザー間でSegWit取引を可能にします。

ビットコインコア0.16は今年5月に予定されていて(延期される可能性もあるが)、リスクやミス抑制などの技術的アドバンテージを持つ“bech32”という新しいアドレスとして始動します。

ビットコインコア及びBlockstream開発者であり、bech32アドレスフォーマットを共同デザインしたDr. Pieter Wuille氏は、『現在SegWit上のP2SHフォーマットでコインを消費するには、取引のredeem scrpitを公開しなければなりません。

本来のSegWitアウトプットを使えばredeem scrpitを公開する必要がなくなり、取引に要するデータ量が削減されます。

よってSegWit取引の受信者はこのコインを低コストで消費することが可能になります』とBitcoin Magazine社の取材で伝えました。

恐らくそれより大事な事は、複数の大手ビットコインサービス(Coinbaseなど)がSegWitのアップグレードを予定していることでしょう。

これら大手サービスはビットコインネットワーク上で多量の取引を扱うため、ネットワーク遅延問題を大幅に改善します。

よって、このサービスを利用しない方にも取引手数料低下や認証時間が短縮を提供します。

Keep an Eye Out for These Bitcoin Tech Trends in 2018

Aaron van Wirdum JANUARY, 02 2018

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧