中国の中央銀行、上海で仮想通貨取引関連業務を捜査

上海で仮想通貨取引関連ビジネスの捜査を命令

中国・上海政府は同地域における仮想通貨取引およびトークン販売業務を捜査し始めている。中国の金融ニュースサイトCaixin(財新社)が官報資料を報じた。

11月14日の資料は中央銀行の中国人民銀行(PBoC)の上海本部と上海金融監督管理委員会の声明によるものだ。これらの機関は、上海当局に仮想通貨関連業務に対する立入調査を11月22日までに終えるよう命じた。

この検査の対象になるのは仮想通貨取引、トークンセール、海外のICOに関わっている業務だという。特定されれば、これらの企業はPBoCや金融監督委員会に報告され、業務停止と命じられることになる。

つい昨日、最大手仮想通貨取引所Binanceとトロン財団のWeiboアカウント(中国版ツイッター)が凍結、削除されていることが判明した。しかしながら、同じ中国発取引所のHuobi GlobalとOKExのWeiboアカウントは今のところ正常なようだ。

関連バイナンスの公式Weiboが凍結 中国向け仮想通貨取引提供が影響か


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

Celia Wan

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら