仮想通貨取引所コインチェック、レバレッジ取引の提供終了へ

コインチェック、レバレッジ取引の提供終了へ

仮想通貨取引所Coincheckは16日、「レバレッジ取引」のサービス提供を終了することを発表した。

取引終了日は、2020年3月13日(金)12:00、ユーザーは期日までにポジションの決済をするよう促している。

また、レバレッジアカウントにある日本円残高は、2020年3月末までに取引アカウントへの振替をする必要がある。手続きが行われない場合は、期日以降に順次取引アカウントに振替が行われるという。

Coincheckは、2018年1月に発生したNEMの不正流出事件以来、レバレッジ取引の新規注文を一時停止しており、現在も新規注文の停止中だ。

金融庁審議会の提言を背景に、仮想通貨取引における価格変動リスクならびに流動性リスク等を鑑み、利用者保護の観点から、金融庁認定の自主規制団体「JVCEA(一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)」が、仮想通貨のレバレッジ上限を15倍から4倍に引き下げるルールを定めている。

今後、翌春の予定される金商法改正案施行に伴い、レバレッジ上限を2倍まで引き下げるとの案も出るなど先行き不透明な状況にある中、もともと規模が限定的だった同社証拠金取引サービスの再開・継続が困難との判断に至ったものと考えられる。

国内では、19年3月31日にbitbankが仮想通貨レバレッジ取引所であったbitbank Tradeのサービスを終了。幾多の取引所が存在していることや、bitbank.ccが国内1位、世界8位の売買代金を誇る中でbitbank Tradeの流動性への寄与度合いが低減したことを判断理由に挙げている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用