スイス初:トークン化した株式でIPOを実施へ イーサリアムブロックチェーンを利用

イーサリアムのブロックチェーン上で新規株式公開

スイスの規制当局は、ブロックチェーンに保存されるトークン化された株式のIPO(新規株式公開)の実施を承認。利用するブロックチェーンはイーサリアムだ。

完全に法的順守を行うブロックチェーン上のIPOであり、同国初の事例になると判明。IPOを予定するのは、スイスのブロックチェーン企業「OverFuture」社。EURO DAXX(欧州デジタル資産取引所)が提供するスマートコントラクトを使用して合法でIPOを行い、イーサリアムブロックチェーン上で株式を発行する予定と発表した。

企業が資金調達へのアクセスを支援するためにブロックチェーンを使用したのはこれが初めてではないものの、今回のIPOはスイスにおける先進的な例となる。

プレスリリースによると、今回のIPOと現在ブロックチェーンで利用可能な他の形式のデジタル証券との主な違いは、定款が株式(トークン)のデジタル性質を直接表すことと、株主の登録簿がブロックチェーンを使用して保存されることである。*定款とは、「法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規約・基本規則そのもの(実質的意義の定款)、およびその内容を紙や電子媒体に記録したもの(形式的意義の定款)」とのことだ。

つまり、OverFuture会社の所有権の譲渡はブロックチェーン上のトークン譲渡のみで実行可能であり、トークンの所有権によって、保有者は株主となる。

第三者機関の仲介が不要に

株式市場への参入でもあるIPOは、その会社の株式が投資家に売却されるという公募形式である。これまでスイス内のIPOは、金融機関(アンダーライター)によって引き受けられる必要がある。

だが、OverFutureのIPOが承認されたことは、企業が第三者機関を必要とせずに、株式をデジタル形式で組織し、ブロックチェーン上で公開することが可能であることを意味する。

OverFuture社によると、ブロックチェーンテクノロジーを採用することで、資本市場の効率性が高まることになる。費用や時間、その他の効率性について、第三者の仲介をなくし、関係各機関のやり取りを省略することで確保できると説明している。

この場合の第三者とは、銀行、ブローカー・ディーラー、中央預託システム、公証人、その他の金融仲介業者を指す。

ブロックチェーン上での証券発行という仕組みは、Swiss Digital Exchangeなど、スイス国内の主要な取引所も採用する予定だという。

参考:プレスリリース

CoinPostの注目記事

スイスの著名リゾート地、仮想通貨ビットコインでの納税が可能に
スイス山間リゾート地「ツェルマット」でビットコインでの納税が可能に。 住民が納税したBTCはスイス仮想通貨サービス企業によってスイスフランに両替され、役所に収められる。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら