CoinPostで今最も読まれています

金融庁:本日8時前にコインチェック本社に立入検査/補償資金の状況など確認

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

金融庁が本日コインチェックに立入検査
顧客の補償に充てる資金が十分にあるのかなど会社の財務内容を早急に調べる必要があるとして、金融庁は2日(金曜日)午前8時前に東京・渋谷区にあるコインチェックの本社に立ち入り検査に入りました。

NHK NEWS WEBによると、XEMのハッキング問題から1週間、未だ資金の返還に関する詳しい内容の開示はない中で、顧客の補償に充てる資金が十分にあるのかなど会社の財務内容を早急に調べる必要があるとして、金融庁は2日(金曜日)午前8時前に東京・渋谷区にあるコインチェックの本社に立ち入り検査に入りました。

近々最新情報の発表が金融庁から行われるかもしれません。

立ち入り検査内容について

判明している立ち入り検査の内容は以下の3点です。

  • ・保証資金がコインチェック側で十分に確保できているのか
  • ・顧客と会社資金の分別管理の問題
  • ・セキュリティー対策や顧客への対応

金融庁は、1月29日に業務改善命令を発出したばかりで、平成30年2月13日(火)までの報告を勧告していました。

このような中で、立ち入り検査に踏み入ったのは異例であるとの声が多いです。

金融庁がコインチェックに業務改善命令/1月29日の発表内容まとめ
1月29日14時に金融庁が発表した内容をまとめました。金融庁はコインチェックに対して「業務改善命令」を出しました。可能性として噂されていた「業務停止命令」は回避された模様です。

またこのような異例の調査に踏み切った状況の中、抜き打ちではなく事前に報道機関への通知を行なったことに対しても疑問の声が上がっています。

コインチェックは、出金再開の予定に関して、数日中に再開に関する見通しをお知らせをすることを報告していました。

それからコインチェック側から新たな報告がない中、金融庁立入検査ということもあり、状況がどのように動くのかをコインチェックユーザーだけでなく、仮想通貨業界が見守っています。

コインチェックに立ち入り検査 金融庁 財務内容調べる

2018年2月2日 by NHK NEWS WEB

参考記事はこちらから

※追記

この情報元は日経速報ニュース(日経QUICKニュース)です。

情報元記事全文をチェックしたい場合は会員登録が必要になります。

「再発防止策などが確認できれば」の話であり、確定ではありませんので、正確な情報はコインチェックと金融庁の発表をお待ちください。

NEM.io財団の理事:朝山氏がハッキング事件対応の経過を公表

21日にはNEM.io財団の理事:朝山氏(Zaifを運営するテックビューロ株式会社)が記者に対して説明を行い、質疑応答も実施しました。

現在ニュースなどで取り上げられている、犯人のアドレスから数十の他アドレスに送金された事についても回答しています。

Q.NEM.io財団で履歴から見ると、(犯人のアドレスから)23か4の口座にXEMが送金されているが、これらはモザイクのような形でトラッキングしていると考えていいのか?

これは犯人が駆け引きしているようなものです。

資金送金が目的ではなく、つまり犯人はどのようにトラッキングされているのか、nemのトラッキングの仕組みを見るようなものです。

(犯人は)取引所にも少額を送っていて、例えば、poloniex、cryptopia、またはsupernodeに送金していたりします。

つまり実験目的の送金です。

また、どういう条件で財団がマーキングするなどの情報はセキュリティ上の問題で公開できません。

犯人のアドレスからどこにxemが送金されているのかは知識があればどなたでも見れます。

他のまとめはこちらから
NEM.io財団の理事:朝山氏がハッキング事件対応の経過を公表
NEM.io財団の理事である朝山貴生氏による2/1の発表内容はコインチェックのハッキング事件を受け、NEM.io財団からの幾度となく発表されている内容を再度確認した形にもなっています。また、Catapult(カタパルト)についても言及しています。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア