「歴史上最も高い」仮想通貨ビットコインと金の相関性=最新レポート

ビットコインと金に相関性の高まり

米ETF専門企業VanEckは仮想通貨ビットコインと金の相関関係を分析したレポートを公開。その文書内で、ビットコインと金(ゴールド)の相関関係は、コロナウイルスの影響により歴史上で最も強くなっていると指摘している。

先月、コロナ危機に伴う世界的株安の影響は、ドルなど法定通貨への現金化需要の影響が、安全資産と呼ばれる金にも影響。ビットコインも例外ではなく、価格が急落し、株式市場に連れ安した。この値動きを経て、業界内では安全資産としての立ち位置に懐疑的な意見が散見されたが、状況落ち着きつつある中で、金(ゴールド)との相関性が歴史的上最も強くなりつつあるという。

出典:VanEck

上のグラフは、ビットコインと金との相関関係を表したもの。長期的には二つの資産の間に相関性はあまり見られないが、2020年、特に直近4週間は相関関係が急速に高まったことが示された。レポートでは、コロナショックによる急落以降、急激に正の相関性が高まっていると指摘された。

一般的な相関係数の値と相関の強さ
相関係数 相関の強さ
0.0~±0.2 (ほとんど)相関がない
±0.2~±0.4 弱い相関がある
±0.4~±0.7 相関がある
±0.7~±0.9 強い相関がある
±0.9~±1.0 (ほぼ)完全な相関がある

この表を用いると、全く相関がなかった状況から、2段階あがった「相関がある」に変化している。

その他資産との相関性

同レポートでは、金だけでなく、その他の資産との相関関係についても調査を行っている。

下図は上から順に、2012年2月1日から2020年3月27日までの各資産との相関性を示した表、2020年2月28日から2020年3月27日までの各資産との相関性を示した表となっている。

出典:VanEck

出典:VanEck

比較対象の資産は以下の通りだ。

  • S&P500
  • Nasdaq100
  • 米国債
  • ビットコイン
  • 米不動産
  • 石油
  • 新興市場通貨

ビットコインとその他資産を長期比較した場合、全ての資産において相関係数は-0.04から0.03と極めて低い相関性が示された。

一方で、比較期間を過去4週間に絞ると、S&P500やNasdaq100、米不動産といった資産と比較して、金の相関性が最もビットコインと高いことが示された。また、最も乱高下した原油にも一定の相関が示されたという。

こうした結果を受け、このレポートでは、ビットコインは長期的には伝統的金融資産との相関性は見られないが、短期的にはゴールドなどの資産と相関性が顕著となっているため、市場が現在の経済危機の中で、ビットコインが安全資産の一つとして存在感を増していると結論付けた。

また今後の展開として、分散投資先の一つとしてビットコインがゴールドと並び、ポートフォリオに組み込まれる機会が、増加していく可能性も十分に考えられるとも言及した。

なお、YammerやSlackへの投資でも知られる著名ベンチャーキャピタル Social CapitalのChamath Palihapitiya CEOは、仮想通貨ビットコインは今後10年で「ゴールド2.0」になると予測。

それだけ今回のコロナ危機が世界経済に大きな変化を齎す可能性があると指摘している。

ビットコインは10年で「ゴールド2.0」になる 億万長者が語る経済展望
著名VC Social CapitalのCEOは、仮想通貨ビットコインは今後10年で「ゴールド2.0」になると予測。それだけ今回のコロナ危機が世界経済に大きな変化を齎す可能性があると指摘した。

参考:Bitcoin Correlation to Gold Jumps in 2020

CoinPostの注目記事

先行き不安で金が世界的な供給不足に 代替手段はビットコインか
金のコインや延べ棒がコロナウイルスの感染拡大による先行きの不安から供給不足に直面している中、仮想通貨投資家のカイザー氏は金の供給不足で人々がビットコインに群がると予測している。
「仮想通貨ビットコインは人々のためのお金」 金持ち父さん貧乏父さんの著者が提唱
「金持ち父さん貧乏父さん」の著者キヨサキ氏はビットコインをポートフォリオ(保有資産)に組み込むべきだと主張。価値低下するリスクが高い法定通貨に疑問符を投げかけた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用