創業者レターでメッセージ、仮想通貨オントロジーの歴史と今後の展望

「オントロジー」に込められた意味

2017年にオントロジーが設立されてから3年が経過し、オントロジーの創業者は、過去の歴史と2020年の展望について、コミュニティに対するメッセージを発信した。

オントロジーは高性能なパブリックブロックチェーンを持つ分散型協業プラットフォームで、個人情報と資産を一元管理できるONTOアプリなど、信用問題を解決する様々なプロダクトを提供している。

そもそも「オントロジー」という言葉は複数の意味を持つ。オントロジーは複数の存在(Entities)の関係の形式的な表現であり、哲学や、意味を考える言語学の一分野であるデータ意味論、コンピューターサイエンスにも登場する。

そして、これらの概念は「エンティティ」と「データ」に関するオントロジーの長年の信念とも歩みを同じくするものだ。

オントロジーはバックエンドのインフラプラットフォームであり、相互連携的な取り組みのための分散型プラットフォームでもある。他にもオープンな身分証明、評判、自律型プロトコルなど、オントロジーの仕組み、機能は多様でありながら、一貫した思想を共有していることが分かる。

偉大な哲学者の名を冠するロードマップ

オントロジーという言葉が哲学に関係していることから、オントロジーのロードマップには、古代ギリシャの著名哲学者の名前が付けられている。

ソクラテス(2018年)

チェーンネットワークと信用エコシステムという基礎的な部分の構築が行われた。コンセンサスアルゴリズムVBFTや分散型IDであるONT IDなどもこの年に実装された。

プラトン(2019)

前年に実装されたものを基盤として、分散型金融サービス(DeFi)や分散型アプリ(dApps)をリリースした。技術面ではシャーディング、クロスチェーンのテストネットを公開している。

アリストテレス

2020年は、アリストテレスの名が付けられ、開発が行われている。

関連:2020年ロードマップ『アリストテレス』を解説

オントロジーチームの活動

ONTチームは、ブロックチェーンの国際標準策定の動きにも積極的に関与している。その中にはIEEEやブロックチェーン・DLTに関する会議への参加が含まれる。

開発者・コミュニティ支援

開発者の参入を容易にするため、複数の開発言語がサポートされた環境を用意している。また、コミュニティ支援に関してはハーバード大学やシカゴ大学、ソウル国立大学などの世界的に著名な大学でワークショップを行い、ブロックチェーンに興味を持つ学生と交流しており、未来の開発者を育てている。

今年2月に始まったオントロジーのグローバル・コミュニティ・コントリビューター(GCC)プログラムでは、オントロジーを普及させる活動を行う貢献者を援助している。

また、3月の月次レポートではオントロジーのローカルコミュニティが23個に達したことが報告されている。

アプリについて

公式ウォレットのONTOはすでに身分証明(ONT ID)から、資産の管理まで様々な機能が搭載されている。今後、ファッション、グルメ、住宅、交通機関などに関するアプリが登場予定だという。最終的にはONTOが単なるウォレットではなく、日常的に使われる機能的なアプリになることを目標としている。

関連:オントロジー公式アプリ『ONTO』、BCゲーム対応でデジタル資産の売買可能に

公式情報

参考:オントロジー創業者からのメッセージ

日本版公式ツイッター:https://twitter.com/OntologyJP

公式サイト:https://ont.io/

ブロックチェーンエクスプローラー:Blockchain Explorer

ソース:日本語版ホワイトペーパー


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用