CoinPostで今最も読まれています

XRPは次世代のBTCになるか/リップルの懸念点と将来性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

専門家はXRPが2018年末に第2位の通貨になると予想
2018年1月に行われたFinder.comのフィンテック専門家によるパネルディスカッションでは、XRPが2018年末に第2位の通貨になると予想されています。XRPは年末に5ドルを超え、次世代のビットコインになるとも噂されています。
XRPは次世代のビットコインになるのか?
XRPはビットコインに比べ、コミュニティに広く採用されていないことを懸念点としてあげる専門家もいます。しかし、リップル共同創始者のクリス・ラーセン氏は、XRPの「価値のインターネット」こそがビットコインにはない強みだと主張しています。

XRPの値段は、昨年急上昇し、XRPがビットコインに追いつくと予想する専門家もいます。

しかし、XRPは本当に次のビットコインなのでしょうか、そしてその価値はどこまで上昇するのでしょうか?

フィンテック専門家、XRPは2018年末に5ドルを超えると予想

リップルのXRP通貨は、 2017年初旬、1トークン0.006ドル(約0.6円)で取引されていました。

12ヶ月後の2018年1月4日、XRPは64000%の価格上昇を果たし、3.84ドル/XRP(約400円/XRP)という史上最高価格で取引されました。

現在XRPの価値は、2ドル以下となったものの、その強力なパフォーマンスから、仮想通貨市場トップのビットコインと競合するのではないかと推測されています。

Finder.comによって集められた仮想通貨の専門委員会は、今年の終わりにはXRPがイーサリアムを超え、第2位の仮想通貨になると予想しました。

フィンテック専門家が2018年の仮想通貨の価格変動予想を発表
フィンテック専門家により、2018年のメジャーな仮想通貨8種類の伸び率予想が行われました。一番の価格上昇を見せるのはCardano(ADA)で、Stellar(XLM)も大きく上昇、しかしVergeだけは37.99%下がるとされました。

委員会の予測では、ビットコインは、時価総額5979.5億ドル(約64兆円)で今後もトップを保ち続け、XRPの時価総額はそれに次いで4600億ドル(約49兆円)になるとしています。

専門家は、XRPは2月1日までに2.93ドル(約311円) で取引が行われ、2018年12月31日までには急激に価値をあげ、5.06ドル(約538円)で取引が行われると予測していました。

XRPには懸念材料も多い

しかし、Finder.comの共同創設者で、委員会のメンバーでもあるFred Schebesta (以下 シェベスタ氏)によると、委員会の予測が必ずしも正しいとは限らないし、むしろXRPの今後の雲行きが怪しくなるという場合もある、と警告しています。

シュベスタ氏は、XRPがビットコインに追いつくまでの道のりはまだ長いと語りました。

XRPは未だにビットコインのように活発ではなく、コミュニティに根ざしていないとシュベスタ氏は付け加えます。

ビットコインのように活発的であり社会に十分に浸透していることを、XRPは未だに証明できていません。

ビットコインは、膨大な数の人々とビジネスによって使われています。

XRPは、金融機関の関心を呼び寄せています。

最近は、American ExpressやSantander、MoneyGramと提携を結んだことを明らかにしました。

しかし、シュベスタ氏はデジタル通貨が銀行によって完全に受け入れられるまでは、XRPの価値が変動するだろうと警告しました。

加えて、シュベスタ氏自身のXRPの将来に関する予測は、XRPが“使われる場所を見つける”という仮定と“他の人々もXRPを受け入れる”という想定からきていることを明らかにしました。

ラーセン氏はXRPの革新性や将来性を強調

一方で、リップル社の共同創始者Chris Larsen(以下、ラーセン氏)は、XRPはビットコインとは完全に異なるものだと主張しました。

1月上旬、ラーセン氏はBloombergで次のように語っています。

ビットコインは、基本的には、価値を蓄える手段です。

XRPはそれとは全く違う考えをもっています。

XRPはビットコインと同じ革新的なテクノロジーを使ってはいるものの、我々はそれを不可知論的な価値取引をするための通貨を作るために利用しています。

次世代のビットコインとも言われるこの新テクノロジーでは、価値取引が情報がやりとりされること同様に簡単に取引することが可能になったのです。

それがXRPの目玉です。

Ripple price: Is XRP the next bitcoin? How high could the price go?

January 19, 2018 by Joe Tambini

参考記事はこちらから
リップルニュース一覧
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア