CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム保有者の6割、ETH2.0移行後にステーキングを予定=ConsenSys調査

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ETH保有者の3分の2がステーキングを検討

イーサリアムの次世代ブロックチェーン『ETH2.0』に移行した際に、「自身のETHをステーキングする」と回答した保有者が全体の約66%を占めていたことが分かった。

イーサリアムのブロックチェーン技術を専門に扱うConsenSysが実施した、ETH保有者のステーキング・カストディ機能に関する調査レポートで明らかとなっている。

関連仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|2020年以降に注目が集まる理由

イーサリアム保有者287人を対象に行われた今回のオンライン調査では、全体の内、65.9%が「ステーキングを予定している」と回答。14.6%は「まだ分からない」とし、2.8%が「ステーキングは行わない」とした。

出典:ConsenSys

「ステーキングを予定している」とした回答者の内、約半数が自身でバリデータ・ノードを起動すると話し、残りの半数はステーキングサービスを提供する第三者機関を利用する予定と答えている。

第三者機関を利用する場合に予想される年利は7.6%で、自身でノードを立てステーキングを行った場合に予想される年利は5.8%と減少している。

同調査によれば、自身のノードでステーキングを行うと答えた層には、以下のような傾向が観察されたという。

  • 比較的、多くのETHを保有している
  • イーサリアムの経済的なエコシステムに深い理解がある
  • 保有するETHの大部分をハードウォレットに保管している

一方で、ステーキングを行わないと答えた回答者は、前述した回答者とは対照的に、他のグループと比べETH2.0のエコシステムへの理解度が最も低いことが指摘された。

ステーキング割合

自身のノードを立てるとした回答者の42.5%は。保有するETHの50%以上をステーキングする予定だと話した。また5人に1人の回答者は保有ETHの90%以上をステーキングするとしている。

ほかに、35.1%は保有するETHのうちステーキングするコインは50%以下と回答し、7.4%は考えを明かさなかった。

ETH2.0のステーキング報酬

先月には、「ETH2.0」へ移行後のステーキング報酬を算出する計算機がリリースされた。現在から10年後までのステーキング報酬の推移がチャート形式で表示される仕様となっている。

現在、イーサリアム2.0において各バリデータは最大32ETHのステークを可能としているが、それを基に、この計算ツールを使用すると、以下のような値が算出される。(ETH金額は執筆時点の価格を利用)

  
ステーク量 ETH報酬(日本円表記)ROI(%)
0 32.00 (¥726,045)
1 36.56 (¥829,508) 4.5600 (¥103,463) 14.25%
2 41.76 (¥947,715) 5.2098 (¥118,207) 30.53%
3 47.72 (¥1,082,766) 5.9522 (¥135,051) 49.13%
4 54.52 (¥1,237,062) 6.8005 (¥154,296) 70.38%
5 62.29 (¥1,413,346) 7.7695 (¥176,284) 94.66%

一年目の年間利回りは14.25%で、10年間で278.94%の利回りに達する計算だ。

注意すべき点として、上述したように、各ノードの最大ステーク量は32ETHと決定されているものの、複数のノードを使うことで、実質的には32ETH以上のステークも可能となっている。ステーキングメカニズム(PoS)となるのは、ETH2.0の最初段階「フェーズ0」だ。

ConsenSysの調査によれば、自身でノードを立てステーキングを行うと答えた回答者の内、59.3%が2つ以上のノードを立てるとしており、41以上のノードを立てるとした回答者が全体の6.8%を占めている。

出典:ConsenSys

また、eth2calculatorは、「ステーク数/供給数の割合が高ければ高いほど、利回りが低くなるが、524,288ETHのステーク数に達していないと、報酬は発行されない仕組みとなる」と、説明。つまり、ステーキングの運用では常に一定数以上のETHがロックアップされる必要があり、PoW版ETHとは根本的に異なる需給関係になる。

参考:Ethereum 2.0 Staking Ecosystem Report

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧