イーサリアム保有者の6割、ETH2.0移行後にステーキングを予定=ConsenSys調査

ETH保有者の3分の2がステーキングを検討

イーサリアムの次世代ブロックチェーン『ETH2.0』に移行した際に、「自身のETHをステーキングする」と回答した保有者が全体の約66%を占めていたことが分かった。

イーサリアムのブロックチェーン技術を専門に扱うConsenSysが実施した、ETH保有者のステーキング・カストディ機能に関する調査レポートで明らかとなっている。

関連仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|2020年以降に注目が集まる理由

イーサリアム保有者287人を対象に行われた今回のオンライン調査では、全体の内、65.9%が「ステーキングを予定している」と回答。14.6%は「まだ分からない」とし、2.8%が「ステーキングは行わない」とした。

出典:ConsenSys

「ステーキングを予定している」とした回答者の内、約半数が自身でバリデータ・ノードを起動すると話し、残りの半数はステーキングサービスを提供する第三者機関を利用する予定と答えている。

第三者機関を利用する場合に予想される年利は7.6%で、自身でノードを立てステーキングを行った場合に予想される年利は5.8%と減少している。

同調査によれば、自身のノードでステーキングを行うと答えた層には、以下のような傾向が観察されたという。

  • 比較的、多くのETHを保有している
  • イーサリアムの経済的なエコシステムに深い理解がある
  • 保有するETHの大部分をハードウォレットに保管している

一方で、ステーキングを行わないと答えた回答者は、前述した回答者とは対照的に、他のグループと比べETH2.0のエコシステムへの理解度が最も低いことが指摘された。

ステーキング割合

自身のノードを立てるとした回答者の42.5%は。保有するETHの50%以上をステーキングする予定だと話した。また5人に1人の回答者は保有ETHの90%以上をステーキングするとしている。

ほかに、35.1%は保有するETHのうちステーキングするコインは50%以下と回答し、7.4%は考えを明かさなかった。

ETH2.0のステーキング報酬

先月には、「ETH2.0」へ移行後のステーキング報酬を算出する計算機がリリースされた。現在から10年後までのステーキング報酬の推移がチャート形式で表示される仕様となっている。

現在、イーサリアム2.0において各バリデータは最大32ETHのステークを可能としているが、それを基に、この計算ツールを使用すると、以下のような値が算出される。(ETH金額は執筆時点の価格を利用)

  
ステーク量 ETH報酬(日本円表記)ROI(%)
0 32.00 (¥726,045)
1 36.56 (¥829,508) 4.5600 (¥103,463) 14.25%
2 41.76 (¥947,715) 5.2098 (¥118,207) 30.53%
3 47.72 (¥1,082,766) 5.9522 (¥135,051) 49.13%
4 54.52 (¥1,237,062) 6.8005 (¥154,296) 70.38%
5 62.29 (¥1,413,346) 7.7695 (¥176,284) 94.66%

一年目の年間利回りは14.25%で、10年間で278.94%の利回りに達する計算だ。

注意すべき点として、上述したように、各ノードの最大ステーク量は32ETHと決定されているものの、複数のノードを使うことで、実質的には32ETH以上のステークも可能となっている。ステーキングメカニズム(PoS)となるのは、ETH2.0の最初段階「フェーズ0」だ。

ConsenSysの調査によれば、自身でノードを立てステーキングを行うと答えた回答者の内、59.3%が2つ以上のノードを立てるとしており、41以上のノードを立てるとした回答者が全体の6.8%を占めている。

出典:ConsenSys

また、eth2calculatorは、「ステーク数/供給数の割合が高ければ高いほど、利回りが低くなるが、524,288ETHのステーク数に達していないと、報酬は発行されない仕組みとなる」と、説明。つまり、ステーキングの運用では常に一定数以上のETHがロックアップされる必要があり、PoW版ETHとは根本的に異なる需給関係になる。

参考:Ethereum 2.0 Staking Ecosystem Report


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用