CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨投資SNS「アイデアブック」とは?Cryptactのコミュニティ参加型サービスを使ってみた

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Cryptactの「アイデアブック」のポイント

金融機関出身者で立ち上げたCryptact(クリプタクト)が、投資をアイデアベースで議論できる、コミュニティ参加型の投資SNSプラットフォーム「アイデアブック」を新たに立ち上げました。

クリプタクトは、仮想通貨の損益計算・確定申告サポートツールでも重宝されています。

関連:なぜ仮想通貨確定申告に税金計算ツール「クリプタクト」が魅力的なのか|プロが解説

「アイデアブック」プラットフォームは、実際に取引されている株やFX、仮想通貨や投資信託等を利用してバーチャルなポートフォリオを作成し、パフォーマンスを公開するというもので、「お金をかけるために練習したい」人など、初心者のニーズにもマッチしたプラットフォームとなっています。

今回、この「アイデアブック」の特徴やポイントについて、実際に使用してみた一ユーザー目線でレビューしたいと思います。

アイデアブックの特徴

アイデアブックは、あらゆる資産の投資アイデア・情報を世界中の個人でシェアできる投資×SNSサービスです。

パフォーマンスに優れたユーザーをチェックして投資手法を参考にできたり、自分のバーチャルポートフォリオを作成しテストのような形で利用することもでき、使い方はユーザーによって様々です。

ポートフォリオは株式、外国為替(FX)、投資信託、仮想通貨など、さまざまなアセットクラスから、金額と投資期間を設定し10銘柄以内で構築することが可能となっています。

アイデアブックと他投資情報サイトの違い

  • 実際に取引されている投資対象でポートフォリオを作成できる
  • 投資対象は伝統的なアセットクラス(株や債券)だけではなく、仮想通貨まで網羅されている
  • 他のユーザーが作成したポートフォリオのロジック(戦略の考え方の背景や理由)がチェック可能
  • 一度公開した戦略は削除できない(パフォーマンスをよく見せようと改竄できない仕組み)
  • パフォーマンスに優れたユーザーをお気に入り等でフォローして投資の参考とすることができる

など、これまでにない投資専用SNSプラットフォームとなっています。

例えば、ポートフォリオを作成したときにこれまで「日本株、外国為替、仮想通貨」という組み合わせでリターンをチェックするプラットフォームはありませんでした。アイデアブックでは、ポートフォリオを自由自在に構築でき、バーチャルでトレードできるプラットフォームは投資家として利用して損はないと感じます。

金融資産ポートフォリオをカスタマイズ可

ユーザーが戦略を作成した理由も下記のように閲覧でき、またその考え方について質問したり、やりとりしたりしながらユーザー同士の交流や議論ができるようになるというのは、画期的な投資専用SNSではないかと感じます。

ユーザー同士のやり取り

また、Twitterのようにフォローやお気に入り登録が可能で、下記の画面のように一覧で表示されます。

お気に入りのトレーダーをフォロー可能

たくさんファンを作るために頑張るユーザーも出てきそうで、ある意味実力を試すプラットフォームになるため、この仕組みがより公開する側のユーザーのやる気を駆り立てるのかもしれません。

アイデアブックの改善点

アイデアブックは、仮想通貨から伝統的なアセットクラスへの投資を検討されている方や、これまで株やFXを行っていたユーザーが仮想通貨投資を行いたいと思った時に両者を繋げる交流の場となり、かつ利用する中で新たなアイデアがここから生まれていくことでしょう。

しかし、ローンチしたばかりのサービスであるため、トレーダー目線ではやや物足りなさを感じた部分があるのも事実です。そのうちのいくつかを挙げてみます。

FXでは「対円」の選択しかできない

現状FXの商品では、ドル円やユーロ円等、対円通貨しか選択できず、投資アイデアを公開したい時に、選択肢が限定されてしまいます。

例えばユーロドルの場合、ユーロ円とドル円のロングとショート合成ポジションでポートフォリオを構築する必要がありますが、それだけで2銘柄利用することになるため、若干不便に感じました。

先物取引がない

「日経平均先物」や「原油先物」などの先物取引が商品の選択肢にないことは、中・上級者で大きなリターンを出しているトレーダーからすると少し利用しにくい部分があります。

慣れている投資家ほど、投資信託の利用を控えるようにしている投資家が多いことから(様々なコストがかかり自分でポートフォリオを構築した方がコスト下がるため)この点が修正されると、より多くの上級者にも利用拡大するのではないかと感じました。

一方で、BtoCでは東証に上場されているETFが全て利用可能なため、仮想通貨をゴールドでヘッジしたり、ゴールドプラチナスプレッドのようなものもETFで代替して戦略を構築したり、日経平均株価をゴールドでヘッジしたりするような戦略をETFを利用して構築することも可能になっています。

ヒストリカルパフォーマンスをチェックできない

個別の戦略パフォーマンスはヒストリカルでチェックできますが、そのユーザー自身のパフォーマンスの数字がどのような伸び方で推移して出来上がったものなのか、「ユーザーのパフォーマンスのヒストリカルレコード」まではチェックできません。

そのため、値動きの激しい銘柄で偶然平均のパフォーマンスの数値が良くなったように見えることも。個別のユーザーの平均パフォーマンスチャートのようなものがあれば、安定して運用しているユーザーを発見することができ、参考にしたいユーザーをより探しやすくなるでしょう。

一方、投稿したアイデア(ポートフォリオ単位)のパフォーマンスはあるので、アイデア単位のヒストリカルパフォーマンスのチャートは見れるものの、ユーザーでまとめたものがないのが惜しいという印象です。

今回、改善点を含めてレビューさせて頂きましたが、投資家にとってメリットの大きいプラットフォームであるため、自分の考えを公開しながら投資スキルを磨く場所としては、最適な環境が揃っているプラットフォームと言えるでしょう。

アイデアブックは第一弾のリリース段階で、これからサービスのアップデートを逐一行っていくようなので楽しみです。

アイデアブックの使い方

ここからは、「アイデアブック」の実際の使い方について、順を追って解説します。

1. 登録方法

アイデアブックの登録は、とても簡単です。 トップページから「無料アカウント作成」をクリックすると下記の画面に遷移します。

ここにメールアドレスを入れて送信を行うと、メールアドレス宛に「確認メール」が送られてきます。 その後リンクからパスワード設定画面に遷移するので、そちらでパスワードを設定してユーザー登録は完了です。

2. ポートフォリオ作成方法

ログイン後、こちらのトップ画面が表示されます。

この画面で自分自身のポートフォリオのサマリーを確認できます。 ポートフォリオを作成したい場合は「アイデアブック」をクリックすると、下記の画面に遷移します。

この右上にある「アイデアを作成する」をクリックしてください。 下記の画面に移り、保有する金融資産のポートフォリオを作成が可能となります。

「アイデアの期限」から投資期間を設定し、基軸通貨は日本円のみなので、そのまま選択することになります。 そして「ポジションを追加」をクリックすると、どの投資対象を選択するのか下記の画面が表示されます。

例として「ビットコイン円の1BTCショート」のポジションを作ってみましょう。 下記のように「サイド」、「銘柄種類」、「数量」を設定して「追加する」をクリックします。

その後、下記の解説で「アイデア名」や理由をチャート等利用しながらロジックを記載して「アイデアを投稿する」で完了となります。

このように、アイデア投稿がとても簡単にできるのが特徴です。

まとめ

現在は、投資のアイデアや方向性を記載しているSNSはTwitterが主流かと思いますが、公開された投資戦略が本物なのか判断しにくい事情もありました。

アイデアブックを利用すれば、初心者でもノーリスクで投資の疑似体験ができるほか、戦績やパフォーマンスの「透明性」が確保され、本当に優秀な投資家かどうかを把握することができるようになります。

自信のあるユーザーであればパフォーマンスの証拠として利用することも可能になり、初心者であれば、手軽に優秀な投資家の戦略をチェックして勉強することができます。同プラットフォーム上で、プロと個人の境目が一気になくなることが期待できると言えるでしょう。

サービスローンチ直後で「MVP(minimum viable product)」版ではありますが、ユーザーからのフィードバックなどを受けて、より良いサービスへ改善していく予定のようです。

この記事を読んで興味が沸いた方は、ぜひ一度試してみてください。

アイデアブック

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:15
「BTCを米国の準備金に」議員が法案を発表か
仮想通貨ビットコインを米国の準備金にすることを定めた新しい法案を、共和党議員がビットコイン2024で発表する計画であることが報じられた。議員自身も大きな発表を行うことをXで示唆している。
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア