明暗分ける仮想通貨ヘッジファンド業界、新興アルト狙う米Arcaが好調

年初来、77%のリターン

米デジタル資産投資企業Arcaの主力ファンド、Arca Digital Assets Fundの運用業績が好調だ。2020年初来、77%の利益を上げている。

新型コロナウイルスのパンデミックが市場を直撃した2月と3月のみ、それぞれ3%、4%のマイナスとなったが、1月には35%、6月は10%プラスの業績を記録したという。

Arca Digital Assets Fundは管理資産を2020年の四半期毎に倍に増加している。

ファンドの投資戦略としては、小中規模の時価総額を持つデジタル資産の中で第一級のものを探し出し、ロングタームで投資することを掲げている。仮想通貨業界の中で将来性のある銘柄への投資手法として、直近のミドルキャップ銘柄(中規模時価総額)の上昇は業績を後押しした可能性がある。

明暗分ける仮想通貨ファンド

仮想通貨ファンド業界は、明暗を分けている。PwCのレポートによると、仮想通貨ファンドの運用額自体は増えており、2019年には20億ドル(約2100憶円)を超え、18年比で2倍水準まで増加した。

また、2000万ドル以上の運用額を持つファンドは18年比で約85%増、平均運用額も2200万ドルから4400万ドルへと増加している。

しかし今月、英国の「プライムファクターキャピタル」が機関投資家からの需要不足を理由として閉鎖することが判明したように、事業撤退する仮想通貨ファンドも多い。2019年の5月時点では、すでにその年に70ものファンドが閉鎖したと報告されている。

Crypto Fund Researchによると、新しく誕生した仮想通貨ヘッジファンドの数はビットコインが年末に高騰した2017年には291を記録し、2018年には284だった。

PwCによると、仮想通貨ヘッジファンドの顧客投資家の大多数(90%)を超富裕層が一族の資産などを育成するファミリーオフィス(48%)あるいは富裕層の個人(42%)が占めており確かに機関投資家かの利用はまだ少ないようだ。

またTudor BVIなど、仮想通貨分野への進出を宣言する著名ヘッジファンドも登場しており、17年・18年に多く立ち上げられた仮想通貨ファンドの淘汰がこの先さらに進む可能性もある。

Arcaが予測する2020年の仮想通貨市場

Arcaは従来の金融とブロックチェーンを掛け合わせたサービスを提供する企業で、先日米国の国債を投資対象にした新たなファンドで、デジタル証券を発行することを発表している。

ファンドの購入者にデジタル証券「ArCoin」を発行、所有者には四半期ごとに利子が支払われる仕組みだ。米証券取引委員会(SEC)が認可しており、1940年投資会社法の下でデジタル証券を発行するファンドは初の事例となる。

Arcaは今月、仮想通貨や暗号資産を巡る2020年の見通しについて、中間レポートを発行した。

2020年の状況予測の中では、以下のような点も挙げられた。

  • 報酬トークン、構造化トークン、ステーキング、Defiの分野が仮想通貨のパフォーマンスを促進する
  • スポーツやライブイベントに関するトークン発行がブロックチェーンの成功に大きな役割を果たす。アスリートとファンを繋ぐ、ファンエンゲージメントトークンの成長が始まったばかりであると見て、Arcaはアスリートとファンを繋ぐプラットフォーム、Socios(ソシオス)と、その独自トークンであるチリーズ(Chiliz :CHZ) へ引き続き投資する
  • ビットコインには新しい投資家が流入し、この新たな需要を満たすために十分なBTCが提供されないため2020年下半期には投資先として期待できる


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します