NY最大投資プラットフォーム連携発表Algorand 7月レポート|公式寄稿

アルゴランドの7月における活動報告

コロナ禍で経済が止まりつつある中でも、アルゴランド(Algorand)の活動は止まることがありません。

米国を拠点とする開発会社アルゴランド・インク(Algorand Inc.)と、シンガポールを拠点とするアルゴランド財団(Algorand Foundation)は、国籍や居住地に関係なく誰でも自由に参画できるパブリックでパーミッションレスのブロックチェーンを開発・展開しています。

そのネイティブ・トークンALGOは世界中の取引所に上場していますが(日本では未上場)、7月は米国最大の取引所コインベース、そして韓国大手ビッサムへも上場しました。その他、世界中で様々な取組みやイベントのニュースがありましたが、その中から特に注目のものをご紹介します。

投資プラットフォームRepublicが、独自トークンをアルゴランド上でローンチすることを発表

NYに本拠地を置くRepublicは、70万人のユーザーを持つ投資プラットフォームです。Republicは収益をシェアするトークンを、アルゴランドブロックチェーン上にローンチすることを発表しました。

Republicを利用するユーザーは、最低10ドルからスタートアップに投資することができます。過去4年で200のスタートアップに1.3億ドルを投資実績があります。

Republicが発行するトークンはRepublic Noteといい、同社が運営する投資プラットフォームを通じて資金提供されている新興企業が買収されたり、プライベートエクイティが公開されると、その利益がトークン保有者に分配されます。支払いはステーブルコインの形で行われ、受け取るトークン量は、投資家が保有する額に比例します。7月16日に予定通りローンチされたRepublic Noteは、1週間で1000万ドルを超える注文がありました。当初は800万ドル分を発行する予定でしたが、1600万ドルに増額しています。

Republic Noteは、投資バウチャー、ウェイティングリストの優先順位、その他のプラットフォームのメリットなど、参加している投資家への特典としても機能します。

元記事:Republic Note, a Next-Generation Profit Sharing Token, Will Launch on Algorand

公式サイト:Republic

Pocket Networkの次世代分散インフラストラクチャにネイティブサポートを提供

p2Pアプリケーション開発のための分散型インフラストラクチャ・プラットフォームであるPocket Networkが、7月7日よりアルゴランド・ネットワークでサポートされるようになりました。これによりアルゴランドは、PocketのAPIプロトコルをネイティブにサポートする、世界初のブロックチェーンとなります。これにより、媒介するソフトやハードを導入することなく、アルゴランドブロックチェーンのデータを活用できるようになります。開発者をノード・オペレーターとインフラストラクチャ・プロバイダーの分散型リレーネットワークに接続することで、ブロックチェーンアプリケーション開発の障壁を低くします。

元記事: Algorand Provides Native Support of the Pocket Network’s Next-Generation Decentralized Infrastructure

公式サイト:Pocket Network

アルゴランドのエコシステム参画プロジェクトとのウェビナー開催

アルゴランドのエコシステムに参画するプレイヤーの中でも特に注目を集めるプロジェクトとともに、ウェビナーを開催しました。

『ブロックチェーン技術、新しいファイナンス、そして「革新か、取って代わられるか」の競争』と題した本ウェビナーには、以下のプロジェクトが登壇しました。

  1. Circle:
    P2P決済アプリを開発する米企業。USDC発行をアルゴランド上で実施

  2. Blockstack:
    新スマートコントラクト言語Clarityをアルゴランドと共同開発

  3. Republic:
    スタートアップへの投資収益をシェアできるトークンをアルゴランドブロックチェーン上で発行

  4. Wall Street Blockchain Alliance:
    世界でのブロックチェーン技術の普及を目指す非営利団体

これらのプロジェクトに加え、アルゴランド創設者、CEO、事業開発責任者が集結し、ブロックチェーン技術の現在の状況、アルゴランドのこれまでの進捗、そしておそらく最も重要なアルゴランドの今後の方向性について語りました。

元記事:WEBINAR: Blockchain Tech, New Finance, and the Race to Innovate or Be Replaced

その他の活動

コロナ禍の中、オンラインで様々なイベントが催され、アルゴランドもパネリストとして財団COOの参加、そしてコード・キャンプも開催しました。また先月開始したばかりのアクセラレータ・プログラムのプロモーションも強化。ウェビナー開催や既にアルゴランド上でサービスを構築しているデベロッパたちによるプロモーション・ビデオの展開も開始しました。

その他、創設者シルビオ・ミカリによる「忘れられる権利」に関する論文発表、Blockchain Game Alliance(BGA)への加入、国際スワップ・デリバティブズ協会(ISDA)との金融アプリケーション共同開発など、この記事では伝えきれないほどの活動を今月も展開しました。

最新情報は、アルゴランド日本語サイトをご参照ください。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します