CoinPostで今最も読まれています

「日常的に仮想通貨が使われている国、世界2位はロシア」Chainalysisレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨を実践的に採用している国は?

ブロックチェーン分析会社Chainalysisが最新レポートで独自の「仮想通貨採用指標」を考案、世界154ヶ国を対象として、最も仮想通貨の使用が進んでいる国を調査した。

その結果、仮想通貨取引所が多く開設されている経済大国はトップ10にほとんど入っていないことが判明した。中国と米国のみがランクインしており、1位がウクライナ、2位がロシア、3位がベネズエラという結果であった。

4位中国、5位ケニア、6位米国、7位南アフリカ、8位ナイジェリア、9位コロンビア、10位ベトナムと続く。

今回Chainalysisが取り入れた新しい指標は、住民がその金融活動の中で仮想通貨に割いている割合に焦点を当てたものとなる。

一方でChainalysisは「仮想通貨への長期的な投機は、それが最終的に価値の移動と決済のメインストリームな手段になることができるという考えに基づいている可能性が高い」として、草の根のユーザーによる日常的な使用に重点を置く。

どの国で、そうした実際の使用が行われているのかを示すのが、今回開発した指標の目的であるという。

指標の設計方法

指標は、受信したオンチェーンの仮想通貨通貨額、送信されたオンチェーンの小口販売額、オンチェーンの仮想通貨預金の量、P2P取引所における取引量の4つの方向から測定された。

これらの数値は、その国の一人当たり購買力平価、インターネットユーザー数などを加味して調整されている。

例えば、2つの国が同じ量の仮想通貨を受信していた場合では、一人当たりの購買力平価が低い国の方が順位が高くなる。同様に、2つの国に同量の預金が保有されていた場合には、インターネットユーザーの少ない国が上位にランクされる仕組みだ。

購買力平価とは「ある時点における同一の商品は、ひとつの価格になる」という仮説を前提とした理論で、各国の経済力や適正な為替レートを判断するために使われるもの。

応用例としては、各国のマクドナルドで売られている品質が等しいハンバーガーの価格を比べる「ビックマック指数(BMI)」が有名だ。

発展途上国で価値保存と交換の手段

調査結果によると、特に発展途上国では、価値を貯蔵したり交換する媒体となるなど実用的な仮想通貨の使用が盛んである。

ベネズエラでは、自国通貨の価値がインフレによって低下しているときに、仮想通貨の採用が高まっている。このパターンは、他のラテンアメリカ諸国やアフリカ、東アジアなどでも見られるという。

ベネズエラでは2018年に170万%、昨年は7000%超というハイパーインフレにより、深刻な物資不足や法定通貨の切り下げが生じており、貯蓄の価値を維持するためにも仮想通貨が利用されているとみられる。

また、仮想通貨を決済手段として受け付ける店舗が増えていることも背景にあるようだ。

関連:ハイパーインフレに苦しむベネズエラ、仮想通貨普及率「世界3位」に=チェイナリシス評価

先日、Chainalysisが発表した別のレポートでは、ラテンアメリカからアジア圏への仮想通貨による送金が顕著であったが、それはアジア(特に中国)を拠点とする輸出業者と、そこから商品を購入して自国で小売販売するラテンアメリカの企業との取引だったと分析されていた。

複雑な銀行手続きや高い送金手数料を回避するために、仮想通貨が実際的な商取引に広く使われているという。

関連:「仮想通貨建ての商取引盛んに」南米と東アジアの貿易で=Chainalysis報告書

今回1位となったウクライナでは、大統領が国家のデジタル化を推奨しており、仮想通貨マイニングにも肯定的だ。コロナ禍によるロックダウンで余った電力についてもエネルギー部門の大臣が、「現代における余分な電力の活用法の1つは、仮想通貨のマイニングである」と発言した。

ウクライナのデジタル変革省によると、ブロックチェーン開発者のコミュニティが大きく技術に通じている人口が多いこと、輸出入取引に関して複雑な規制があること、国内に株式市場がないことなどが、人々を仮想通貨に向かわせる要因になっているという。輸入品支払いのために、テザー(USDT)が広く使用されているとの声もある。

P2Pプラットフォームが不可欠

Chainalysisによると、発展途上国での仮想通貨普及には、P2Pプラットフォームが不可欠だ。

ユーザー同士が直接交換を行うP2P(ピアツーピア)取引所では、プラットフォーム上に仮想通貨や法定通貨を保管することがないため、銀行システムに接続する必要がない。

このため規制上のハードルは低く抑えられており、従来の金融エコシステムから排除されていた発展途上国の住民がより簡単にアクセスできるという。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/04 月曜日
15:39
bitFlyerのLightning FX(SFD)廃止発表でBTC FXの価格急落、Crypto CFD提供へ
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerがLightning FXの廃止を発表し、ビットコインFXの価格が急落した。新たにファンディングレートや乖離拡大時サーキットブレーカーなどの導入したbitFlyer Crypto CFDの提供を開始する。
12:03
米上場マイニング企業Riot、2023年の1BTC平均生産コストは7500ドルと明かす
米上場仮想通貨マイニング企業RiotのCEOは、ビットコイン現物ETFや半減期がマイニング事業に与える影響を語った。BTCの平均採掘コストも明かした。
11:32
ビットコイン続伸で年初来高値更新、過去最高値「69000ドル」を射程圏に
日経平均株価が史上最高値の4万円台を記録する中、ビットコインは年初来高値更新し、前日比3.11%高の63,748ドルと続伸した。機関投資家のビットコインETF(上場投資信託)への資金流入が続いている。
11:11
モルガン・スタンレー、機関向けファンドでビットコインETFへのエクスポージャー申請
モルガンスタンレーは機関投資家向けファンドでビットコイン現物ETFへ投資する可能性がある。証券取引プラットフォームへの上場も検討中とされる。
11:00
アジア最大規模のB2BWeb3カンファレンス「Adoption」、7月に日韓両国で開幕
オンチェーンデータ基盤のWeb3ソリューション企業であるXangleが、7月にアジア最大のB2B Web3カンファレンス「Adoption(アドプション)」を日韓両国の首都で開催する。
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア